リーマンとスロッターとバンドマンの狭間

パチスロを愛してやまないリーマン(兼バンドマン)が、スロット雑誌ライターへの転身を夢見つつも、きっと転身できないであろう現状を踏まえ、気分だけでもライターを気取る為に綴るブログ


テーマ:

先日の新台導入から一晩明けましたが、まぁ、評価は様々な感じですね・・・。


ただ、あくまでもWeb上の情報でしかなく、この目で確かめたい部分もあるので、仕事後に各ホールを回ってみます。


・・・ふむ。


確かに稼動自体は悪くないんですよね・・・


ただ、出玉が伴っているかと言うと、そこまでではない感じですね。。。


と、何店か渡り歩いたところで、とりあえず私も実践するかな。と、思い立ち、一路サブマイホへ。


荷物をロッカーに収めて、選んだ台はこちら。


1台目
地獄少女(藤商事)


リセット恩恵はそんなに強くないのですが、不思議と浅いところで当たってくれることが多い機種です。


と、一応リセット狙いではあるものの、ちょうど新台が近くにあるので挙動も見られるかなぁと。


と言うことで、新台の動きを見つつ打っていきます。

 

・・・ふむふむ。。。

 

まぁ、新台のほうは前作を色濃く継承しているとのことですし、確かにあまり差は感じられませんね。


ただ、初当たりがえらく重たい雰囲気ですし、前日履歴も軒並み高層ビル。。。


これはちょっと厳しそうな機種だなぁ・・・

 

と、完全に新台に気を取られ、心ここにあらずな感じですが、私の地獄少女の方は・・・


161220_01


投資11本目の377Gにて仕置チャレンジを射止め・・・

 

 

161220_02

 

カットイン背景青ながら、BAR揃い!

 

ART「地獄流し」いただきました。ありがとうございます。

 

・・・で、お約束の50G駆け抜けにて144枚の獲得でした。。。


その後、獲得した分のメダルを投じるも天国は否定しており、続行は些かリスキーな感じです。。。

 

二の矢をどうするかなぁと思っていると、挙動を見ていた新台が空きました。

 

・・・まぁ、この履歴じゃ空くよな・・・w


ただ、二の矢を探している現状としては逡巡します。。。


・・・


・・・打つかw


と言うことで、新台に移動します。

 

2台目
麻雀格闘倶楽部2(KPE)


前述のとおり、前作を色濃く踏襲していますので、初打ちでも何とかなるでしょう。


で、座った台はART後1周期回したところでヤメられています。


前作踏襲ならば5周期目がチャンスにあたりますが、ちょうど昼に読んだスロット雑誌で3周期目もチャンスかもしれない旨の記事を目にしていたんですよね。


と言うことで、とりあえず3周期目を過ぎるまで打ってみます。


と、そんな感じで打ち始めると、確かに前作と同じでリプレイで手が進み、テンパイした所でレア役を引ければART当選のチャンスとなります。


まぁ、正直麻雀の役構成を知らないと自分の手配がどう言う状況なのかイマイチ不明となる機種ですw


ちなみに私は麻雀打ちですので問題ございませんw


で、まぁ前作同様と言うことで、割とテンパイまであっさりと手は進むものの、レア役が引けずに自摸(ツモ)も栄和(ロン)も出来ないというもどかしさもキッチリ継承されています。。。


まぁ、2周期目は捨てていますので、勝負は3周期目です。

 

すると、ここでドラゴンルーレットから特訓へ。


ツモ運アップとなり、ART期待度が高まります。


と言うことで、特訓では緑エフェクトまで育ち、そのまま対局へ進み・・・

 

和了れず・・・orz

 

この辺も前作同様と言うか、相変わらずですな・・・。

 

投資はまだ3本ですが、もう数周期追うべきか否か、悩ましいところです。


とりあえず、残ったメダルで4周期目を消化し始めたところの4G目にて・・・

 

161220_03

 

液晶ブラックアウトから逆回転!

 

 

161220_04

 

勿論、これも前作同様に・・・

 

161220_05

 

役満フリーズ!(1/8,192)


初打ちで引いてしまうスタイルでした、ありがとうございますw

 

とは言え、正直なところ・・・


前作の感じを踏まえると、160Gスタートでも心もとないんですよね。。。


勿論、取っ掛かりとしては通常の初当たりよりも有利なのですが、結局は上乗せや特化ゾーンをコンスタントに引けるか否かなんですよね。


まぁ、最悪駆け抜けも覚悟して打って行きます。

 

すると・・・


161220_06


とりあえず駆け抜けは回避。


ただ、この和了の形ですが、四索と伍索で受ける形で立直かけて栄和するのって、正直どうなんでしょうねw


嵌張で受けたことにより、三色同刻捨ててますからね、この主人公。

 

本来ならば、ダマテンから単騎待ちにするか、伍萬か九萬を引っ張ってくるまで待つべき手だと思うんですがね・・・


と、麻雀が判らない人が置いてけぼりになりそうなので、話を実践に戻しますw

 

この和了からは10G乗せとなり・・・


161220_07
※念の為、女流雀士の方はトリミングしています。


そのまま「ときめきモード」へ。本機に新たに加わった要素です。


ちなみに、内容に関してはラ○嬢のアフターデートチャンスのオマージュみたいな感じですw


で、このときめきモードは失敗に終わります。。。orz


その後、幾度か対局からの上乗せはあったものの、全て10G乗せとなり、結果的に200G消化の396枚獲得でした。


そしてリザルト画面撮り損ねました。。。orz


終了待機があるかと思ったら、最終Gでそのまま終わってしまったので・・・orz


その後暫く続行し・・・


161220_08

割と浅めの周期やチャンス周期にて・・・

 

161220_09

初当たりを2回射止めるも、やはり40Gスタートでは上乗せも僅かしか射止められず。。。

 

161220_10

とりあえず、3周期ハマりを過ぎた所でヤメて、その後目ぼしい台も無かったので、このまま実践終了としました。

 

と言うことで、結果です。


総in:700枚
総Out:561枚
差枚:-139枚


初打ちフリーズと言う、撮れ高的には申し分ないフラグを射止めたものの、肝心の出玉はそこまで付いてきませんでしたね・・・。


まぁ、前作でも役満フリーズを引いたことはありますが、そこから出玉が延びに延びたと言う記憶も無いですし、ある意味想定内ですw


で、短時間ですが触ってみた感想としては悪くないです。


と言うか、前作を打ったことがあり、かつ、それなりに好きであったならば楽しめると思います。


また、前作とチャンス周期が異なると言う情報もありますので、チャンス周期狙いで立ち回れる可能性もありますね。


ただ、これも前作同様ですが、ART開始早々に大きめに乗せれるか否かが勝負ですので、変にツッパると痛い目を見る機種でもあるかなぁと。。。

 

また、本機では内部的なボーナスも存在しますので、前作と同様、若しくはそれ以上にタイミングが大事な台に仕上がっているような感じに思えます。


個人的には再戦したい気持ちはありますが、上記のような部分を踏まえると、思うように出玉が延びないことも多そうな機種なので、リスクが高く思えるんですよね。。。


まぁ、状況を見ながら考えることとします。


そんな感じの、初打ちフリーズを活かしきれなかった実践でした。

 

 

・・・それにしても、ときめきモードって必要だったのかなぁ・・・。

 

まぁ、確かに美人な女流雀士さんも多く居ますし、面白い試みではあるんですけどねw

 


◆Twitter:@KSYuki_777

AD

K.S.Yukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。