リーマンとスロッターとバンドマンの狭間

パチスロを愛してやまないリーマン(兼バンドマン)が、スロット雑誌ライターへの転身を夢見つつも、きっと転身できないであろう現状を踏まえ、気分だけでもライターを気取る為に綴るブログ


テーマ:
さて、年度末の3月も、気が付けばあっと言う間に3分の1が消化されました。


で、私もどうやら来週あたりから少々繁忙になる予感。。。


と言う事で、打てるうちに実践しておくことにします。


ホールに到着したのは19時過ぎ。


限られた実践時間とは言え、比較的長めに時間がありますので、久しぶりにこの機種から行きます。


と言う事で、本日の実践機種はこちら。


偽物語(Sammy)


設定的には厳しそうな雰囲気ですが、今日は採算度外視で「打ちたいから打つ」のスタンスです。


投資1本目、打ち初めから14Gで怪異チェリー。


その数G後に・・・

160310_01

プレミアイラストでボーナス告知。怪異チェリー重複でボーナス一発目です、ありがとうございます。


出てきたのは・・・赤同色。



最近出てきた解析ですと、どうも赤同色と異色の振り分けで偶数・奇数の示唆があるようです。


まぁ、今日は推測は二の次扱いとして、ヤバそうな雰囲気を感じるまでは続行します。



そんな攻めのスタンスが効いたのか、ボーナス後44Gでスイカ重複の赤BB、更に23Gでチャンス目重複の異色BBを射止めます。



そんなこんなで、下皿には余裕ができましたが、ボーナス経由だろうが怪異チェリーを引こうが、一向に解呪ノ儀が出てこない・・・。


本機の場合、勿論ボーナスも必要ですが、やはり解呪が来ないことの方が設定的に不安要素になりますね。。。


そうこうもがいているうちに手玉は飲まれ、追加投資です。


追い銭3本で・・・


160310_02

怪異チェリー重複の白BB!


この白BB後、消化中の怪異停止でサイドエフェクトが緑でしたので、怪異煽りが始まります。


と、そんな矢先の30G、怪異チェリー重複で赤BBと、流れが戻ってきます。


そして更に・・・


160310_03


BB後9Gでチャンス目重複。赤BBでした。


・・・って、赤に偏向してるなぁ。。。


となると、解呪の重さとボーナス種別から判断すると、奇数の下の方でしょうね。。。


それにしても、これだけボーナスを引いても、全く解呪に繋がらないとは・・・


まぁ、平常営業ですので、設定が入っていないのが当然でしょう。


手持ちメダルで続行しますが、やはり低設定臭さがあるせいか、パタっと小役も止まりボーナスも遠くなっていく雰囲気。。。


3発程度BBが数珠連しても、小ハマり一発で一気に追い詰められますね。


手持ちメダルも100枚程度になったところで、初見の演出。


・・・って、初見ではないか。。。


160310_04

前作で何度も見たことある演出!


そして、止まったままのリール!!



と言う事で、是即ち・・・



160310_05


ロングフリーズにて「始マリノ刻」いただきました!ありがとうございます!!


前作のように、リールロックから逆回転+プチュン→リールギミックと言う感じではなく、レバオンでプチュンでしたので、一瞬気が付きませんでした(苦笑)


本機のフリーズですが、勿論ARTが確定の上、初期「語」が50、更には内部的に5語×80%ループの上乗せがあり、BB消化中の怪異狙えからも上乗せも発生と、起爆剤としての要素が全開です。


一説には、期待値2,000枚とも言われていますしね。


と言うことで、この始マリノ刻では・・・


160310_06

目に見える分は15語乗せで終了・・・orz


・・・起爆剤、、、なのか?


ちなみに、この始マリノ刻扱いのBB中ですが、逆押し中段ベルテンパイから左リールに2連白7を枠内ビタをしても、一枚絵は表示されませんでした。ご参考までに。


そこはかとない不安はあるものの、ART「倖時間」開始です。


少々心もとない数の「語」で開始した倖時間ですが、20G消化後のチャレンジゾーン告知からBET(又はレバオン)で「まだまだ」となり、チャレンジゾーン非経由の連荘が続きます。


誌面等のデータで無条件連荘があると言うのは見ていましたが、どのような条件で抽選されるのかがまだ謎ですね・・・。


と言う事で、「語」の消費を抑えつつ、ART3連目、4連目で引いたボーナスから倍倍チャンスなども射止めたお陰で・・・


160310_07

10連目の時点で「語」が3桁に。これならまだまだ頑張れます。


その後もチャレンジゾーン経由とはなったものの、連荘は続きます。



・・・が、ボーナスどころか、レア役が完全に止まっています。。。


また、チャレンジゾーンでも一気に30語消費などがあり、なかなか怪しい雰囲気。。。


残りの「語」も50を切ったところで・・・


160310_08


起死回生の「蕩」突入!

ここで倍倍チャンスを複数回射止めれば、まだ繋げられます。


・・・が、時に運命は皮肉なもので、ここでは倍倍チャンス1回のみの11語乗せ。。


そして、この「蕩」からのチャレンジゾーンで10語持っていかれるという下手さ加減。。。orz


その後、後乗せ分の語が合計で15出てきたものの・・・


160310_09


期待値の7割弱ほどでART終了。。。


フリーズ契機でも24連か、、、


思うようにボーナスが絡められなかったことと、下手っぴなチャレンジゾーンが複数回あったのが原因でしょうね。。。



そして、ART抜けた途端にレア役が出始めると言う嫌味のような挙動。。。


オマケに、ARTに散々引いても響かなかったスイカがあっさりボーナス持ってくるという皮肉っぷり。。。


起爆剤要素ではあるのでしょうけども、展開に見放されるとこうなるのか・・・


とは言え、画的にはおいしい実践になりました。



と言う事で、推定低設定ながらもまとまった出玉は得られましたので、キリの良いところで実践終了とします。


結果ですが・・・


in:200枚
Out:1,489枚
差枚:+1,289枚


本機については、面白いことは面白いのですが、やはりAT機と違い、設定がモロに挙動に出ますね。。。


こうなってくると、ますます平常営業日に無根拠で打つのは厳しい感じに思えます。


あとは、やはり某神拳勝負方式の継続ジャッジが鬼門ですね。。。


解呪ノ儀同様に、ただ怪異図柄を引き当てるだけではなく、その種別次第で継続するか否かが異なる仕様と言うのは、かなりストレスの溜まる仕様とも思えますので、ここはもう少し考えて欲しかったなぁと言うのが正直なところです。


でもまぁ、何処かしらにボトルネック的な要素が無いと、かえって出玉への期待ができない機種に成り下がってしまうので、仕方ないんでしょうけどね。


そんな感じで、撮れ高的には上々でしたが、いまいち波に乗り切れなかった実践でした。


◆Twitter:@KSYuki_777
AD

K.S.Yukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。