BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:
WBAは2014年12月度の月間最優秀選手に、9度目の防衛に成功したSフェザー級正規王者内山高志(ワタナベ)選手を選出。優秀選手はフライ級王座統一戦に勝利したファン・カルロス・レベコ(亜)が選ばれた。


Lフライ級新正規王者に田口良一(ワタナベ)選手。他、気になったところは以下の通り。

Sフェザー級1位は空位。暫定王座戦でオーバーウェイト。王座は剥奪されたが試合には勝ったブライアン・バスケス(コスタリカ)が2位。正規ウェイトでバスケスに敗れた、セルジオ・トンプソン(メキシコ)はランク外となった。

Sバンタム級前回1位のネオマル・セルメニョ(ベネズエラ)は暫定王座を剥奪された上に9位にダウン。決定戦で新暫定王者となったオスカル・エスカンドン(コロンビア)が1位。和氣慎吾(古口)選手が2位にランクアップ。天笠 尚 (山上)選手は15位に残った。

応援、深く感謝です! WOWOW  

 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
5日(日本時間6日)付けでWBAが最新ランキングを発表。月間MVPにはヘビー級スーパー王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)が選出され、優秀選手にはSライト級王者ジェシー・バルガス(米)が選ばれた。


英国でSバンタム級正規王者スコット・クイッグ(英)への挑戦に敗れたものの、再起を表明している大竹秀典(金子)選手は13位に踏みとどまった。今後はランクをキープしながら再挑戦のチャンスを伺う。

フェザー級では日本フェザー級12位の大澤宏晋(ロマンサ雅)選手が、ブランク明け3戦を消化して世界14位に顔を出している。

応援、深く感謝です!→  ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 

 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【レプリカ・グローブ】

WOWOW

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
WBA最新ランキングで、新OPBF王者田中恒成(畑中)選手がミニマム級3位に躍進。フェザー級スーパー王者ノニト・ドネア(比)に勝った、正規王者ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)は、なぜか正規王者のまま。


WBA各クラスのスーパーチャンピオンには、「SUPER CHAMPION」、「UNIFIED CHAMPION」、「UNDISPUTED CHAMPION」などと、ややこしく分類分けされているが、普通の人には意味不明の、「よう、わからん世界」。

ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が王者(スーパー)として存在するミドル級に、正規王者、暫定王者を認定し、「世界タイトルマッチ」としてセールスする業態は、どう考えても理解に苦しむ。

ウォータースをスーパー王者にしないのなら、全階級これてに習って、統一して欲しいものである。

月間MVPはLヘビー級セルゲイ・コバレフ(ロシア)。優秀選手ウォタースが選出されています。

応援、深く感謝です!→  ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 

 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【レプリカ・グローブ】

WOWOW

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
WBA最新ランキングで岩佐亮佑(セレス)選手が、遅ればせながらバンタム級7位に初登場。昔と違い、実績だけが世界ランキング入りの条件ではない現代。今後の動きが注目される。月間MVPはフロイド・メイウェザーJr(米)。優秀選手にはファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が選ばれた。

バンタム級スーパー王座を追われたアンセルモ・モレノ(パナマ)は3位。前回4位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)が2位に浮上。3位だった亀田大毅選手は4位に後退した。

何でも直接言った者勝ちが目立つWBA。メンドサJr副会長がモレノの再戦要求がどう処理するのかは大いに注目。


Sフライ級では、デンカオセーン・カオヴィチット(タイ)に勝った松本 亮 (大橋)選手が10位に新ランク。38歳の老雄デンカオセーンは世界ランクから外れ、引退が農厚。

久高寛之(仲里)選手に続き、キャリアある元世界王者に完勝した松本選手の今後のマッチメークは大いに楽しみです。

応援、深く感謝です!→  ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 
 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【レプリカ・グローブ】

WOWOW

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
WBA最新ランキング。月間MVPはミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)。優秀選手はSライト級の新暫定王者マウリシオ・へレーラ(米)。Sバンタム級のOPBF王者和氣慎吾(古口協栄)選手は、3位にランクアップ。


これは前回2位ヨアンドリス・サリナス(キューバ)が、7月12日、MGMグランド・アリーナのリングで、15勝(10KO)7敗1分の30歳、エンリケ・ケベード(メキシコ)に、4回に1度、5回に2度ダウンを奪われた末に、大番狂わせの5回TKOで敗れプロ入り初黒星。一気に圏外に落ちた為。勝ったケベードも15位以内に名前がない。

Sバンタム級正規王者スコット・クイッグ(英)は、9月13日(現地時間)、英・ランカシャーで11位ジョナサン・アレナス(パナマ)を相手に防衛戦を予定。

ミニマム級で昨年度の全日本新人王 榮 拓海(折尾)選手=9戦全勝(5KO)=が、15位にランクイン。

バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノ(パナマ)vs指名挑戦者・2位ファンカルロス・パヤノ(ドミニカ)の一戦は、9月26日(日本時間27日)、米テキサス州メスキートで開催が決定。5月、王座決定戦を制して新王者となった、ジェイミー・マクドネル(英)の初防衛戦は、まだ具体化していない。

このクラスは暫定王者はいないので1位は空位。しかし、『負けても王者』問題で世間を騒がせた二人、亀田大毅選手が3位、リボリオ・ソリス(パナマ)が4位にランクされており、なんだか気になります。(^_^;)

応援、深く感謝です!→  ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 
 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【レプリカ・グローブ】

WOWOW

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)