BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs同級1位三浦隆司(帝拳)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

 

 

マイケル・ジョージWBC立会人(米)。

 

 

1R。

 

 

初回終了間際、三浦選手がよもやのダウン。

 

 

2R。

 

 

3R。

 

 

4R。

 

 

5R。

 

 

6R。

 

 

ベルチェルのプロモーター、フェルナンド・ベルトラン(メキシコ)。

 

7R。

 

 

8R。

 

 

9R。

 

 

10R。

 

 

11R。

 

 

公式スコアはヒューバート・ミン(米)116-111、マックル・デルーカ(米)119-108、マウロ・ディ・フィオーレ(伊・米在住)120-109で、いずれもベルチェル。

 

 

初防衛に成功。戦績を32勝(28KO)1敗としたベルチェルは、「次は誰と戦いたい?」との問いに、「デイビス、ロマチェンコ、コラレス、誰でもいいから統一戦をしたい。準備はオーケー。もちらん私が勝つよ」と、強気のコメント。今後に注目。

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

WBCインターナショナル・ライトヘビー級タイトルマッチ。王者・WBC3位ジョー・スミスJr(米)vs挑戦者・WBC6位スリバン・バレラ(キューバ)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

 

 

試合開始。

 

 

初回、バレラがダウン。

 

 

しかし、第2ラウンド以降、バレラは立て直してポイントをピックアップしていった。

 

 

10回終了。

 

 

オフィシャルのスコアは、オマー・ミンタン(メキシコ)96-93、エドワード・エルナンデスSr(米)97-92、フェルナンド・ビジャレアル(米)97-92でバレラ。

 

 

世界上位進出を決めた新王者バレラは、20勝(14KO)1敗。唯一の黒星はアンドレ・ウォード(米)に喫したもの。一方、約7年ぶりの黒星となったスミスJrは、23勝(19KO)2敗。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

WBA世界スーパーフェザー級タイトル戦。スーパー王者ジェスリール・コラレス(パナマ)vs同級10位ロビンソン・カステリャノス(メキシコ)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

 

 

試合開始。

 

 

日本で内山高志(ワタナベ)選手に2度勝ち名前をあげたコラレスは、G・B・Pと契約し米国リング初登場。積極的な攻撃を仕掛けた。

 

 

しかし第4ラウンド、コラレスは2度のダウンを奪われる。

 

 

7回、今度はカステリャノスがダウン。

 

 

第10ラウンド。バッティングでカットしたカステリャノスの右頬からの出血がひどくなり、試合は停止。31秒、勝敗は負傷判定に持ち込まれた。

 

 

ザック・ヤング(米)は94-94のイーブン。パット・ラッセル(米)は96-92でコラレス。そして残るカーラ・カイズ(米)は、94-93でコラレス。第10ラウンドを10-9でコラレス優勢としたのが決め手となった。

 

 

2度目の防衛に成功したコラレスは、22勝(8KO)1敗1NC。米国での顔見せを終えたコラレスのこの夜の報酬は、7万5千ドル(約840万円)。しかし、この勝利で次戦からはもっと大きなファイトマネーを得ることになるだろう。今後に注目。

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs同級1位三浦隆司(帝拳)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

 

 

試合開始。

 

 

初回終了間際、三浦選手がダウン。

 

 

王者は足を使い、距離を取る作戦に徹底した。

 

 

ボンバー・レフトに逆転の期待がかかったが・・・。

 

 

12回終了。ベルチェルの手があがった。中盤以降、ボディを効かせたものの、決定打を打ち込めなかった敗者は、「うまく逃げられた」。

 

 

公式スコアはヒューバート・ミン(米)116-111、マックル・デルーカ(米)119-108、マウロ・ディ・フィオーレ(伊・米在住)120-109で、いずれもベルチェル。

 

 

初防衛に成功。戦績を32勝(28KO)1敗としたベルチェルは、「次は誰と戦いたい?」との問いに、「デイビス、ロマチェンコ、コラレス、誰でもいいから統一戦をしたい。準備はオーケー。もちらん私が勝つよ」と、強気のコメント。今後に注目。

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

元世界3階級制覇王者を父に持つ、シェーン・モズリーJr(米)が、パッキャオvsホーン戦興行に出場。ミドル級8回戦で、10戦全勝(8KO)のOPBF・東洋太平洋同級1位デビッド・トゥーソント(豪)と対戦。7月2日、オーストラリア・ブリスベン、サンコープ・スタジアム。

 

 

モズリーJrは10勝(7KO)1敗。初めての8回戦となる。

 

 

試合開始。

 

 

モズリーJrはトゥーソントのサウスポー・スタイルに苦戦。

 

 

中盤、手数が減ったトゥーソントにモズリーJrが反撃。

 

 

しかし、トゥーソントも簡単にペースは渡さない。

 

 

攻勢を仕掛けるモズリーJrだが、トゥーソントは有効打で上回る。

 

 

8ラウンド終了。終始、前に出たモズリーJrだったが、有効打で上回ったトゥーソントの手があがった。3人の豪州人ジャッジのスコアは、77-76、77-76、75-77のスプリット。

 

 

無敗を守ったトゥーソント。次戦は9月8日に予定。OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン太尊康輝(六島)選手への挑戦が期待されます。

 

応援、深く感謝です! 7/16 三浦隆司vsベルチェル・生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)