BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBCはフェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)への指名挑戦者を決める決定戦を、同級2位ジョセフ・ディアスJr(米)と、同級3位ジョシュ・ワーリントン(英)で行うことを決定。ディアスJrのゴールデン・ボーイ・プロモーションと、ワーリントン擁するフランク・ウォーレンに通告した。交渉が合意に達しない場合は8月11日(日本時間12日)に、メキシコシティのWBC本部で入札が開催される。

 

 

2012年ロンドン五輪米国代表のディアスJr(24歳)は、24戦全勝(13KO)。5月の試合では、元世界王者キコ・マルチネス(スペイン)の奮戦の前に大苦戦を強いられたワーリントン(26歳)は、25戦全勝(5KO)。

 

 

試合開催はディアスJrが出場を予定している、9月16日(日本時間17日)のゴロフキンvsカネロ興行か、ワーリントンが10月21日(日本時間22日)に英・リーズで予定する次戦興行のどちらかになるものと思われる。今後の交渉に注目。

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります