BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

10日(日本時間11日)に、英・ベルファストで開催されたIBF世界バンタム級タイトルマッチ。王者リー・ハスキンス(英)に同級10位ライアン・バーネット(英)が挑んだ一戦は、バーネットが119-107、119-107、108-118のスコアで新王者となったが、試合直後からハスキンスの勝ちとしたクラーク・サマティーノ(米)氏の採点が、歴上最悪と批判されていた問題で、IBFは全く逆のスコアでバーネットの勝ちであることを正式に認め、スコアの変更を発表した。

 

 

サマティーノ氏が両選手の名前が記入されたスコアカードに、逆のスコアを記入していたということで、試合直後からプロモーター、エディ・ハーンはじめ多くの人が、この単純ミスを指摘していた。IBFは、「このレベルのスポーツではあってはならないミス」と声明している。

 

2度のダウンがあって、どう考えてもハスキンスの118はない試合で、自らの勝利を確信していたというバーネットも、そのスコアを聞いた時には、「ほとんど気絶しかけた。恐ろしい瞬間でした」と語っている。

 

勝敗が逆にならなかったのは不幸中の幸いだが、日本では村田諒太vsヌジカム戦の判定問題が大きく報道され、WBA会長が謝罪、ジャッジ2人が処分されたばかりだけに、後味悪いですね。このスポーツの根幹が揺らぎます。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります