BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

元世界ライト級王者ブランドン・リオス(米)が、約1年7ヶ月ぶりにリング復帰。11日(日本時間12日)、米・カリフォルニア州ランカスターのパイオニア・イベント・センターで、アーロン・エレラ(メキシコ)とウェルター級10回戦でグローブを合わせたリオスは、7回2分11秒KOでエレラを破り、約2年5ヶ月ぶりの勝利を飾った。

 

 

初回から両選手、激しく手を出し合った試合は、徐々にリオスが手数と有効打で抜け出す。6ラウンドには持ち前のノンストップ連打を見せたリオスは続く7回、強烈な右ボディでメキシカンに10カウントを聞かせた。再起に成功したリオスは、34勝(25KO)3敗1分。敗れたエレラは、32勝(21KO)7敗1分。

 

スーパーライト級10回戦。IBF世界スーパーフェザー級2位からライト級へ転級。IBF14位にランクされるマリオ・バリオス(米)と、ホセ・ルイス・ロドリゲス(メキシコ)の一戦は、バリオスが7回37秒KO勝ち。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります