BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

5月20日に行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)選手が、記者会見し現役続行を正式表明。練習を開始した村田選手は、「ボクシングをできる幸せを感じる」と笑顔で話し、世界戦は「誰とでも組んでもらったらやります」と力強く語った。

 

 

WBAは村田選手と新王者となったハッサン・ヌダム・ヌジカム(仏)との再戦を指令しているが、帝拳プロモーションの浜田剛史代表は、「白紙。どの方向性、どの団体はこれからの話」と強調。

 

世界ミドル級戦線は、7月8日(日本時間9日)に英・ロンドンでWBO王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が、暫定王者アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)と王座統一戦を予定。勝者は選択防衛戦が出来る。

 

 

WBC、IBF、WBAスーパー王座を保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は、9月16日(日本時間17日)に米・ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)と対戦。

 

ゴロフキンが勝った場合は、王座を返上しスーパーミドル級王座獲得へ動くものと思われる。カネロが勝った場合は再戦を含めた動きもありそうだが、確執が強いWBC王座は放棄する可能性が高い。

 

現在WBCミドル級は次期指名挑戦者決定戦として、1位セバスチャン・ヘイランド(亜)と、2位ジャモール・チャーロ(米)の一戦が、7月29日(日本時間30日)に米・ニューヨークで開催予定の、ガルシアvsブローナー興行で開催する方向にあり、カネロが勝利した場合、ゴロフキンが王座を返上した場合には、ヘイランドvsチヤーロの勝者がクローズアップされることになりそう。

 

さて、村田選手。ダイレクトで再度世界戦に挑むのか、それとも、前哨戦を挟むことになるのか。今後の動向に注目。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります