BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

昨年7月のIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦で11回TKO負けした、元東洋太平洋同級王者の和氣慎吾(FLARE山上)選手の再起戦が発表された。7月19日の後楽園ホール興行のセミファイナルで、元日本同級暫定王者瀬藤幹人(協栄)と同級8回戦を行う。

 

 

この試合は和氣選手が、「緊張感のある相手とやりたい」という希望で、マッチメークが実現したという。キャリア51戦目を迎える瀬藤選手は、確かに緊張感のあるキャリアの持ち主だが、もう4年間も白星から遠ざかり、2014年の後は昨年1試合(7回TKO負け)があるのみ。

 

 

デビュー戦から瀬藤選手をサポートした経験を持ち、ナイスガイとして尊敬の気持ちを持つ私としては、今度のIBF世界13位和氣選手との試合は、本当に最後のつもりで思いっきりやってもらいたいと願います。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります