BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

ロンドン五輪銅メダリストの清水 聡 (大橋)選手がプロ3戦目のリングで、OPBFフェザー級15位山本拓哉(エディタウンゼント)選手と対戦。東京・有明コロシアム。

 

 

元東洋太平洋バンタム級王者で、世界戦2度引き分けの記録を残す、エディタウンゼントジム村田英次郎会長(右)。

 

 

清水選手の左ストレートで、山本選手ダウン。

 

 

立ち上がって来た山本選手に、清水選手の右フックが命中。

 

 

思わず清水選手に躰を預ける山本選手。ここで、すかさずビニー・マーチン主審は試合をストップ。

 

 

TKOタイム1回1分49秒。

 

 

リング下では日本ボクシング連盟の山根 明 会長が観戦。

 

 

ランク入りが濃圧となった清水選手は、「村田が昨日負けてしまったけど、メダリストとして2人でダブル世界チャンピオンになりたい」と今後への抱負を語った。今後の世界ロードに注目。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります