BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBA世界ミドル級王座決定戦。同級2位、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)選手が、同級1位ハッサン・ヌダム・ヌジカム(仏)と対戦。1964年の東京五輪バンタム級で金メダルを獲得している桜井孝雄(三迫)選手以来、金メダリストの世界戦は約半世紀ぶり。5月20日、東京・有明コロシアム。

 

 

ヌジカムは豊富なキャリアを持つ、元WBO世界同級王者。

 

 

WBA立会人はフリオ・タイム(パナマ)。WBAメンドサJr会長の秘書的存在。

 

 

ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と、WBAメンドサ・ファミリー。

 

 

1R。

 

 

2R。

 

 

3R。

 

 

村田選手の右がカウンターで炸裂。ヌジカムは前のめりにバッタリと倒れた。

 

 

6R。

 

 

7R。

 

 

リングサイドでは、森喜朗元首相(左から2番目)も観戦。

 

8R。

 

 

9R。

 

 

10R。

 

 

11R。

 

 

12回終了。勝者はヌジカム。

 

 

公式スコアカード。ラウル・カイズSr(米)は117-110で村田選手。しかし、グスタボ・パディーヤ(パナマ)116-111、ヒューバート・アール(カナダ)115-112で、ヌジカムの手があがった。

 

 

喜びの新王者ヌジカム。左はセバスチャン・アカリエス・プロモーター。しかし、試合直後にWBAメンドサJr会長が自らこの試合の判定を批判し謝罪。その後、正式に再戦が承認され、ヌジカムの勝ちとスコアしたグスタボ・パディーヤ(パナマ)、ヒューバート・アール(カナダ)のジャッジ2人には、6ケ月間の資格停止処分が下された。

 

再起の意向を明らかにした村田選手の悲願達成を期待!。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります