BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC、WBO世界スーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米)のトップランクと、IBF、WBA世界同級スーパー王者ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)をサポートするエディ・ハーンは、両選手による王座統一戦を8月の米国開催を目指して交渉を重ねており、実現の可能性が高くなっている。

 

 

障害となるのはIBFがインドンゴに義務付けている同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)=12戦全勝(10KO)=との指名戦だが、IBFは特別承認を求める王者側の希望を却下する方向。

 

リピネッツ陣営は早期の世界戦出場を望んでおり、王座決定戦の相手として早くから同級4位モーリス・フーカー(米)=22勝(16KO)無敗3分=を選定。先月になってフーカーは6月10日(日本時間11日)に米・アイオワ州スローンで、保持するWBO同級北米王座の防衛戦が決まったが、今日になって負傷を理由にこれをキャンセル。

 

おそらくは、IBFのインドンゴの正式な王座剥奪を待って、リピネッツvsフーカーによる王座決定戦が用意されることになると思われる。同級3位(2位は空位)には近藤明広(一力)選手がランクされており、新王者への挑戦権が与えられることになるだろう。今後の展開に注目。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります