BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

8月26日(日本時間27日)に米・カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでの開催が決まった、元4階級制覇王者ミゲル・コット(プエルトリコ)と、亀海喜寛(帝拳)選手によるWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦。併せて、コットがオスカー・デラホーヤのゴールデン・ボーイ・プロモーションと、複数の試合契約したことが明らかにされている。

 

 

亀海選手との試合は勝ったも同然というばかりに、デラホーヤは12月2日(日本時間3日)に米国内で早くもコットの次戦を計画。再起を表明している、元4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)との対戦に興味を示している。

 

また、デラホーヤはミゲール・コット・プロモーションとの提携も発表。今後、プエルトリコの若手選手の発掘と、育成に力を貸していくことを示唆。

 

さて、まずは亀海戦。コットはキャリア最長となる約1年9ヶ月のブランク。そして、一昨年は2試合、13年、14年も年間一試合に出場したのみと、ここ数年は試合数が少ない。10月で38歳という年齢を考えると、 目に見えない衰えもあるはず。

 

「勝ちに行く」と言う亀海選手がビッグ・アップセットで、世界の主役を取って代わる事に期待したい!。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります