BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

高山勝成(仲里)選手との世界ミニマム級王座統一戦で勝利したこともある、元IBF、WBO世界ミニマム級王者で、現在はWBC世界フライ級3位にランクされるフランシスコ・ロドリゲスJr(メキシコ)が、6月3日(日本時間4日)にメキシコ・カンクンンのリングに登場。WBC世界同級13位オスカル・カントゥ(米)との12回戦に挑む。

 

 

プロモーターのプロモシオネス・デル・プエブロ(大衆のプロモーション)は、この試合をWBC世界フライ級挑戦者決定戦とアナウンス。今月20日に東京・有明コロシアムで開催される、WBC世界同級王者ファン・エルナンデス(メキシコ)vs同級1位比嘉大吾(白井・具志堅)の勝者への挑戦権を争う試合としている。

 

23歳のロドリゲスJrは、22勝(14KO)4敗1分。前戦で保持する北米スーパーフライ級王座をスプリットの判定で失っているカントゥは、14勝(1KO)1敗。

 

WBC世界同級は今月26日に英・カーディフで、同級7位アンドリュー・セルビー(英)と、同級6位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)の12回戦がセットされており、こちらの方も挑戦者決定戦と地元ではアナウンス。

 

いずれにしても、この二つのカードの勝者が上位に喰い込んで来る来ることになりそうです。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります