BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBA、IBF、二つの世界スーパーライト級王座を保持するジュリアス・インドンゴ(ナミビア)のプロモーター、ネストール・トバイアス氏は、エディ・ハーンとインドンゴの試合を提携してプロモートして行くことで合意したことを明言。

 

 

英国リングでリッキー・バーンズ(英)を完封し統一王者となったインドンゴの活躍舞台は、今後、英国を中心に米国へ目を向けられそう。

 

次戦にでもWBC、WBO世界同級王者テレンス・クロフォード(米)との王座統一戦を希望しているインドンゴだが、IBFから同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)=12勝(10KO)無敗=との戦いを指令されており、現在の焦点はこの指名戦をどうするか。

 

しかし、ハーン(下写真左)の構想にはアル・ヘイモン傘下のリピネッツと対戦する考えはなく、既に違う方向で検討に入っている模様。

 

 

そして、リピネッツ陣営はインドンゴがIBF王座を放棄する可能性が高いとして、既に次の動きに入っており、同級4位モーリス・フーカー(米)との王座決定戦を、6月17日(日本時間18日)のウォードvsコバレフ戦興行で行うという話もある。

 

そうなった場合、同級3位には近藤明広(一力)選手がランクされており、近い将来、王座挑戦の機会が巡って来そう(2位は空位)。

 

ナミビアのシンデレラボーイ、インドンゴ。今後の動向に注目。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります