BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。WBA世界ミドル級スーパー王者で、WBC、IBF世界同級王座も保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、WBA世界同級正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)が激突。

 

 

第4ラウンド、ジェイコブスの一瞬の隙を付いたゴロフキンが右2発でダウンを奪う。

 

 

互いの強打を警戒し合いながらの試合となった。

 

 

終盤、手数で上回ったのはジェイコブス。

 

 

試合終了。判定はゴロフキン!。

 

 

マックス・デルーカ(米)114-113、ドン・トレッラ(米)115-112、スティーヴ・ワイズフェルド(米)115-112の3-0。下のIBFスコアカード、真ん中のトレッラの合計点は計算違い。

 

 

期待の18連続KO防衛は成らなかったが、WBA王座統一に加え17度目、WBC6度目、IBF3度目の防衛に成功したゴロフキンは、37勝(33KO)無敗。

 

早くも次戦が注目されます!。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります