BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:
日本スーパーフライ級タイトルマッチ。チャンピオン石田  匠 (井岡)vs挑戦者5位大塚隆太(18鴻巣)。2015年12月31日。エディオンアリーナ大阪。気合十分でリングインの石田選手は、4度目の防衛戦。

IMG_3320.png

IMG_3306.png

今度が2度目のタイトルチャレンジとなる大塚選手。

IMG_3358.png

試合開始。

IMG_3367.png

IMG_3378.png

IMG_3379.png

石田選手が右ストレートで先制のダウンを奪う。

IMG_3393.png

IMG_3395.png


IMG_3409.png

IMG_3411.png

2R。

IMG_3428.png

またもや王者の右が爆発。挑戦者はキャンバスへ崩れ落ちる。

IMG_3433.png

IMG_3434.png

IMG_3467.png

IMG_3473.png

石田選手の追撃。

IMG_3474.png

大塚選手もよく耐えた。

3R。

IMG_3510.png

IMG_3528.png

IMG_3532.png

必死の反撃を見せる挑戦者。

IMG_3535.png

IMG_3548.png

IMG_3559.png

IMG_3560.png

IMG_3576.png

IMG_3577.png

右をねじ込んだ王者は、一気に畳みかける。

IMG_3578.png

IMG_3581.png

試合がストップされるのと同時に、挑戦者コーナーからタオルが投入されていた。TKOタイム4回1分13秒。

IMG_3595.png

IMG_3601.png

WBA3位を筆頭に主要4団体全てで世界ランク入りする石田選手は、これでビュー以来21連勝(11KO)無敗。

「2016年は世界に行きます!」

今後の動向に注目。

応援、深く感謝です!WOWOW  

 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります