BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:
明日のジョー。丹下ボクシングジム・丹下段平会長。日本タイトル挑戦を目前に控えながら、目のケガで引退。極西拳闘クラブ会長に就任するも、選手との衝突が絶えず、巨額の負債を抱え解散。酒に溺れる生活の中から、矢吹 丈 にほれ込んだ段平は、丈を一流のボクサーに育て上げる決意をする。

紆余曲折を経て成長。東洋王座獲得。ついに夢の世界タイトル挑戦のリングに立った矢吹 丈 は、真っ白な灰になる。この物語はボクサー矢吹 丈 ばかりでなく、一人の不良青年に人生を賭けたボクシング人、丹下段平の成功物語でもある。

「泪橋を渡れるか?」

大竹マネジャーが良く言うジョーク、ではない。これ本気です。泪橋を渡ると丹下ジム。そして、丹下段平会長のモデルといわれるのが、元日本フェザー級チャンピオン菊地万蔵氏である。


菊地万蔵選手。

現在、丹下ジムを主宰する、いや違う、地下鉄東西線南行徳駅前でキクチボクシングジム を主宰される菊地会長。

青森県出身。昭和33年(1958年)8月3日笹崎ジム入門。後の師匠金子繁治氏と初めて会うのはその4日後。ハワイ遠征から帰ったばかりの金子選手は、菊地青年の憧れだった。

下写真はハワイ遠征の金子選手、タッド河村トレーナー、笹崎会長(写真左より)。憧れ以上に遠いハワイ航路だった時代。



アマ社会人フェザー級王者に就いた菊地選手のプロ転向は田辺ジムから。引退した金子氏が同ジムのマネジャーに就任した為で、笹崎ジムから円満にトレードされたのは、昭和34年(1959年)暮の事である。

昭和35年(1960年)プロデビュー。36年度のフェザー級全日本新人王獲得。初のタイトルチャンスは、昭和38年8月19日。日本フェザー級2位菊地万蔵(田辺・25勝(7KO)1敗1分)選手は、19戦全勝(2KO)の同級1位小林 弘 (中村)選手と空位の王座決定戦が決まった。

予想は五分五分。アマ出身ながら師匠金子氏譲りのラッシング戦法を得意とした菊地選手。19歳の誕生日を目前に控えていた小林選手は、3ヶ月前ノーランクながら1位益子勇治(東拳)選手を破りランク1位に躍進した新鋭。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!

ブログランキング

★EVERLAST ミニグローブ ”特価”発売中!  ★竹原慎二サウナスーツ館


試合は、激闘となる。先にペースを掌握したのは若い小林選手。3回には見事な右アッパーカウンターで、菊地選手はプロ入り初のダウンを喫する。見えないカウンターは効いた。無意識に立ち上がった菊地選手。

4回も回復せず失ったが、「絶対にチャンピオンになる」意志は覆らず、菊地選手は反撃に転じる。そして7回、今度は若い小林選手がマットに這った。


菊地vs小林。

以降試合終了まで、至近距離の激しい打撃戦は続いた。判定は僅差で菊地選手を支持。丹下段平のモデルは、日本タイトルと世界フェザー級10位の肩書きを得る。世界ランカーが各クラス10人しかいない時代だ。そして、この試合は昭和38年度の年間最高試合を受賞し、菊地選手は敢闘賞も受賞。まさに飛躍の1年となった。

だが、好事魔多し。この試合が菊地選手のリングキャリアの最高峰になろうとは誰も予測出来ない。5ヵ月後の初防衛戦で、小林選手に2回KOで敗れ、前哨戦でも初回KO負けを喫していた益子選手に、よもやの判定負けで王座陥落。比国遠征以後は、そのラッシング戦法もすっかり影を失い6年のプロキャリアに終止符をうつ。

初黒星を喫した小林選手は、この試合から4連敗。しかし、これを糧についに世界の王座に駆け上がる事になる。



田辺ジムトレーナーを経て、キクチジム創設。己と、自身が尊敬してやまぬ師金子繁治選手、矢吹 丈 のラッシング戦法とは似つかないアウトボクサー・ 牧 公一選手を日本フライ級王者に育て上げている。具志堅用高(協栄)選手のデビュー2連戦の相手を務めたことでも有名ですね。新人王戦、本命岡橋 勲 (SB川口)選手の野望をつぶしたのも牧選手でした。

先日、元キクチジムでトレーナーをされていた、とみぃ・は~んず 氏(大竹マネジャーが命名)が、坂田健史選手の練習を見学にやって来た。

「大竹さんにはくれぐれもよろしく言ってました会長」

「そうかァ、マッチメークでも何でも言ってくれるよう伝えておいてね」

新人王運営委員長を務めていた菊池会長の補佐役についていた事がある大竹マネジャーとは、先代会長時代から旧知の間柄だ。最近、ちょっと寂しそうと菊地会長の事を心配しておられたとみぃ・は~んず 氏。現場を離れた今も、大のボクシングファンである。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!
ペタしてね
★EVERLAST ミニグローブ ”特価”発売中!

「真剣にボクシングが好きな人からの連絡を待ちます」

専門誌の掲示板。下は小学生から上は62歳まで、150倍の倍率を突破しての文通が出会いだった夫人とは、今でも真剣なボクシング談義が耐えないという。坂田選手とは猫繋がりでもあるらしい。


坂田選手のサイン入りグローブに囲まれて。 とみぃ・は~んず 氏提供。

CM。お蔭様で大好評のEVERLAST・ミニグローブ。先のOB会では金平会長のサイン入りをねだられ、座右の銘入りの特別バージョンでやってもらいました。また、お願いします会長!(~~)★EVERLAST ミニグローブ ”特価”発売中!

「吉本君(勝・喜友名選手と対戦)なんて、どうしてるの?いい子だったよ~」

「万蔵さんもいい選手いっぱい出してるよねェ」

「まだまだ頑張るように伝えてね」

泪橋を渡れる方は、丹下ジム、いや違う元日本フェザー級チャンピオンの菊池ボクシングジム 。覗いて見てください。丹下段平会長が待ってま~す。根性の選手でした。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】


★大好評 EVER LAST ミニグローブ:イーバンク振込可!

BOXING MASTER/ボクシング マスター

【ミニグローブ左右ペアセット  8.9cm】赤・黒・青・ピンク @1000円  


BOXING MASTER/ボクシング マスター
【ミニグローブキーリングス 6.3cm】赤・黒・青・ピンク @500円


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります