ほいほい、今回は真面目な記事ですよーヽ(*´∀`)/


僕が勝手に作った言葉、「常識思考」についてはこちらをご参照くださいませ
【常識思考】ガイドライン




さて、今回なんとなく思いついたテーマはこちら。



個人的には結構好きな言葉ですし、実践してきた方なんじゃないかなーと思います。





ちょっとGoogle先生に聞いてみました。


■若い時の苦労は買ってでもせよ ---------------------

意味:
若い時の苦労は買ってでもせよとは、
若い時にする苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つものだから、
求めてでもするほうがよいということ。

他国の類似ことわざ:
Heavy work in youth is quiet in old age.
(若い時の重労働は老いての平安である)
A young idler, an old beggar.
(若い時の怠け者は、老いての乞食)
寧吃少年苦,不受老来貧。
(年老いてから貧しさを感じるくらいなら、
 幼い頃に苦しさを経験しておくほうがいい。)

-----------------------------------------------


なぜ?についての答えは

「若い時にする苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つものだから」

ってことですかね。


まぁ一般的な認識と相違ないかなと思います。


そしてどうやら日本固有ではなく国際的に通用する価値観のようでもありますね。





世の中で大成している人って結構苦労人が多いですよね。


■孫正義(ソフトバンクグループ創業者)

・父親が経営者であっため貧富のどちらも幼少期に経験
・高校を1年未満で退学し、病床の父を置いて渡米
・肺炎に気付かない程の超集中で四六時中勉強し飛び級
・etc...

※そういえば以前の記事にまとめてました
人物メモ:ソフトバンクグループ創業者 孫正義


■明石家さんま(お笑いタレント)

・3歳の時に実母と死別
・父親が再婚するも継母はネグレクト
・連れ子の弟には尊敬される程仲が良かったが火事により死別
・etc...


■ベートーヴェン(ピアニスト、作曲家)

・宮廷歌手の父を持つも無類の酒好きで収入は安定せず生活は困窮
・父にその才能を家計の当てにされ苛烈なスパルタ教育を受ける
・16歳で母親と死別、その後父や幼い兄弟たちの生計を背負う
・20代後半より難聴を患い40歳には全聾となる
・etc...


急に登場したベートーヴェン含め極端な例ばかり集めていますが笑、まあ分かり易さ重視ってことで(*´д゚*)ゞ


自ら苦労に飛び込んだパターンもあれば、天災の如く降り掛かった苦労を乗り切ったパターンなど、様々ですね。


ともあれこれらの人々の成功要因には「苦労」というキーワードがそれなりの重要性を持っているように見えます。


例えば明石家さんまさんは継母からのネグレクトを解消するためずっと面白い事を考えて相手を笑わせようと必死だったそうです。
(残念ながら継母の態度は変わらないままだったそうですが.・゚・(ノд`)゚・.)

今のお笑いタレントとしての土台はこの時に築かれたものなのかも知れませんね。





とは言え、僕は苦労が成功の必須条件だとは思っていません。
(成功の定義もここでは議論しないのでふんわりお読みくださいませ)


理由は、
・苦労は成長を促す要因には成り得るが、唯一の要因ではない
・本人が「苦労」だと自覚していない場合もあり実は認識基準が曖昧
って感じでしょうか。





成長や成功に必要な要素は寧ろ「挑戦」であってプロセスとして苦労や困難が伴うだけです、多分。


だから「あいつは苦労してないからな」なんて人を落としてはいけませんよ?


苦労してないこと自体は別に悪い事じゃないと思いますし。


成長意欲や向上心のある相手に対して「挑戦してないからお前の仕事は物足りないんだ!」だったら僕は分かりますが。





苦労というものは勝手に降り掛かってきた場合は成長のチャンスだと思えばいいですし、自分から進んで飛び込んだ苦労は結構楽しめるものだと思います。


ただ、僕が是としたくない苦労は、「押し売りの苦労」です。


例えば若手社員にこんなことを言う管理職おじさんがいるとします。

①「若い頃は先輩の仕事を全部貰って自分は寝ずに上には楽させるのが仕事だ!」

②「俺が初任給貰った時は全部お世話になった先輩に飲み代奢って還元したけどな!」

③「接待ではお客さんを楽しませるためにパンツくらい脱げ!」


時代や環境が異なれば相手の価値観も異なりますし、自分が経験した苦労を共有して価値があるかは相手にもよります。


例えば①について、僕は先輩の仕事を奪って追い付け追い越せと成長していく姿勢にはとても賛成ですが、楽をしたいだけの相手に奉仕はしません。


②の先輩方への感謝の姿勢は立派だと思いますが、個人的には仕事で成長してお返ししたいなーと思うタイプです。(金銭的な面はペイフォワードの精神かなーと)


納得感がなく嫌々請け負う苦労は恨みや病みを呼び込むだけです。


愛のない苦労を押し売りしないよう、自分も気をつけなきゃなと思う次第です。
(もう結構なおっさんですし、老害化は無自覚に進むものです)


あと、自分に責任のない苦労を背負って思い煩う後進がいたら、それはきっと成長のチャンスだと優しく導いてあげるのも愛があって良いなー、ってのも思います。



あ、ちなみに僕は誰かが喜んでくれるならパンツ脱いで恋ダンスするくらいはお易い御用ですヨ♡



ではまた(*´∀`)ノシ






過去の似たような記事はこちら👇

テーマ:常識思考


👇こちら、お気軽にフォロー&ご連絡&お友達申請してくださいませヽ(*´∀`)/

Twitter:@stakedadada
LINE ID:seiji0001
Instagram:stakedadada
Facebook:武田誠司
Mail:stakeda0129@gmail.com


AD