stacy's blog

http://stacyperry109b.hatenablog.com に移行しました。


テーマ:
トゥモローランド特集として1ヶ月にわたり書いてきたトゥモローランド特集もこれでラスト。全部の記事を見てくれた人がいたら嬉しいです。見てなかったらこれが一覧だから読んでくれると嬉しいなー。まあ10000字超えてるから読むの大変だけど笑

とにかく何度も言っているように、自分はこの映画が大好きです。映画を観る前にStop Plus Ultraをずっと追っかけていたので、当然期待値は高かったにもかかわらず、その期待を大きく超えるような展開で凄く良かった。

もちろんディズニーロゴや、1964年ニューヨーク世界博、ケイシーがピンを触って見たトゥモローランドの世界などはもちろん素晴らしかった。そしてその後のBlast From The Pastやフランクの家でのAAとの闘い、そしてエッフェル塔。それらの映像はもちろん素晴らしく、夢にあふれていて、まさしく自分が想像していた「トゥモローランド」だった。

でも実際は違った。エッフェル塔を出発したロケットが到着したところは荒廃したトゥモローランドで、活気はなくDavid Nix総督が支配していた。この辺(エッフェル塔の後)は予告編にも全く出てこず、Stop Plus Ultraなどでも全く触れられなかったから凄いよね。そしてもうここからが驚きの連続で。

ニックスに連れられ、ケイシー、フランク、アテナはモニターへ向かう。そこではプラス・ウルトラが発見したタキオン粒子を使って、地球の過去・現在・未来をすべて見ることが出来る。そしてケイシーの帽子が飛んで行ってしまうが、その時ニックスは「諦めなさい」と言う。なぜなら未来は変えられないのだから。

そしてモニターの内部へ入ると、地球は2ヶ月弱で滅亡してしまうことを知らされる。しかしケイシーはOptimistなので信じようとしない。するとモニターの風景が一瞬変わり、滅亡しない未来が映し出される。

つまり未来と言うのは確定したものでは無く、タキオン粒子をもってしても正しい未来を見ることは出来ない。フランクがニックスに撃たれるという未来が見えてもアテナの行動によって、それが変わったように。

「より良い明日を創る」それがプラス・ウルトラのモットーだったが、それがニックスによって破られてしまった。彼は未来は確定したものだと信じ込んでいたから。しかし初めは彼も行動を起こした。彼はモニターを使って、人々に世界の終焉を見せようとした。何かを知らせるには見せえるのが一番てっとりばやいと考えて。しかしそれは間違いであった。人々はより悲観的になって、学校の授業でも悲観的な内容が増えてきてしまった。そして人々は世界の終焉をエンターテインメントにし、それを楽しむようになっていった。ケイシーがバスに乗っているときに意味深に写る映画の看板もその一つで、予告編公式サイトまであった。この製作会社のQuarter Minusのロゴが面白い。

そしてニックスとの戦いから1年。トゥモローランドは大きく変わっていた。フランクとケイシーの活躍により、技術者を集めピンやAAを新たに造り、50年前のようにリクルート活動を再開させる。リクルートの基準はDreamerかどうかという事。特別な技能など持っていなくても夢見る人であれば未来は変えられる。Dreamers Need To Stick Together(夢見る人は団結しなくちゃ)。アテナの言葉を思い出しながら。

まあ最初に観た時は「アテナ可愛い!」ぐらいの感想しか持てなかったけれども、何度も見直すと、結構深くて大好きです。特にトゥモローランドの街並みが好き。フランクがジェットパックで空を飛んでいるシーンとか最高!あとモニターを壊した後にフランクとケイシーが会話している場所が好き。あの光る木が風に揺れる感じがたまらないね。うん。

もうこの映画大好き。たとえ興行成績が悪いとかそんなものどうでもいい!自分はトゥモローランドを愛してる!確かに万人受けするのは難しいかもしれないけど、自分は大好きなの!そういう事!

という事で15000字に渡ってお送りしたトゥモローランド特集はこれでおしまい。全部読んでくれた人がいたら嬉しい限りです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
トゥモローランドっていう映画はそれ単体でも十分面白いように作られているんだけど、ディズニーやプラス・ウルトラについて詳しいとより楽しめるっていう映画なんだよね。というわけで、映画トゥモローランドに出て来る小ネタをまとめてみよう!っていう記事。映画鑑賞後に読んでね。



ウォルトは常に未来の事を考えていました。彼は楽観的な未来家で、それがテーマエリアのトゥモローランド、そしてEPCOTに表れていますよね。しかしウォルトは夢半ばにして亡くなってしまった。そして「ウォルトが夢見ていた世界はどんなものだったのか?」それを具現化させたものが、この映画トゥモローランドなのです。

というわけで、まずは一番最初のディズニーのロゴ。右から二番目の星(ピーターパンとかに出て来る)が写る部分までは一緒だけど(そもそも音楽が違う)、カメラが下に下がって見えて来る街並みがコロニーのようにドームで覆われていて、列車も空を飛んでいる。そして城があるはずの所にトゥモローランドの街並みが広がっている。これを見たとき泣きました。(実話)


そしてタイトルが写り、フランクとケイシーの夫婦漫才を挟んだ後に1964年ニューヨーク世界博のシーン。そこで流れるBGMがThere's A Great Big Beautiful Tomorrow!いやー、テンション上がりましたね。シャーマン兄弟(知らない人は調べてね)がニューヨーク世界博のために作った曲で、現在でもカルーセル・オブ・プログレス、そしてテーマエリアの方のトゥモローランドのBGMとしても使われている超有名な曲!



そしてアテナがフランクに青いピンを渡してイッツ・ア・スモール・ワールドへ。このボートに飛び乗る感じが好き。そしてアトラクションの中の風景がいくつか写って(日本のパートもあった!)、エッフェル塔へ。エッフェル塔はプラス・ウルトラが始まった場所だけど、現在のイッツ・ア・スモール・ワールドには白いエッフェル塔は無いんだよね。怪しい(何でもかんでも怪しく思っちゃう)。そして下にドボンしてトゥモローランドへ無事行けたのでした。

そしてこのトゥモローランドの街並みの中には実はスペース・マウンテンが隠れているんだよね。そしてプラス・ウルトラメンバーであるアルバート・アインシュタインの名言が壁に書いてあったり、ケイシーが乗る列車の名前に二コラ・テスラの名前が付いていたりと結構このへん興奮した!

そしてやはりディズニー好きが興奮する場面としては、アテナが車の中でケイシーに言ったAAという単語ですよね!AA=オーディオアニマトロニクスで、ディズニーパークでおなじみですよね!(分かんなかったら調べて。まあ要は機械人形。)

まあ、そんなこんなで知っていると「おお!」ってなるネタがあるのよ。ただ正直のところ、あそこまでプロモーションを大きくやったから、もうちょっとプラス・ウルトラについて言及するのかと思ったら実際のところそうでもなく。フランクがエッフェル塔の中でしゃべっていた部分ぐらい?まあそれもアテナに止められちゃったし。もうちょっとあの話聞きたかったけど、まあ気にしない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよStop Plus Ultraもクライマックスです。

4月26日、Stop Plus Ultraが一枚の画像をTwitterに投稿しました。二コラ・テスラに関係するものだけど、「まあ対して重要なものでは無いだろ」って最初スルーしてたけど甘かった。Stop Plus Ultraに重要じゃない物なんて無いんだね。



TESLAの前に赤いスラッシュが見えますか?スラッシュがあればStopPlusUltra.comの後に付けるのが鉄則です。という事でStopPlusUltra.com/TESLAにアクセス。するとこんな写真が。


そしてピンの裏側に小さくNT7141903と書かれています。という事でPlusUltraSociety.comにアクセスして、プラス・ウルトラのマークをクリックすると出て来るボックスにNT7141903と入力。するとニコラ・テスラのデジタル保管所にアクセスできます。


注目はこの写真。どうやらこれはテスラが造ろうとしている人間輸送機の設計図で、Before Tomorrowlandや映画にも登場しています。



そして4月27日、NyFairLady64という人がTwitterアカウントYoutubeアカウントを作り、動画を投稿しました。彼女はニューヨーク世界博の時にイッツ・ア・スモール・ワールドからトゥモローランドに訪れたそうです。そして以前出てきたディズニーランドへの指令書とテープレコーダーは彼女の仕業だそう。




そしてしばらく間が空いた5月18日。Stop Plus Ultraが再び動き出しました。それはPlusUltraSociety.comのアップデート。トップページにAUTHORIZED VIEWING ONLYという写真が。何かこれ見覚えありませんか?さらに上には新しいモールス信号が。


モールス信号を解読すると、そこはディズニーランドのメインストリートシネマの座標。そうThe Optimistのゴール地点です。実は2013年のThe Optimistにおいてメインストリート・シネマに一枚のプレートがあったそうです。それがこちら。


下にはW08102013という文字列が。という事でPlusUltraSociety.comにアクセスしてボックスに入力するとWallanceのデジタル保管所にアクセス出来ました。そしてそこには衝撃の写真が。


どうやらWallanceがアテナに向けて送った手紙のよう。The Optimmistの黒幕(っていう言い方もおかしいけど)はアテナだったようです。ちなみに自分がこの写真を見た時は普通に叫びました。はい。

続いて5月19日。Stop Plus Ultraがある画像をTwitterに投稿しました。そしてその画像はNyFairLady64が先週亡くなってしまったというニュースでした。


この画像を見て何か気づきませんでしたか?そう、一部の文字が下にずれているんです。それらの文字を集めていくとtinyurl.com/NyFairLadyとなるため、そこへアクセス。するとPhotoBucketというサイトにたどり着きます。そして日記と思われる写真が何枚かアップロードされていますが、その1枚目に「レイ・ブラッドベリ(プラス・ウルトラメンバー)から受け取ったピンをトライアングルパークの木の下に埋めた」という物が。彼女はかなりレイと親しかったようです。


そして実際にロサンゼルス近郊にあるトライアングルパークへ行ってみると、確かにピンが埋まっていたよう。そしてRB10311966という文字列。




という事で毎度おなじみPlusUltraSociety.comのボックスに入力するとレイ・ブラッドベリのデジタル保管所が。そこではウォルトと話している写真や、テーマパークのエプコットの写真などがありました。






そして映画公開(5月22日)を直前に控えた5月20日。Wallanceからのビデオがアップロードされました。これはMFDというプラス・ウルトラメンバー同士の連絡機器の映像なんですが、どうやらアテナに向けたメッセージのようです。

少々映画のネタバレも含みますが、2013年はDavid Nixによってプラス・ウルトラが崩壊の危機に瀕し、トゥモローランドも廃墟になっている時です。そこでアテナとWallance、そしてNyFairLady64らが結託して、人々により良い未来はある。我々の未来を取り戻そうと訴えていたんでしょう。そしてそれがこのStop Plus Ultraなんでしょう。素晴らしいね。

こうして4月、いや2013年から続いていたThe Optimist、Stop Plus Ultraは終了したのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。