ねじまき鳥

つれづれ日記



テーマ:
チビ寅を産んで
命というものを丸ごとこの腕に抱えた日から

死ぬ
ということに対する距離感やら怖さやらが

それまでとは 
少し変わった気がします




私にとって  
死、というのは

人が冷たくなって
動かなくなること  

でした




15で父親を亡くしたとき

棺桶の中の親父のおでこに触れた時の冷たさが
私の中でジワジワと広がって

私の体温をそのまま
下げてしまったように感じていました




親父のあのおでこに触れる前と
触れた後では
 
私は
別人になっていました




それから
10年以上経って

ようやく
ふとしたことから私は

親父の存在をそばに感じることになります




なんだ
親父、ずっとそばにいてくれてたんじゃん
ずっと、見てくれてたんじゃん

あの時もあの時も
助けてくれたの親父だったんじゃん





そして
思うに至るのです

人は亡くなっても
無くならない










でもね
チビ寅を産んで

首の座らぬ
目もほとんど見えていない
ここがアマゾンなら一瞬で食われて終わってしまいそな命を腕に抱いた時

強烈に思ったのです




人は亡くなっても無くならない

だけど
私には今、この肉体が必要だ





この子を抱く腕が
この子にやる乳が
この子の変化に気付ける目が、耳が

私には
この子を育てるために
この肉体がいる

死ぬわけにいかん





それはそれは
これまで感じたことのない覚悟と、畏れ、でした




小さなこどもを遺して逝くこと
全ての母親にとって他人事じゃない




かげながら
彼女のブログを読んでいて

おねがい、
どうか、どうか、奇跡が、、

願っていたひとりなのです




昨日は
何の関係もない私ですら
 
ちょっと何も手につかず
泣きました




そして
チビ寅を

大好きだよー!
と言って

何度も何度も抱きしめました




真央さん

痛みや、不安から離れて
どうぞ、安らかに




御冥福をお祈りします

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。