I love rekuten .
テーマ:特別なこと。
2012年11月07日

夢。

夢はいつも見てしまう。

何度も何度も同じような夢を見てしまう。


大好きな松浦弥太郎さんの
『最低で最高の本屋』
を読んでいて、はっとした。

移動花屋を開いている自分がふと頭に浮かんでしまった。

軽トラックにビタミンカラーの花をたくさん積んで
どこかの駐車場のような場所で
ボーっとお客さんを待ってる。



前に住んでいた町では2日おきに花屋に行っていた。
その町の花屋はどの店も
花をどんなにじっくり見ていても話しかけてはこない。

「どんなかんじにされますか」とか
「贈り物ですか」とか。

だから、ウインドーショッピングやスーパーの感覚で
日常の中に花があった。

そんな花屋が私の町にもあったら幸せだぁと、思う。


いろいろな人の日常に花があったら
幸せが増えるんじゃないかと信じてる。
もちろん、今日明日生きることに必死な人もいるだろう。

勝手だけどその人の傍にも花を贈りたい、と思ってしまう。

理想の移動花屋、実現できたらなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:ブログ
2012年09月16日

ちくちく。

今日はいい収穫をした。

お買いもの途中で偶然見つけた
ハギレちゃんたち。

日々日記。-hagire

即買いです!

fogリネンが置いてあるかわいいお店。


というのも最近突然刺繍を始めました。

朝晩ちょこちょこと
練習を重ねています。

大雑把な性格のため
下書きとかが苦手。。。

最初はざっくり縫っていたけど
さすがにうまくいかないので
最近はざっくり下絵を描いて縫ってます。

このハギレに刺繍をして
コースターを作りたい。

たくさんの人との関わりの中で生きていると
当たり前のように
自分の信念とぶつかる出来事がある。

10代、20代の私は体当たりで信念を貫いてきたけど
30代はもうちょっとスマートに進みたい。

丁寧に糸を紡ぐように
すべての人の考えを丁寧に消化できる大人になりたい。

そんな思いも込めて
今までになくゆっくりゆっくり地道に針を刺しています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2012年09月10日

お米パワー。



田んぼの色が変わってきた!!
と田んぼに囲まれた山道を車で走りながら思う。

黄金色×黄金色。

なんて明るい!

ついこないだまで青々としていたのに。。

お米の成長はとてもスピードが早くて
いつもドキッとさせられる。

置いてけぼりにされてしまうかのように
はたと気づく。


何、くよくよしてるんだよ、

周りはどんどん進んでいるんだよ、と

お米から背中を押される。


タイミングよく流れていたのは
高橋優さんの「虹と記念日」。


「今日という日はただの今日だけど
歩き出せば始まりの記念日」



あれもしたいこれもしたい。
またワタシモードが復活の様相。

明日も明るい一日になりますように!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2012年09月09日

譲れないもの。

憧れは柔軟な人。
懐が大きい人。
人と比較しない人。

もうずっとこの難題に挑んでいるけど
さっぱり近づけない。

例えば、誰でもまず存在していることが一番大事だと思う。
底辺といっちゃ底辺?を見ているのかなぁ。

人は食欲欲や睡眠欲とか最低限の欲の上に何層もの欲があるという。
自己実現欲や人に認められたいとか。。

でも私はある経験をしてから
まず大切なことは「当たり前にご飯を食べたり、眠れたり、笑えたり、とにかく生きていること」
だと思った。

大人になると、特に社会の中では
自分の立ち位置が気になる人が多い。

それは仕事は生活に直結しているから仕方ないのかもしれない。

あの人は仕事ができるとかできないとか
自分はあの人より仕事ができるできないとか。
振る舞いが器用・不器用とか。

評価の集中攻撃で嫌になる人もたぶんいる。

でも、その人も大切な人。

そういう勝手な「評価」に対して
私は、もういい大人なのに
「嫌だなぁ」と心の中でだいぶ拒否する自分がいる。


めちゃめちゃ頭でっかちだと思うけど
どうしても譲れなくて変えられない考えの一つだと気付いてしまった。

そんな柔軟とは程遠い強固なこだわりを持っていたら
「嫌だなぁ」と思う場面が多すぎて
逆に自分が苦しむことが多いと思う。

さてどうするかと考えたけど

やっぱり譲れない。

だからこのこだわりは
一生付き合う自分の一部として
仕方ないけど大切に一緒に生きていこうと思う。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2012年09月01日

やっぱり目的は作らない方が好き

いつでも
出かけるときは目的はなるべく作りたくない私。

決め打ちが苦手。

自然な魅力、自分なりに感じる魅力を見落としてしまいそうな気がするし
何より「偶然」の出会いには嬉しさを倍感じられるから。

今日はどんな企画展をやっているかすら知らずに
誘われて地元の博物館へ行きました。

午後2時のギャラリートークに合わせて。

地元出身の彫刻家の企画展でした。

すごく写実的な作品に圧倒されながら見進めると
ある作品を前に学芸員さんが言い切りました。

「この作品はうそなんです」。

「老父」という作品。
植木屋の老父がモデルなそうですが
なぜかよぼよぼには感じない。
むしろまだまだ元気で梯子が目の前にあれば身軽に上っていきそうな雰囲気。
なぜかーーー。

老父が頭に巻いている手ぬぐいの先が三角形になっており
上に向かってとがっているからそう感じるんじゃないかと学芸員さんが言っていました。

何度試してもこんなに立派に上は向かない、と。

人は、上を向いているベクトルを見ると
自然と上向きな印象を持ってしまう。

なるほど、、と感動しきりでした。

その彫刻家はただ写実性に長けた人ではなく
その後に活躍する彫刻家たちが表現する
その作品に意図(うそ。実際のままではないから)を込めるという手法を
彫刻が普及していない時代にやっていたという点でも
面白い彫刻家だったのだなぁと思いました。

そして、偶然!!

その方の後の時代に活躍した彫刻家の作品も展示しており、
大好きな憧れの
高村光太郎の作品も展示してありました。

高村光太郎の作品ならではの「隙間」。
ほんの少しの隙間が作品の中に作られているのですが
その隙間具合はもちろん角度によって変わり
隙間の見え方で作品の見え方も変わり
もう、心底感動しました。

他にロダンの作品も展示されていましたが
私は「老父」と光太郎作品にくぎ付けでした。

最後に学芸員さんに
この彫刻家の性格を伺うと、
何とかえって来た言葉は「潔い!」。

出たーーーー!!!
マイテーマの「潔さ」!!!


某大学の教授であったこの方は
自分が不在にする間に授業を任せる助教授に誰々を、と大学に伝えていたと言います。
ところが決まったのは別な人。
怒ったこの方は
細々と考えを書き出した辞表を叩きつけ教授職を退任したそうです。
わずか1年半で。
名誉にすがり、思ったことと違うことをしていくより
制作に没頭したほうがいい、と思ったと言われています。
他にも潔い性格を表しているエピソーゾはたくさん。

かっこいい!!!の一言に尽きます。


思いがけない発見と出会いに
心と目が開きっぱなしの一日でした。


これからも発見と出会いがたくさんありますように。
それらをいつでも受け止められるように
煩悩は捨てて真っ白な心で生活していけるように意識していきたい。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2012年09月01日

自信を持って歩くということ。

今日は何の記念日でもないけど
私にとっては特別な特別な日でした。



先日、大切な人に大切な贈り物をいただきました。

靴。

靴?

$日々日記。-my_shoes

数か月前、突然連れていかれた場所で
突然足の採寸が始まった。

えっ??と訳が分からない私に大切な人が
「靴を作るの」といったのです。
手作りで靴を作ってくれるサプライズでした。
とにかく訳が分からず恥ずかさも忘れ号泣してしまったわたし。

それから3か月。
靴が出来上がるまでの工程を記録したカードと一緒に突然靴がやってきました。

飛び上がるほどうれしかったのに
しばらく履けませんでした。

何だかその愛情たっぷりの靴に合わせる服が
さっぱり決まらなかったから。

ほんとはかわいいシンプルなワンピースを合わせたかったけど
持ち合わせてなかったから
ある服の中で一番靴に合いそうな服を着て出かけました。

そしたら、びっくりするほど自信が自然と持てたんです。


何でもできそうで
どこへでも行けそうな気分。

日常生活で口にしたくなるような
ちいさな愚痴がバカらしく思えてしまうような自由な気持ちに
その靴がさせてくれました。



歩くこと。
一歩一歩歩くこと。
進むこと。
ゆっくりでも
止まっても
一歩一歩進むことはやっぱり一番大切なんだと改めて思いました。


斬新さもかっこよさもスピードもなくていい。
とにかくしっかり歩いていきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2012年08月30日

夏。

夏に絶対忘れものをすまい!と8月中思っていました。

簡単なことなんです。
ただかき氷屋さんに行きたいだけ。
でも、なぜだかもったいぶって
「今日か?」「どうする?」と自問自答を重ねました。

この夏は暑さが全然引かない。
ですが、私の中ではやっぱり夏は8月まで。

つまり明日まで。

9月じゃだめ。

ということでついに…









$日々日記。
夢が叶いました。
目標達成!

小さな頃から行きつけのかき氷屋さん。
とにかく氷が違う!!やさしくて潔い。
(出ました!「潔さ」笑)

ここのかき氷を食べないと、
夏を過ごしたと思えない。

小さいころ、かき氷やさんの近くのプールに行って、帰りにかき氷を食べるのが
我が家の定番スタイルでした。
かき氷が好きでとんでもなく食べるのが速い母が
あっという間に食べ終えて
普通に食べている私や弟の手元をじっとみています。

幼心に気を遣い「もうおなかいっぱい。お母さん食べる?」とう私。
素直な母は「え?そうなの?じゃあ食べてあげるね」と
私の分まで食べきった嬉しそうな顔が忘れられません。
そして弟も私のようにしていたと後で知りました。

去年の夏、何十年ぶりにそのかき氷屋さんに母と弟と私でいったときのこと。
「実はお母さんに気を遣ってたんだよ」と弟が突然暴露。
私も暴露。母はびっくり。青天の霹靂。
みんなで笑いました。


かき氷屋さん、おいしい夏の思い出をありがとう。

また早く夏がこないかなぁと恋しさにひたる今日この頃。

次は食欲の秋がやってきます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:お出かけ
2012年08月19日

秋田県立美術館にて。

秋田県立美術館へ行ってきました!

30代を迎えて初めての旅先にここをチョイス。


まず、秋田という町は人が歩くペースがとてもスロー。
町の至るところにベンチがあり
休んでいる人がいて

わたしはとっても好きになりました。

急いで全力でがむしゃらに駆け抜けた20代を終えて
30代はこういうペースで生きたいと
自分が歩くペースの指針を見つけた感じでした。

30代の目標は決まり!「ゆっくりと」


20代は刺激が心地よかったのか
いつも爆発的な何かを求めていた気がする。

面白いもの。感動するもの。何か何か…といつも空腹状態の肉食系でした。
好奇心が抑えきれなくて
友達さえも笑ってしまうくらいの勢いでした。

勢いあまっていろんな難しい選択もしてしまった。。


でも、オールオッケイ。
周りの人は、何がオールオッケイなの?ときっと思ってて
私以上に心配してくれるけど
私的にはオールオッケイ。

波乱万丈の20代だったけど、これでいい、と
30代を迎えてやっと思えるようになりました。

そんな20代に出会った感動の一つ
「安藤忠雄さんの視点」
飾りのないそれでいて鋭い、しかもブレない視点はとにかくかっこよかった。

でも、難しい選択のおかげで
ちょっとそんな生き方の目標から離れてしまっていて
久々に安藤建築に触れて、思い出したのです。

建築のことは難しくてよくわからないけど
何というか、大切なものを思い出したのです。

レベルは違いすぎるけど
安藤建築と私の目指す生き方に共通していると勝手に思っている「潔さ」。
それを思い出したのです。

30代いちからスタート。
まだまだこれから。

ものすごく遠回りだけど、私は今から再スタートを切ります。





$日々日記。-akita_m

秋田県立美術館は安藤さん建築で、今暫定オープンしています。安藤建築をじっくりと堪能できます。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。