テーマ:

アメリカの肉です.
飯田です.
今日はMaiker Faire bay area3日目でした.
最後なので,興味深い展示をいくつか紹介します.


NASAです.
小型衛星の展示をしていて,話を直接聞ける貴重な機会でした.


スタンフォード大学です.
小型ロケットを展示していました.




ドローンです.
2枚目は緑の光がドローンです.
レースをしていました.


おぷーです.
鳥取大学のロボットに食べられています.
左の鳥は鳥取大学のマスコットらしいです.



結果,おぷーに足が生えました.
手はいつ生えるのでしょうか.
AD

ゴキブリ

テーマ:
今回の旅のフルサクセスを達成した模様の先輩です.



こんにちは,飯田です.Maker Faire2日目が終わりました.
2日目から一般開放がはじまり,200組ほどの人が話を聞いてくださいました.
1日目の反省をうまく活かすことができ,2日目は説明に詰まる場面が少なかったように感じました.



今日はこのような場面もありました.どこのテレビ局かわからなかったですが.
展示終了後は,Maker Faireに来ている日本人が集まって一緒にご飯を食べました.
日本から出張で来ている人や出展者が多く,いろんな話が聞けました.
宿に帰ってからは,ゴキブリポーカーをして寝る場所を決めました.今日はこのゴキブリで終わりたいと思います.ではまた.


AD

Moscow mule

テーマ:


Googleのブースは↑のような感じで,SSSRCは↓のような感じです.


こんばんは,飯田です.
いまサンフランシスコのMaker Faireに来ています.
今日は1日目なので,午前中準備をしていました.
運営側のミスで少しトラブルがありましたが,何とかなりました.
午後は説明をしました.
衛星を知らない小学生からアマチュア無線家まで幅広い層の人が来るので,話を合わせるのが難しかったです.
説明終了後は,Maiker Faire名物パエリアパーティーに参加しました.



パエリアは見ただけでだけで帰り,ロシア料理のお店で夜ご飯を食べました.
今日はMoscow muleで終わりたいと思います.後味が甘くなくおいしかったです.ではまた.

AD

LEDがチカっと光ったら

テーマ:
こんばんは、フナコ氏です。
5月20日から22日にかけてアメリカのカリフォルニア州で行われるMaker Faire Bay Areaにて、OPUSAT-KITの展示を行います。
Maker FaireはDIYの展示会で、ものづくりが好きな人が、自分で作ったものを見せ合う場です。
日本でDIYというと日曜大工的なイメージが強いですが、日曜大工的なものは勿論、ロボットや電子工作だけでなく農業やアートみたいなものもあるそうです。
とにかく自分たちの作ってるものを見せあう場、と言った感じだと思います。
日本国内でも行われていますが、本家であるアメリカのMaker Faireはとにかく規模も活気も凄いそうです。

筆者も参加予定ですので、旅の途中になるか帰国後になるか分かりませんが、参加記や旅行記をこのブログにアップしたいと思います。



…と、ここまでNHKでやっていた人工知能の特集をBGMにしながら書いていました。
途中から聞き始めたので番組全体の趣旨は分かりかねますが、少なくとも番組後半は「人工知能が暴走したら怖い」という話をやってました。
怖い、でまとめてしまうと小学生の感想文みたいになってしまいますが、高い権限を持ったシステムのバグはたしかに怖いですね。

物や仕組みを作るうえで権限をどのように与えるか、という定義は大事になってきます。
人工衛星の設計でも地上の判断と衛星内部の判断のどちらを優先するか、という議題がよく出ます。
すべてを人間の判断待ちにしていると、人間側の判断ミスは勿論、実行が遅くなって手遅れになる可能性もあります。
その一方で、明らかに機械が誤作動しているのを人間が止められない仕組みは都合が悪そうです。
このあたりの兼ね合いは十分な議論が必要になります。

権限の話は機械の中でも大事です。
OPUSAT-KITには既に一台のコンピュータが積んでありますが、キットのユーザも一台以上のコンピュータを搭載すると思います。
ユーザのコンピュータとキットのコンピュータで意見が食い違う場合にはどのように判断するのか、予め考えておく必要があります。


NHKの番組の中でも自動車メーカが保有する人工知能研究所の方が「車はタイヤがついた人工知能だ」とおっしゃっていました。
平たく言えばロボットですね。
自動運転の研究開発が流行っていますが、Googleやテスラの自動運転車でなくても、今時の、その辺で走っている自動車にはコンピュータが100台近く載っています。
上に書いたような権限の話は、恐らく、十分にしつくしたうえで設計されていると思います。

ロボットや人工知能が暴走したら~という話は、議論の内容によっては馬鹿らしいなあと思うものも多いですが、その一方で最近になって急に現実味を帯びてきた話でもない気がします。




ところで車がロボット化してきたということは、そのうち変形したり合体したり、という可能性があるのではないかと期待しています。
変形と合体は男の子のロマンです。楽しみですね…。

5月病にはなりたくない

テーマ:
こんにちは.
4回生になりました,みさ吉です.

新年度が始まり,もう一ヶ月が経過しましたね.
新入生の方々も府大生活に慣れてきましたか?

SSSRCでは先日入所説明会が行われ,1回生の新しい仲間が加わることになりました!
なんと13人!!
現在学部上回生は,一学年10人弱というところなので,とても賑やかになりますね.

新入生はこれから,衛星やロケットの開発をするための基礎的な知識や技術を学びます.その講習実施の主体となる2回生も,先輩として新たな気持ちで頑張ってくれることを期待しています.


話は変わってOPUSAT-KITプロジェクトはというと,毎日誰かしらがGW返上で開発を進めています.
ゴールデンでも何でもない,いつもと変わらない日常です.
でもそういった日常を過ごせることを,本当は当たり前と思ってはいけないのかもしれませんね.

とは言っても世間はGW.
ここ数日は卒業生の先輩方が帰阪され,管制室を訪れてくださりました!
ありがとうございました.


個人的には,この頃いろんな仕事が急に降ってきました.
これも何かの縁と思って頑張ります.
ではまた!