久しぶりの更新です。
院長竿16を、いただいたのは、7月だったんですね。
3ヶ月使いまくりましたので、インプレ!
まず何より軽い!長いメバル竿を使っていた私にとって、違和感を覚える程の軽さです。
そして、特徴の柔らかさですね。
ティップから手元まで、にょいーん、と曲がります。
軽くてよくしなると、凄く投げやすい!
グラム以下のリグを使うことの多い私には、とても有難いです。
あの明暗の境のボトムを通したい…と思ってちょっと遠いとこに着水させる。とか、攻め手が増えました。
そして、感度。
抜群…。
コソッ。ツッ。トン。フッ。
今まで分からなかったアタリが、竿先に、手元にはっきり伝わってきます。
アワセ遅れて竿先が戻って一秒位後でも、かかります。
でも、スプリットリグには向きません。
トゥウィッチも効きにくいので、ワンピッチジャークの要領で、ちょっと巻くと上手く動いて、且つフワァッと落ちていきます。テンション保ちつつ。
ボトム近くでこれをやると、着低間際、こん!と来ることがよくありました。
院長ワームの柔らかさとフラフラフォールが効くと、思われ(想像ですけど)。

では、釣果。
豆。アワせるとなぜか外れる日でした。

重いガシラも楽々抜きあげ。

20センチ。
柔らかい竿は、掛けた時、魚が、暴れないんですね。しばらく獲物の大きさが分からない(笑)
上がって来るのが楽しみ。面白い。
小サバ?と思って、エイだったことも。
メバルの引きも、味わい深いですね。

アジがデカくなってきて、ファイトの下手さが露呈。ベリーのへんを効かせる感じの癖が抜けず、この日、6掛け4ポチャ(泣)

 それにしても、今年は、皆さんに色々連れていっていただいて、ホントに楽しませていただいてます。
 春のメバプラから、初夏ののっこみアジ。
 そして、秋の中アジ。
 レオンさんの本を読んで、ライトゲームしたいなぁ…と夢想してた頃、20センチ越えのアジを釣ることをイメージしてましたが、そうは行かず。でも、今年は、イメージを越えてきました。

23

メジャー弛んでるので
24

24.5



新記録26!
新記録!26㎝
全て、院長イソメか、ダメワームです。


皆様に、感謝でございます。



AD
 アジ釣れてる。
 ライトゲームを始める時にイメージしていたアジングに近いなぁ。まぁ、実際にやって見て、予想を超える複雑な釣りですけど。
 
 まだやってるかわからんけど、スパイダーマンの最新作。

 後ろで羽ばたいてるおっさんが、こんかいのヴィラン、ヴァルチャー。
 元は…

 
ダサい(笑)。
よくこんなに、カッコ良くアレンジしたものですわ。
で、演じるのは、マイケルキートン!

枯れていて、渋い!
昔、バットマンやってたけど…

 その頃付き合ってた、トリーウェルズ。

 映画の感想は、楽しかった!に尽きる。
 アベンジャーズの派手さに、スパイダーマンの軽さ、加えて、今回のは、懐かしい青春、学園モノになっていて、部活の遠征のついでに悪と戦ったりする。
 原作では、アメフト部の陽キャが、今作品では、勉強できるインド人になってたりするのは、時代やね。

 最近、ハリウッド映画にインド人が良く出てくるけど(デッドプールに出たインド人笑かす)、アメリカで、インド人が増えてるのか?

 昔は、神戸にも、印僑が沢山いたような…。
  
AD

ワンダーウーマン!

テーマ:
院長ロッド16 スゲェ!

今までなら、絶対わからなかったアタリが、わかる!釣れる!といっても、私しか持ってない竿の話やし…柔らかい竿の良さを、もう少し語れるようになったら書きます。

では、最近見た映画


 ワンダーウーマン
 面白かった!
 「あのころは、まだ人間に期待していた…」
 とかいう暗い始まりでワロタけど、良かった!この監督の映像大好きです。

 主人公を演じるガル・ガドットさんは、元ミスイスラエルで、その前は、軍隊で戦闘トレーナーを、やってはったらしい。まぁ、何となく強そうに見える人ですわ。デカい女が好きです!

 イスラエルの女をシンボルにするなんて、シオニズムやと、上映に反対の国もあったみたいですが、ラスボスがブリカスやったし、ええやん(何を言うてんねん)。

 マーベルのMCUに比べ、負けてた感じのDCエクステンディットですが、このワンダーウーマンで挽回したと思われ、ジャスティスリーグも、楽しみです。


 こっちも良かったけど!
 それは、また!
AD