愛知県吉良町の鈴木誠副町長(62)が、女性職員へのセクハラ行為を指摘されて退職願を提出し、受理されていたことが22日、わかった。退職願は31日付。

 町によると、鈴木副町長は今年4月以降、女性職員と副町長室で2人きりになった際、手を触れたり、6回ほどキスを強要したりしたという。

 女性職員が今月17日、上司に相談して発覚。町総務部長らが事情を聞いたところ、キスした事実を認めた上で、「セクハラとは思っていないが、非難されても仕方がない」と説明したという。鈴木副町長は同20日、「一身上の都合」を理由に山本一義町長に退職願を出した。

 鈴木副町長は総務部長や収入役を歴任、2007年4月から現職。

省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」(産経新聞)
九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)
<TBS>裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で(毎日新聞)
献血啓発補助金を不正受給 大阪交野・和泉両市 推進協が虚偽報告(産経新聞)
AD