今年3月の高校卒業生の就職内定率は90.2%で、前年より1.4ポイント下がったことが27日、日本高等学校教職員組合などの調査で分かった。担当者は「かつての就職氷河期を超える深刻な事態」としている。
 調査は29道府県の509校を対象に実施。卒業予定者約8万2800人のうち、就職希望だった約2万5000人の進路などを調べた。
 その結果、就職内定率は男子93.6%、女子85.1%だった。男子は0.6ポイント減だったが、女子は2.6ポイント減となり厳しさが際立った。
 昨年7月末時点の就職希望者のうち、8.6%に当たる2274人が就職を断念し、進学などに変更。就職をあきらめた生徒の割合は、高知県が最多で14.4%。秋田、新潟両県でも12%を超えた。 

【関連ニュース】
大学生向け緊急就職面接会=卒業シーズンに初開催
大卒内定率、過去最悪の80%=高卒は81%、下げ幅最大-2月時点
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング

化石 アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
ホームセンター会社に勧告=1000万円不当減額-公取委(時事通信)
首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」(産経新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
AD