【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日午前(日本時間13日未明)、政府専用機でワシントンに到着する。首相は、当地で12、13両日に開かれる核安全保障サミットに出席し、核不拡散に向けた日本の貢献策を表明する。また、オバマ米大統領とも意見交換の場を持ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、5月中の決着を目指して検討作業を続ける方針を伝える。
 首相はサミットで、唯一の被爆国として、オバマ大統領が目指す「核なき世界」の実現に向け、緊密に連携していく方針を強調。核施設防護の専門家育成の国際拠点を茨城県東海村につくるなどとした構想について説明する。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備(産経新聞)
ミカン苗木の校庭、ほかに個人名義の土地3筆(読売新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏-平沼氏との連携も(時事通信)
AD