元CAの危機管理「ストレスと怒りの正しい調理法」

★職業:講師 ★専門:ストレスマネジメント アンガーマネジメント コミュニケーション危機管理 ★特徴:「あたま・こころ・からだ」をととのえる ★㈱コミュニケーション・デザイン結 代表

人と人を結ぶ
人と社会を結ぶ
あたま・こころ・からだを結ぶ

テーマ:

朝ドラを見ています。

これはCA時代からの癖。

 

外国ではNHK衛星放送が

多くの国で見られます。

 

CAという仕事は

ステイ先の多くの時間を

一人で過ごします。

 

ホテルの部屋では

時差で変な時間に目が覚めて

いろいろ考えて

すごく寂しくなったりします。

 

そんなとき

ホテルのテレビで見る

大河ドラマや朝ドラは

懐かしい友達にあうような気がしました。

たかが15分されど15分

 

朝ドラは

誰かの人生の問題解決ドラマです。

 

身近に感じることが多く

人生に役立つ言葉をもらえたりします。

 

今日私のツボにはまったセリフは

 

「好いたお人とする苦労は、

苦労のうちに入りまへん」です。

 

恋愛や結婚に役立つ言葉のようでいて

この言葉を実感するのは

就職とか趣味とか部活ででしょう。

 

特に仕事は何を選ぶかで

嫌だなと感じたり

苦労だと思ったりしがちです。

 

就活アドバイスを求められますが

最近は選択肢が多く皆仕事を迷います。

仕事の不満、仲間への怒り

 

仕事を選ぶとき

理屈や理由を求める人が多く

就活でも面接でそう聞かれます。

 

でも、選ぶときは

「好いたお人とする苦労は、

苦労のうちに入りまへん」であり

 

「好いた仕事をする苦労は

苦労のうちに入りまへん」です。

 

仕事に不満のある人

仕事仲間に怒る人

 

理由は様々ですが

この原点に立ち返ると

 

不満や怒りを感じて

愚痴や言い訳を言ってる場合ではないと

気づく人も多いです。

大好きな仕事 大好きな仲間

私はコミュニケーションは苦手ですから

CAに向いていたわけではないし

英語も不得手でした。

 

でも

CAという仕事に興味を持って

やってみたら大好きになりました。

 

仕事が好きだと

仕事仲間にも興味がわきました。

そんな仲間の中で

上司や先輩からは多くの影響を受けました。

 

 

今日の朝ドラのセリフで

もう一つのお気に入りは

 

「花と信じれば

どんな寒空の下でも花が咲く」

です。

 

新人CAの頃

とても怖い女性パーサーと仕事をしました。

 

バンクーバー行きの便で

ファーストクラスを一緒にやりました。

フライト中ずっと怒られて

トイレの中で初めて泣きました。

 

まだ飛び始めて半年もたってないのに

パーサーの要求はレベルが高く

出来ないことばかりでした。

その便の男性チーフが

休憩時間に

こう言ってくれました。

 

災い転じて福となす

 

「君もあんな風に仕事できる日が

すぐくるから大丈夫。」

 

満面の笑みで

穏やかにこう言ってくれました。

 

まっすぐ目を見て

こう言ってくれたことで

 

叱られてパーサーを

逆恨みしかけた気持ちは

少しだけ消えました。

 

仕事中のことを思い出すと

パーサーの顔が思い出され

不快感が再現されましたが

 

とにかく

よく寝て美味しいものたべて

次の仕事までリラックスしました。

 

すると前向きな気持ちになり

考えが変わりました。

 

『そのままでは私は負け犬のまま。

帰りの便では

リベンジしなければいけないなら

この悔しい体験から学ぼう!

 

災い転じて福となす!

嫌な出来事からも

学べることは何がある!!!』

 

冷静になると

気が利かないし、準備が悪い部分が分かり

どう改善したらよいか頭でイメージしました。

 

帰り便は

ファーストクラスではなかったので

結構気持ちに余裕がありました。

 

ビジネスクラスでしたが

いつも以上にテキパキ動けました。

 

パーサーはファーストクラスなので

私の仕事はずっと見ていなかったのですが

ときどきビジネスクラスにきて

私の働きぶりを見ていたようです。

 

「なんだ、やれば出来るじゃない」

意外な言葉をかけてもらえました。

全てのことには肯定的意味がある

後に講師になってNLP心理学を学び

NLP心理学の前提

 

「全てのことには肯定的な意味がある」

 

を学んだとき

この出来事を思い出しました。

 

叱られたときは悔しかったし

私は怒りを溜め込むタイプなので

 

言い返すことをしない分

ネガティブな考えに囚われやすい子どもでした。

 

その癖がなくなったのは

この出来事からです。

 

誰かが導いてくれたわけではありませんが

考え方を変えることをした初めての体験なので

ときどき思い出します。

エピソード

 

後に知ったことですが

その怖いパーサーは

とても良いチーフになりました。

 

たぶんトイレで泣いた私を見て

パーサーは動揺してようです。

 

そのときにチーフから

「仕事が好きな君から

部下の能力を伸ばせる良いチーフになれるよ。」

そういわれたそうです。

 

このエピソードを聴いたのは

男性チーフが癌で亡くなった後でしたが・・・。

今も忘れない大切な思い出です。

 

仕事は大好きでした。

だから仕事上で怒られても

仕事は諦めませんでした。

 

そして

いつか自分もできるようになる!

と、確証はありませんが

信じることを選びました。

 

 

怒りのコントロールは誰でも出来ること。

怒りは宝物であること。

 

これは

私の体験から生まれて実感です。

怒ったときは

STEP1 感覚の解放

STEP2 感情の解放

 

それから

STEP3 思考(価値観)の解放と見直し

 

このSTEP3は

STEP1と2が出来ていないときは

何を学んでも

誰から良いことを言われても

全く頭に入ってこないです。

 

明日は

~するべき、~するべきではない

という価値観について。

 

今日は怒りについてのTEDを

貼っておきます。

 

ノーベル平和賞を受賞したスピーカーです。

テーマは

「怒りが世界に平和をもたらす」です。

 

日本語字幕は

右下の設定の部分で「日本語」を選んでください!

スタートをクリックすると

右下にYOUTUBEという文字が出てきます。

その横の花みたいなマークが設定です。

 

 

 

 

 

札幌未来マネジメントこちら

東京リスクマネジメントこちら

ボイスマルシェ(匿名電話相談)はこちら

研修・セミナーのお問い合わせはこちら

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

怒りは、生理的で

人間ならば誰でも感じる感情です。

 

ストレスをうまく処理できないとき

ディストレスな状態になると

 

怒りを感じやすくなります。

 

怒りをコントロールしないと・・・

 

発言も行動もネガティブです。

 

他人を攻撃すると

人間関係が壊れます。

 

物を壊すと

一時はスッキリしますが

心のどこかで胸が痛みます。

 

壊れたものを見た人も

苦しさを感じます。

 

怒りを我慢して

自分の中に溜め込むと

 

心が塞がれてしまい

心と身体を傷つけます。

怒りの犯人はストレス

 

ストレスをうまく処理できないので

ディストレスになってしまうなら

 

ストレスをためないことや

ストレスを早くリリースすることです。

 

このとき

感情を無理矢理

前向きにしようとするのは

お勧めできません。

 

その前に

感覚を楽にしてあげること。

 

感情ばかりに目が行きますが

感情は感覚と思考が作るのです。

 

思考はなかなか変えられませんが

感覚は案外簡単に変えられます。

感覚を楽にする

 

感覚を楽にするのは

副交感神経優位な状況を意図的に作ります。

 

ほっとする

 

これが一番

深呼吸やマインドフルネスだけではなく

入浴も効果があるし

 

モフモフしたり

ふわふわしたもの

心地良いもの

 

耳・目・鼻・口・体感覚が

気持ちよくなるようにすればOK

 

感情を開放する

 

感覚が楽になったら

軽い怒りならもう感じません。

 

しかし

粘着性のある持続的な怒りや

突発的な強度の高い怒りは

 

まだ不愉快な感覚は残ります。

 

このときは

 

大声で歌ったり

思い切り走ったり泳いだり

身体を目一杯動かしたりしましょう。

 

これで

怒りのエネルギーはかなり発散されます。

 

自分に怒りが向かう人は

怒りを溜め込む人は

こういう感覚の解放ではなく

 

泣きましょう!

涙腺崩壊させ感情を吐き出す

 

ストレスホルモンのコルチゾールは

涙から排出されます。

 

 

私は動物シリーズやアニメの弱く

 

フランダースの犬の最終回

アニマルコミュニケーターのハイジさん関連画像

(志村動物園に出てくる動物と話せる人)

幸福の王子や人魚姫

火垂るの墓

アンドリュー

タイタニック

フォレストガンプ

 

私は最近見た映画では

「僕は明日、昨日の君とデートする。」

にうっかり涙ししてしまいました。

日曜のダーウィンが来たの

ホッキョクオオカミのエルザにも

泣いてしまいました。

 

人が泣くツボは様々です。

 

ストレスをマネジメントをするのは

自分がすべきことならば

 

MY涙腺崩壊リストを

作ってみることを

お勧めします。

からだ(感覚)⇒こころ(感情)⇒あたま(思考)

 

「考え方を変える」

 

多くのアンガーマネジメントセミナーでは

ここに重きを置いています。

 

でも

 

考えを変えることほど

難しいことはありません!

 

これは

アンガーマネジメントセミナーを

100回以上実施した講師だからこそ

実感しています。

 

受講生の皆さまは

セミナーやカウンセリングでは

気づきはあります。

 

新しい考え方を

積極的に受け入れ行動します!

と、言ってくれます。

 

しかし、続かないのです・・・。

 

新しい習慣は

思考は身に付くまで

たっぷり時間がかかるのです。

 

禁煙だって簡単でないのです。

 

怒りをコントロールすることは

禁煙以上にハードル高いです!

 

自己嫌悪⇒自己憐憫

 

怒りをコントロールに失敗すると

 

今度は

自己嫌悪するか

自分はなんてダメだろうって

自己憐憫という

新しい習慣を身に着けます。

 

自己憐憫

 

出来ない自分を憐れむのは

もう止めましょう!

 

思考の新しい習慣は

すぐ手に入れたら奇跡です!

 

アンガーマネジメントは

心の筋肉を鍛えることです。

 

筋肉がつくまで時間かかります。

禁煙以上に難しいんですから

じっくりコツコツやるしかありません。

 

分かっているのに

怒りを抑えらえれないことは

誰にでもあります・・・。

 

諦めないで

やればいいんです。


まずは

STEP1感覚の解放

STEP2感情の解放

 

これを

実施するだけでも

かなり心も体も楽になります。

 

でも

まだ怒りが残っていたら

STEP3の思考の解放を

しましょう。

 

これは・・・又明日。

 

BLOGがすぐ長くなりやすいので

今日はこのへんで。

 

猫も怒るみたいです。

 

面白いで貼ってみました。

 

 

札幌未来マネジメントこちら

東京リスクマネジメントこちら

ボイスマルシェ(匿名電話相談)はこちら

研修・セミナーのお問い合わせはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先に案内したセミナーについて

追加補足させて頂きます。

 

先にご案内した以下の

無料セミナーですが

小さなお子さんがいる方の

1月2月の冬場の外出は大変なので

4月~6月の土日に実施致します。

 

場所はコミュニティセンターを考えていますので

決まり次第HPかBLOGにUPします。

 

詳細は

改めてご案内いたします。

 

☆親子で学ぶストレスマネジメント

と感情のマネジメントコーチング(無料)

場所:札幌

対象:5歳以上のお子さんを持つ保護者とお子さん

先着:10組

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

振袖騒動のショックは

なかなか消えません。

 

私も母に晴れ着を買ってもらい

成人式に出席したので

他人事とは思えません・・・。

 

被害者の方も

私たちも心がとても傷つき

ストレスを感じています。

ストレス状態の身体でおこること

 

危機に遭遇したときストレスはMAXで

不安と恐怖に呑み込まれ

 

コルチゾールやアドレナリンが

血液中に分泌され、

心拍数や血圧が上昇します。

 

血糖値が高まるため、

体全体にエネルギーが供給され

危険から脱出しようとします。

 

交感神経優位で

集中力も高まるでしょう。

 

でも

危機的状況でどう行動するか

訓練されていないと

パニック状態にもなります。

 

突発的に不安や恐怖に陥ると

混乱した心理状態になってしまいます。

そして

冷静な判断はできなくなり

興奮状態のまま慌てて行動してしまいます。

まず深呼吸して、事実だけを見る

 

2011年の東日本大震災のとき

日本中の人が混乱して

テレビやネットにかじりつき

情報を集めようとしました。

 

マスコミの報道は

興奮しながら伝えていたり

過剰に情動部分を煽って

報道しているものもありました。

 

興奮状態の人が話すのを聴くと

聴いている人も不安や恐怖を強く感じます。

 

私の携帯に

セミナーでお目にかかった受講生の方が

泣きながら電話をしてきた方がいました。

 

「先生、ヨウ素は

どうやって手に入れるのですか?

先生もすぐ飲んでください。

早く飲まないと助からないんです!」

ここは被災地ではなく

北海道なのだから、と

落ち着くように促しました。

 

直接の被災地ではないのに

北海道でも

電池や懐中電灯は

売り切れました。

 

1973年の

トイレットペーパー騒動を

体験したのに

私たちは危機的状況では

同じことをやってしまうのです。

ニュースは推測を伝えている場合もある

 

今回の成人式の振袖業者のトラブルも

誤った報道や推測がSNSで拡散しました。


ひらがなの店名と

カタカナの店名を混同してしまい

安易に伝えてしまったり

 

出品サイトに出ていると決めつけて

憶測をそのまま報道したことは残念です。

ニュースを100%真実だと思っている人は

とても多いのです。

 

被害者はその情報に振り回され

出品サイトを調べたり

SNSで自分の購入した着物を

見つけてくださいと訴えたりした方もいます。

 

それをワイドショーが

誇張して伝えています。

 

ワイドショーは

被害者に同情しているのですが

 

被害者が晒されることに

私は不安を感じ心配です。

世の中は親切で

優しい人ばかりではありません。

 

それを見て被害者を

更に傷つける悪意も

残念ながらあるのです・・・。

 

事実確認していない報道や

情動を煽るような報道は

鵜呑みにしないことや

冷静に分析しなければいけません。

とりわけ

危機が起きたときは

情報をよりわけることが求められます。

危機管理は感情管理

 

大きなストレスに突発的に巻き込まれると

人は冷静さを失い、感情的で

視野は狭くなり思考はネガティブになります。

 

それを見聞きしている人も

ストレスが伝染し冷静ではいられなくなるのです。

何か起きたら

真っ先にやるのは感情の管理です。

 

深呼吸やゆっくりした動作で

自律神経のコントロールをして

副交感優位な身体状態にしなければ

 

曖昧な情報にすぐ飛びつく自分を

抑えることは難しいでしょう。

 

常に

「人間は不安や恐怖にとても弱い」と

いつも理解した方が良いでしょう。

 

こう意識するだけで

意識や行動が変わってきます。

 

人間は不安や恐怖に負けやすい

 

子どものころ

不幸の手紙が流行りました。

小学生や中学生の頃です。

 

ハガキがくるのですが

送った人の名前はありません。

 

文章は忘れましたが

このハガキを3日間以内に

10人に同じ文章のはがきを送らないと

あなたは死んでしまう

と、いうものでした。

 

当時呆れるくらいたくさんのはがきが

家に届きました。

 

皆違う字だったので、

たくさんの友達が

恐怖に呑み込まれ言われたままに

ハガキを送ったのでしょう。

 

子どもですから

私の名前も住所も知っている人は

学校のお友達しかいないのです。

 

自分が不幸になるのが嫌で

こんな縁起の悪い嫌なハガキを

せっせと書いて投函している人がいる。

 

私には信じがたいことでした・・・。

そして、すごく腹が立ちました。

 

なんでこんな非科学的なことを

するんだろう?って。

 

子どもだから

本当はちょっぴり怖かったですが

全部ゴミ箱に捨てました。

 

そんな風に死を軽々しく書くことが

とても許せなくなりました。

 

強い悲しみからとても怒ってしまい

死ぬのなんかこわくない!

って腹だちまぎれにハガキを捨てたのです。

 

本音は

死ぬのは怖いのですが

名前を書かないで友達にそんなハガキを

送る卑怯者にはなりたくありませんでした。


この時から集団とか群れることが

とても苦手になりました。

 

私や友達に不幸の手紙を送った人が

同じ机を並べたお友達なのだと

疑ってしまう自分が嫌で

友人とは距離をおくようになりました。

 

疑うことと信じること

子ども時代に学んだ不幸の手紙事件で

こう考えるようになりました。

 

「罪を憎んで人を憎まず」っていう諺があるから

「行動は疑って人は信じる」ってことかな・・・。

 

生意気な子どもだったのか

そんなことで悟った気分だったのかもしれません。

 

リスク対策と危機管理では

疑うことと信じることが問われます。

 

行動と人格を区別する

事実と推測や憶測を区別する

 

それでも

晴れ着の事件は

許しがたい気持ちがします・・・。

 

こういうことが起きないために

何ができるだろうと考えなければ

こういう事件は繰り返されます。

 

私たちは

過去からはもう十分に学びました。

 

なぜ私たちは早く見抜けず、

事件を防げないのだろう・・・。

 

これが

私たち一人一人が

早急に解決しなければいけない課題です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

海外旅行での盗難。

とてもショックだし、悔しいし

辛いですね。

 

私も何回かありました。

 

怒りを感じることもあれば

ショックで悲しくなったこともあります。

意識の隙は見抜かれる

 

最初に盗難になったのは

バンコックでした。

 

両替をしているときに

お財布をハンドバッグから抜き取られました。

多分、真後ろで待っていた人が

抜き取ったのだと思います。

 

お財布を盗られた私には

今両替したばかりのタイバーツしか

手元になくて

仲間からお金を借りたことがあります。

 

 

何故

スリにあったのか・・・。

 

警察から教えて貰ったことは

「この人から盗みやすいか否か」

だけが基準だそうです。

 

私は

仕事が終わってほっとしていて

 

気が抜けていたのです。

 

脳は一つのことしか意識が向かない

 

初めて海外に行ったり

一人で海外旅行に行くときは

案外隙はありません。

 

狙われるのは

誰かといるグループの人です。

 

どのような服装とか

どこでなら盗られないか

ということではなく

友人や仲間といるときは

意識は友人や仲間との会話に集中します。

 

 

他にも

ショーを見ていたら目の前のショーに意識が向く。

 

私たちは

同時に他に意識を向けるのは

困難です。

 

心のスペースというか

脳の意識のスペースは

大抵の場合一個分しかありません。

 

聖徳太子のように

同時にマルチタスクはこなせないし

全てに意識を向けることは

不可能です。

 

 

盗難のリスク管理 危機管理

スリにあってから

かっちょ悪いのですが

 

外貨用お財布には

おばさんみたいに鈴をつけていました。

 

二度と盗られないようにするためです。

 

現金は

分散して持っていたり

カードで払うようにしていたり

 

カードはスキミングがあるので

信頼できる店しか使わなかったり

盗難の手口を知ることで

リスク対策しました。

 

部屋のスーツケースにも

大切なものを入れて置いておいても

スーツケースごと取られることもあるし

 

物理的なリスク対策は

キリがありません。

 

そうやって気を付けても

被害にあいます。

 

一番ショックだったことは

機内で仕事をしている間に

ハンドバッグごと盗まれたときです。

CAは荷物の置き場は

とても気を付けているので

お客様は知らない場所に入れています。

 

その知らない筈の場所から

ハンドバッグが丸ごと盗まれたときは

唖然としました。

 

パスポートもお財布も

仕事の資料も家族の写真も

家の鍵まで全て盗まれました。

 

パスポートの再発行など

様々な手続きとカードの停止など

ショックな気持ちのままやらねばならず

迅速に処理しました。

 

二回の盗難の後

疑問が残りました。

 

一回目のバンコックでのスリのときも

二回目の盗難のときも

 

実は

たまたま大金を持っていました。

 

バンコックは長い19日間のパターンで

ローマが最終地だったため

現金を余分に持っていました。

 

二回目はたまたま友人に頼まれて

友人の航空券を空港で購入し持っていたので

被害はとても大きかったです。

 

いつも大金持ち歩かないのに

なぜ、

そういうときだけ狙われたのだろう?

 

ネガティブ思考がネガティブな波長を作る

 

こんなことはありませんか?

 

学校の先生が誰かに質問する。

そういうとき絶対に当てないで!と思っているときに

自分が指名されてしまう。

 

たぶん将来的に

科学的に説明できる日がくるのかもしれませんが

 

心のイメージや想いは

その人の雰囲気に必ず現れます。

 

 

そう考えると

私はお金を持っているとき

 

盗られないようにしようという

盗られるときのイメージ画像を作りました。

 

リスク対策のために

そこから具体的に思考する。

 

このとき

微表情や微行動、

微言動はネガティブだったかもしれません。

 

イメージとは

とても怖いものです。

 

頭に最初に浮かんでしまったものは

消せません。

 

最初に「盗まれる」という

イメージは残ってしまっていて

「盗まれる⇒盗まれない」

結局はネガティブなイメージが根本にあり

消せません。

 

これは心理学でよくいうところの

「ピンクの象を思い浮かべてはいけません!」

という実験で証明されています。

 

波長とは無意識を含めた総合情報

 

人は心の中を感じ取りキャッチしますから

盗ってややろう!と狙っている人と

私のネガティブ思考が生んだ波長が

呼び合うのかもしれません。

 

心理学を学ぶ前でしたが

何だかそんな気がして

物理的リスク対策は辞めました。

 

鍵を厳重にしたり

人を疑うのではなくて

 

仲間に声かけして

助けあうことに意識を向けました。

 

「ハンドバングここに入れておきます。」

と宣言したり

 

「私大切なもの持ってますから

ときどき声かけてください。」

と、いう具合にです。

 

お客様にも

「大切なものは鞄の中にしっかりKEEP

パスポートはここに入れるといいですね」

 

とか

会話を楽しみながら

お客様のリスク対策を肯定的に

楽しく伝えるようにしました。

そして

いざというときのことも

よく話題にして

会話のネタにしました。

 

危機管理の方法を話題にしたのです。

 

もし盗られても大丈夫というイメージで

問題をすぐ解決している具体的な行動を

すぐ考えるようなイメージングです。

 

そう話すと

「いざとなったらこうすれば
解決できるとわかり

無駄な心配をしなくて済むわね」

と言われたことがありました。

 

そう話すお客様の顔は笑顔でした。

 

盗難の話をしても

何故かポジティブで

何が起きても大丈夫という気がするのです。

 

被害がおきても最小限に食い止め

すぐ回復できる手法を知ることで

笑顔になり感覚も変わり

ネガティブな波長が変わったのかもしれません。

 

これは

コミュニケーションや

職場の雰囲気

家庭の人間関係でも応用できます。

 

人と人は

喧嘩があって当たり前。

誤解があって当たり前。

 

コミュニケーションは親子でも

うまくできません。

 

だから喧嘩やトラブルが起きるのを

ビクビク怖がるのではなく

そういうことが起きるのは当たり前であり

リスク対策ではなく危機管理に重点を置くのです。

 

例えば

コミュニケーションは

上手くできたら奇跡です!

と伝えるとがっかりしますが

 

でも

人は失敗をやりなおす

智慧を持っていますから

 

コミュニケーションは

上手くできたら奇跡です。

でも、諦めなけば

誰でもその奇跡は起こせます。

 

と伝えます。

 

失敗やトラブルも

起きないのは奇跡ですから

過剰に避けても起きるものは起きます。

 

でも解決策はあります。

 

諦めなければ

その失敗やトラブルから学び

成功のためのエネルギーにも

糧にも人間はできます。

札幌は良い天気です。

 

ここ数日の悪天候があったからこそ

今日の晴天がとても嬉しいです。

 

今日も佳き日になりますように。

 

 

札幌未来マネジメントは

次回は2月17日(土)

 

東京リスクマネジメントは

次回は3月11日(土)

 

お問い合わせはこちら

ボイスマルシェはの予約はこちら

 

以下★印は日程が決まり次第

WEBにUPします。

 

★アンガーマネジメント入門講座

北海道・東京

 

★アンガーマネジメント

ティーンインストラクター養成講座

北海道・東京

 

★アンガーマネジメント

キッズインストラクター養成講座

北海道・東京

 

★アンガーマネジメント診断講座

北海道・東京

 

****************

以下☆は地区を限定し、

6月まで無料で実施します。

希望者はご連絡ください。

 

☆アンガーマネジメント

ティーンプログラムセッション(無料)

場所:北海道

対象:小学生・中学生・高校生

 

☆親子で学ぶストレスマネジメント

と感情のマネジメントコーチング(無料)

場所:北海道

対象:5歳以上のお子さんを持つ保護者とお子さん

先着:10組

 

☆ゲームで学ぶアンガーマネジメント授業(無料)

場所:北海道 札幌周辺と空知地区

対象:小学校 中学校

先着:10校(すでに何校か決まっています。)

 

☆シルバーアンガーマネジメントと

マインドフルネス

場所:北海道

対象:65歳以上の方々

 

※札幌市内は交通費がかかりませんが

それ以外の地区は交通費はご相談させてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今は空の旅は気軽になり

若いときから世界に行く人が増えました。

 

そのときに

痛い勉強代を払わないように

 

どうするか

何をするか

 

CA時代タップリ勉強代を払ったので

少し書こうと思います。

まさかの病気

 

私は国際線を乗務していたので

たくさんの国に行きました。

 

そして

たくさんの国で

病気になりました・・・。

 

最初は2月のシンガポール。

 

一週間くらいの仕事だったのですが

出社するとき何となく体調はよくありませんでした。

 

何となく・・・。

ここが重要ですが

その何となくは微熱でした。

 

休むほどではない微熱があり

シンガポールに到着し

翌朝目が覚めた瞬間

のけぞりました。

 

 

前の日の夜、

「頭皮にニキビのようなものがあるなぁ」

と、感じていました。

 

朝起きたら熱が出ていました。

そして

洗面所に行き、顔を洗い

絶句しました。

 

「ぎゃー!!!湿疹!!!」

 

すぐチーフや先輩に電話して

部屋に来てもらいチェックしてもらいました。

 

チーフと先輩が

「ひょっとして・・・・でも、まさか・・・」というのですが

口ごもって病名を言いません。

 

すぐ会社に連絡してくれて

Drを部屋に呼んでもらいました。

 

診察したDrが

「あなたの年齢は?」と聴くので

「21歳です!」と答えると

 

苦笑してこう言いました。

 

君は、chicken pox
「You're suffering from chicken pox」
(あなたがかかったのは『水疱瘡』だよ。)
へ?
私には弟も妹もいません。

 

しかし、

そのときハッキリ思い当たりました。

 

2週間前機内でお子さんが発熱し

看病したのです。

心配するお母さまと一緒に。

 

熱のあるお子さんでしたが

ニキビのような湿疹・・・少しありました。

 

がーん。

 

水疱瘡はウイルスです。

潜伏期間は2週間。

まさにビンゴです。

 

高熱とショックで

ばったりその場で倒れこみました。

そこから全快するまで

ホテル軟禁生活が始まりました。

 

全治するまで、

どこにも行けないのです。

 

一緒のCREWたちも

水疱瘡にかかったことが不明なので

仲間の新人CA達は見舞いにきてくれなくて

皆はオリジナルスケジュールで帰国しました。

 

そこから辛い日々が始まりました。

 

することがない!苦痛

 

最初はかなりの高熱で

飲み物しか喉を通りませんでした。

 

ルームサービスで飲み物を頼み

自分でタオルを冷やし解熱。

 

わびしいです・・・。

 

でも

そのときは寝ても寝ても眠れるので

まだよかったのですが・・・

 

薬が効いて熱が下がった後

辛かったです。

 

鏡に映る私の姿は水疱瘡の後があり

しかも、かゆみもありました。

 

うっ、醜い湿疹

痒い・・かけない

かいたら後に残る

でも・・・かゆい!!!

ぎゃー!!!

 

気を紛らわそうとしても

何もすることはなく

地獄でした。

 

当時はNHK衛星放送が

始まったばかりだったのか

日本のテレビもやっていませんでした。

 

心細いし、

鏡の自分は醜いし

会社に迷惑かけたし

誰とも話さないと

ネガティブスパイラルに

どんどん呑み込まれました。

 

会える人は

ホテルのベッドメーキングのスタッフのみです。

それも「過去に水疱瘡をやった人」だけ。

未確認のスタッフは

ルームサービスも含め

来ないようお願いしました。

 

すさまじい孤独感を覚えました。

紅白歌合戦今日放送するよ

 

そんなある日

知らないキャプテンが電話をくれました。

 

「今日日本からフライトできたけれど

君のことは航務課から聴いたよ。

 

熱が下がって毎日つまらないでしょう?

 

日本からの新聞と僕が持ってきた雑誌

ホテルの部屋のドアノブに袋に入れて

かけておいたよ。」

 

嬉しかったです。

 

新聞と雑誌はボロボロになるほど

毎日読みました。

そして

 

往診してくれた中国人の年を取ったDrも

ホテルの日本人スタッフも

何度も心配してくれて声をかけてくれました。

 

特に嬉しかったのは

シンガポール人の現地スタッフで

毎日心配して電話をくれました。

 

あまり英語は

得意ではないので

 

冷や汗かきながら

彼と会話をしましたが

ある日弾んだ声で教えてくれました。

 

「TAE 今日テレビで

12月31日の紅白歌合戦の

再放送をテレビでやるよ。

観たらいいよ。

日本人皆好きでしょ?」

 

 

日本では適当にしか見ない紅白を

本当に嬉しく見ました。

 

外国人の私に

知らない機長なのに

単なるゲストなのに

 

同じ会社の社員や

同じ日本人というだけで

見ず知らずの私に

 

皆が親切にしてくれました。

 

病気がくれた恩恵

 

10日後

日本に帰国できました。

 

母に

子ども時代の病気について

もう一度確認しました。

 

やっていない病気のワクチンを打ったり

保険のことを調べたり

 

自分の健康管理

がいかに重要か自覚したり

 

人の優しさとは

どういうときに

何をするかが意味があり

 

困った人には

いつどのようなことをするべきか

 

たくさんのことを

理解しました。

 

もし・・・

日本で発症していたら

こんなことは

気が付きませんでした。

 

シンガポールでかかった

水疱瘡だからこそ

たくさんの気づきという

恩恵を私にくれました。

 

今では懐かしい思い出です。

でも

危機管理講師になった原点ですから

大切な体験・経験でもあります。

 

最初に書いた

「何となく・・・」

ここはセミナーで伝えている

大切なポイントですが

 

ピンチは突然やってくるわけではなく

前兆もあります。

 

マイナスの芽を早く摘む!

と、強調するのは

 

体調管理では

そこが大切だからです。

 

さて

 

明日は

「海外で盗難にあったときどうする?」

を書きます。

 

え?

盗難にもあったの?

と、驚かれるかもしれませんが

 

・・・・・・・(汗)

 

それは又明日・・・。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

男女の脳の違いは

よく言われていることです。

 

日本人と外国人の脳の違いを

研究している先生がいることを知り

興味深く感じ調べました。

 

 

虫の音や動物の声の感じ方が違う!

 

日本人の左脳には、
言語能力の他、

計算能力や分析能力、
また時間的前後関係の能力

という働きの知的能力と


笑い声、泣き声、嘆き声やハミング
動物の鳴き声や虫の音などの

感情に訴え情緒を促す音を処理する

情動の能力とが同居しています。

 

このことが

日常の小さな変化を感じ取って

感情的にとらえることができる

独特の能力となっているのです。

 

http://yorokobuya.com/index.php?日本人の脳と外国人の脳)

 

私は全く知らかったことなので

衝撃を受けました。

 

色を勉強した際

日本人は色の認識が外国人と違うこと。

全ての色に独特の名前をつけていることは

興味深く感じていました。

 

又自然界の全てに神があるよう

八百万の神々という認識は

他の国にはない発想です。

 

音の感じ方の違いは

東京医科歯科大学の角田忠信教授が

1987年1月のハバナで開かれた学会

「中枢神経系の病態生理学とその代償」に

参加した時のエピソードから始まったことのようです。

 

他にもソニーが2013年に発表した

日本人の耳の音の分析力についても

今回初めて知りいろいろなサイトを読みました。

マーケティング調査「音の分析力」

音の分析力ということで

マイナビニュースに書かれたいた記事ですが

https://news.mynavi.jp/article/20131115-a287/

 

ソニーのマーケティングの調査で

コミュニケーションと音の分析力の相関関係が

グラフになっていました。

 

コミュニケーションの危機管理講師として

共感できる部分があります。

 

それは聴覚で言葉をどう認識するかですが

微妙の声のトーンや抑揚の違いを指摘したとき

すぐ私の指摘した部分が腑に落ちる人と

全く理解できない方がいるからです。

 

コミュニケーショントラブルを起こしやすい人は

言葉の意味だけではなく

言葉そのものの持つニュアンスや

繊細な部分が理解できないのかな?

 

そういう感覚を感じるときが

多々あります。

 

オノマトペや擬音語や擬態語に

全く反応できない人もいて

それを上手く伝える難しさも感じます。

自然の音に癒される

 

北海道の自然の中で育った私は

都会で働いているうちに

次第に息苦しくなりました。

 

空が見たい欲求と

自然の音の中で過ごしたい欲求に

あらがえなくなりました。

 

とりわけ

都会の雑音が苦しくて

どれほど美しい音楽を聴いても

心が潤わない感覚に

悩まされました。

 

あるとき

個人的な悩みで鬱症状になり

眠れない食べられない状態になり

友人がお見舞いのために

美しいミュージックCDをくれました。

 

綺麗な音楽なのですが

あまり心には入りませんでした。

 

そんなときに

お客様から誕生祝いのカードを貰い

それを自然の中の公園で読んでいたとき

突然胸が震えだし

凍っていた心が溶け出しました。

言葉が持つ音と耳から聞こえた自然の音

 

それはずっと忘れていて

今回初めて気が付いた事です。

 

鬱症状は喜怒哀楽が感じられなくなり

心がどんどん落ちていきます。

 

泣きたいのに泣けず

眠りたいのに眠れず

どんどん身体は疲労していき

同時に感情も無感覚になります。

 

人によって違うでしょうけど

私はそういう感じでした。

 

言葉にとても敏感になり

励ます言葉にエゴを感じるだけで

受け入れなくなり

頑張って言う押し付けのエネルギーが

不快でした。

 

どれも想いが強すぎるのです。

 

そんなとき

私の心のダメージを知らず

たまたま誕生日であることを知ったお客様が

誕生祝いの言葉をくれたのです。

 

そのカードは

晴れの日も 雨の日も 雪の日も

嵐の日もどんな日も

いつも頑張っているあなたを応援しています。

というような何気ない言葉でした。

 

その言葉を

いつも歩く散歩道で

木々の葉がこすれあい

風の囁き声と

虫の音や鹿やキツネの鳴く

自然の中で読んだとき

 

突然心から

詰まっていた感情があふれ出し

号泣することができました。

 

自然界の全てからの

メッセージのように感じられ

どんなに美しい音楽よりも綺麗に

文字と自然界の音が融合して

私を包んで再生させてくれました。

 

自然の音と言葉が融合したとき

自然の中には

ありとあらゆる音があります。

 

田んぼでなくカエルの合唱や

空高く飛ぶトンビの声や

雨の匂いや風の感覚がありますが

 

同時に音と言葉が融合しています。

 

カードの言葉の情景の中で

 

名もない虫の一生や

名もない木の日常も

同じように耐えて

頑張っているという感覚は

 

うまく言えませんが

 

全てに理解され

全てに許され

心の澱が音と言葉で

浄化されるような

そんな感覚でした。

 

このことは

今日まで大して気にも留めず

今朝まで忘れていました・・・。

 

音と言葉。

 

日本人だけが持つ

特殊な感覚があるとしたら

それをぜひストレスマネジメントにも

使いたいです。

 

WHOの2017年のテーマはうつ病

 

以下は厚生労働省のページです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158223.html

 

******************

 

2017年の世界保健デーのテーマは「うつ病」です。

WHOによると、

世界のうつ病患者数は3億人を上回り

うつ病から年間約80万人が自殺しているとされ

国際的な取組が求められており

青年期、妊娠出産期の女性

高齢者の3つのグループに対する取組が

特に必要とされています。

 

******************

 

世界人口70億人の中で

3億人も鬱症状の患者がいることは

見過ごせない現実です。

 

様々な取り組みが必要ですが

音楽療法がもっと注目される日が

近いうちにくるように思います。

 

1昨年

マインドフルネスを

沖縄の砂浜で一人でやったとき

 

いつも以上に気持ちがよくて

部屋の中でやるのとは

大きな違いがあることも実感しました。

 

特別な音楽でなくても

自然界の音にも意味を見出しているなら

心のレジリエンスに

有効ではないでしょうか。

 

 

日本人の脳の特性にあう

脳のストレス回復法は

やってみて損はありません。

 

************

北海道は今虫の声もせず

緑も何もありませんが

雪を踏みしめるときの感覚や音の違いは

道産子は知っています。

 

冬の日々の雪や感覚は

毎日微妙に違いますから

12月の雪と1月の雪は

別物だという絶対感覚があります。

 

日本人だけが持つ

左脳で感じる音の感覚の理由は

分からなくても

 

繊細な自然の音の恩恵に

浸ってみませんか?

****************

 

お知らせ

今日からボイスマルシェ(電話の匿名相談)の

予約を入れました。

 

尚、幼稚園保育園年長さんの

小学生、中学生向けのアンガーマネジメントセミナーと

そららのセミナーができる

インストラクター養成講座を再開します。

 

それに合わせ

お子さんたちのアンガーマネジメントカウンセリングと

中学生のアンガーマネジメント授業を

無償で実施します。

 

詳細は後ほど

弊社HPにてお知らせします。

 

今日も佳き日になりますように!

 

 



 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

リスクマネジメント危機管理をやってきて

セミナーで感じること。

リスクの感じ方や危機管理は

人によって大きな違いがあるということです。

 

ストレスマネジメントとアンガーマネジメントは

マネジメントするだけで結果が大きく違うのですが

 

リスクマネジメントという考えで

必要性を認識している人は

驚くほど少ないのです。

 

これは

想定的リスクと絶対的リスクの

捉え方の違いとも言えます。

 

批判は得意だが、自分には関係ないこと

 

例えば

横綱日馬富士・貴乃花親方の事件に関して

興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

 

ニュース番組の街頭インタビューでは

多くの方が批判や意見を述べています。

 

では

この問題が明日の自分の身に起きることとして

考えてリスク対策している人はどれくらいいるでしょう?

 

リーダーだけ集めた勉強会で

具体的に問いかけてみました。

 

もし、あなたが貴乃花だったら

もし、あなたが白鵬だったら

もし、あなたがその事件の現場にいたら

 

もちろん

リーダー達は、皆意見は持っています。

 

意見がないような人は

元々リーダーには向いていませんから

それは当たり前です。

 

でも気が付いてほしいのは

そこではありません。

 

リーダー達の共通認識を

確認しあうことを

日ごろやっているでしょうか?

問題が起きたときに話し合い

認識の違いに初めて気が付き

結論がなかなか出せない。

 

問題解決はリスク対応ではなく

危機対応です。

 

危機管理の段階なのに

何度も話し合っても方向性が

すぐ決まらないことはよくあることです。

 

狼がきたぞー!と言って逃げる人

むかしむかしあるところに

村外れに羊飼いの少年がいました。

少年は嘘つき者で

村へ出ては大きな声で

「オオカミが出たぞー!!」と叫びました。


村人たちが大慌てで

少年の元へ駆けつけると

オオカミなどどこにもおらず

慌てる様子を見て

少年は笑い転げていました。


村人たちは

少年にだまされたことに気づき

こっぴどく叱りましたが

少年も羊も無事だったので

安心して帰っていきました。

 

それからしばらくして

少年はまた同じように

村人をだましました。


同じことを

何度か繰り返しているうちに

少年にだまされて

家を飛び出してくる村人は

減っていきました。

 

しかしある日のこと

少年が羊の世話をしていると

本当にオオカミの群れがやってきたのです。


少年は必死になって

大声で叫んで助けを求めましたが

村人たちは少年の言うことを本気にせず

出てきてはくれませんでした。


とうとうオオカミたちは

少年と羊を襲い始め、

村人たちが気づいた時には

跡形もなくなっていました。

 

(出典元http://arasujikun.com

有名な童話です。

村人がなぜ少年の叫びを無視して

かけつけなかったか?

 

相対的リスクでは人は動かない

 

村人は相対的リスクとして

少年の叫びのリスクを低く考えました。

 

最初

狼が来て羊と少年の命が危険なのは

絶対的リスクでした。

 

だから村人は
あわてて少年のところに駆け付けました。

 

しかし

それは嘘だったので

「狼がくる=命の危険」という認知は変わり

 

体験と経験の中で

絶対的リスクではないと判断します。

 

相対的リスクとして捉え

しかも%が低くなるのです。

 

脳は体験と経験を重視して

判断するので仕方ないことですが

 

リスクマネジメントの本質は

ここを理解しているか否かです。

 

リスクは全て%で捉える人が多く

可能性がとても低いと

甘く認識しがちです。

 

しかし絶対的リスクならば

%で準備を怠ったり

対処に手抜きをすべきではありません。

 

リスクは認知の誤りや

認識間違いは気を付けましょう。

 

私たちはリスクであっても

実際はダメージも少なく

事なきを得てしまうと

簡単に認知を変更します。

命を失うかもしれない

絶対的リスクなら

 

相対的に起こる率が

どんなに少なくても

準備し対処しなければいけません。

 

なぜなら

絶対的リスクは

命の危険に関わるケースですから

リスクが危機になったとき

対処は難しいです。

 

飛行機事故の確率 自動車事故の確率

 

人の命に危険性が及ぶ仕事に就くと

事の重大性の認識が変わってきます。

 

米国の国家安全運輸委員会(NTSB)の調査では

飛行機に乗った時に墜落する確率は0.0009%
という数字を出しています。

 

他のデータでは

週1回1往復(2回搭乗)し、
年104回乗る人でも、

事故に遭う確率は

3900年に1回だともいわれています。

 

 

とても低い確率ですが

PILOTもCAも

毎回フライトの度に

緊急時の対応を

徹底的に考えます。

 

確率は関係なく

リスクマネジメントして

事故対応のシュミレーションします。

 

CAの仕事を辞めて12年ですが

今も考えないで

身体がすぐ動きます。


ハドソン川の奇跡も起きたのも
万一事故が起きてもどうするか

わずかな可能性でも

徹底的にリスクマネジメントして

トレーニングしているからです。

 

 

バスやタクシーに乗るときに

私たちは命の危険があることを

どれくらい意識しているでしょうか?

 

バスのドライバーさんは

シートベルトの案内をきちんとしています。

実際にシートベルトをする人は

非常に少ないのが実態です。

 

絶対的リスクの確率

〇〇で死亡した人の確率が

週刊誌の記事に出ていました。

 

【航空事故】0.0097人
【交通事故】3.2人

この数字を知っていても

シードベルトさえしない人がいること。

 

これがリスクマネジメントや危機管理で

気が付かなければいけない

人間の脳の認知や判断・行動の理由です。

 

もし、家族が交通事故で命を失っていたら

飲酒運転など絶対にしないでしょう。

 

しかし

それを体験・経験しない限り

人は自分には関係ないと思い

意識は低くなり準備は怠ります。

 

以下は他の死亡リスクです。


【豚の生レバー】0.71人
【ふぐ】0.033人


【風呂で溺死】3.1人
【階段等で転倒】2.1人


【落雷】0.011人
【大雪】0.074人


【ヒグマ】0.00094人
【ハチ】0.015人


【火山噴火】0.0028人
【地震(津波)】1.0人
【津波のみ】0.16人


【デング熱】0人
【熱中症】1.4人


【海】0.28人
【山】0.24人


【他殺】0.27人
【自殺】21.9人

 

自殺は21人と出ています。

年間3万人が自殺してしまう日本のリスクは

虐めや虐待やネガティブな感情の招く

否定的で非生産的な発言や行動です。

 

もっと言うと

突然死は年間10万人もいるのです。

その原因の多くはストレスですから

ストレスマネジメントやアンガーマネジメントを

早急に対策してトレーニングすることは

すぐやらなければいけないことです。

 

3つのこと出来ていますか?

 

世の中の事件は

虐め・虐待・喧嘩などから

犯罪事件になる場合が多いのです。

 

その元をたどれば

誰もが抱えている問題と

本質は同じです。r

 

トラブルの背景には

人間関係の問題や

コミュニケーショントラブル

があります。

それらが起きないための

予防策や対処

していますか?

 

1コミュニケーションは不足していないか

(コミュニケーションは十分おこなわれているか?)

 

2認識や認知の相違や誤解はないか?

(同じイメージやビジョンをもっているか?)

 

3ネガティブな感情に支配されていないか?

(感情のマネジメントはできているか?)
 

この三つだけでも

常に意識をすると問題が起きることは予防でき

又問題は早期に解決できます。

 

 

情報伝達が一方的だったり

意志疎通がはかれていないことや

人の感覚や感情への配慮が足りないこと

情動が引きおこす行動の理解

 

親子で夫婦で学校で職場で

これらの全てに問題ないと言えますか?

 

マイナスの芽は早く摘みましょう

 

もし、貴ノ岩関の命に危険が及んでいたら・・・。

もし、あなたの職場で上司が突然死したら・・・。

もし、あなたの学校で生徒が自殺したら・・・。

もし、あなたのご主人様が過労死したら・・・。

もし、会社が倒産したら・・・。

 

もし・・・。

 

上記のように

命が危険に晒されたら

全ての問題の扱いも意味は変わってきます。

 

今回の事件は

命に危険が及ばなかったことで

 

絶対的リスクだったと捉えている人は

とても少ない気がして

心配でなりません。

ハインリッヒの法則で言うならば

 

絶対的リスクだと認識していたら

29の事故を軽くは考えないでしょうし

300のヒヤリハットのトラブルも

重視するでしょう。

 

事件は残念なことですが

批判するより

 

自分の問題や課題として

自分に起こるべきリスクヘッジとして

自分の身の回りの

300のトラブルに目を向けませんか?

 

そして

なぜリスク回避するべきなのか

どうやってリスクを回避するか

 

そして

本質的な問題のためには

リスク回避のために

いつも何をするべきか

 

そんなことも

たくさん学ぶことができる

事件でした・・・。

 

 

未来のリスクを避け

幸せを感じるようになるための

未来マネジメントセミナーと

 

今ここにある

リスクと危機にどう対処するか

リスクマネジメント危機管理セミナーで

 

マイナスの芽を早く摘み

プラスの芽をきちんと育てていく

活動をやっていきます。

 

3回命を失いそうになり

家庭や会社の危機を体験した

自分の経験から多角的に解決策を

考えます。

 

あたま・こころ・からだで学ぶ

とても楽しいワークショップです。

 

ぜひ一度

セミナーに遊びにいらしてください。

 

札幌未来マネジメント勉強会

1/07 2/17 3/17

札幌エルプラザ

 

東京リスクマネジメントコラボセミナー

3/11 東京国際フォーラム

 

申し込みはこちら

 

 

 

showmore circus 

133,429再生。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

元旦に

嬉しい留守録を聴きました。

折り紙

電話は気づかず

取れなかったのですが

ある病気から

劇的に回復している声で

留守録の声はとても弾んでいました。

 

その声が

私の元気の素になり

心と身体が今とても気持ちが良いです。

 

仕事始めの今日。

これから何をしようと思ったとき

突然このことが胸に浮かびました。

 

そうだ!

今年は元気の素だ!って(苦笑)。

 

 

子どもの頃から

私を称して表現する言葉は

ずっと「元気の素」です。

ひま

「妙ちゃんといると元気になる。」

と何度も何度も言われました。

 

でも

私はさして面白いわけではなく

ごくごく普通のどこにでもいる少女。

 

飛びぬけた快活さはないのに

「ひまわり」といるようだと言われました。

はな3

高校の演劇発表会では

私の演技の印象は

 

「声を聴いたら不思議な元気が出る好きな声」

という、演技とは関係ないコメントばかりでした。

 

どのように言われても

結局私は人が抱く私への評価には

全く興味がないので

あまり考えません。

 

どこまでも

マイペースです。

 

はな2

CAの頃は

お客様や仲間から

講師になってからは

受講生の方々からも

 

エネルギーを貰えるとか

元気になるとか

同じことを言われ続けているなら

 

もう、それでいいじゃん。

と、心が決まりました。

momo2

ヒーラーみたいに

誰かを治すとか出来ません。

 

たまに

言ったことが図星です。

なぜわかるんですか?

 

過去を占ってくださいとか

未来はどうなりますか

と、聴いてくる方が時々いますが

私にはそういう能力はありません!!

 

どうか

誤解のないようにしてください(汗)

 

もも

私が言うことがもし図星なら

それは微表情や仕草や声のトーンで

ご自分で心の中を私に教えてくれているからです。

 

それをただ分析して

伝えているだけですから。

誰にでも出来ることです。

 

 

私は

ポジティブや元気の押し売りは

大の苦手です。

 

ただ

何も考えていないとき

心と身体が一致したとき

なぜだからやたら元気なだけ。

 

ひょっとすると

余計なことを考えないとき

 

心が発電でもしているのかもしれませんが

もしそう感じる方がいたら

 

すぐ私から

元気取り放題です。

 

ご自由にチャージしてください。

 

お代は要りませんから

安心して取り放題です。

 

は

今年は

 

自分自身に執着せず

 

何も求めず

何も欲しがらない

 

無邪気に楽しく

思考にも集中して

 

元気一杯に

自由に仕事をしていきます。

 

さぁ

大好きな仕事。

今日からスタートです♪

 

 

あぁ

わくわくする~!!!

 

いろ

 

PS

久しぶりに

オーラ・ソーマのボトルを使った

色彩心理コーチングも

たまにやってみます。

 

深層心理が色が語るコーチングも

とても面白いですよ。

 

夏のイベントのときに

実施します。

 

セミナー案内

1月7日(日)札幌エルプラザ

未来マネジメント勉強会

札幌は、2月17(土)3月17日(土)

 

3月11日(日)

東京リスクマネジメント危機管理です。

 

 

886

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

元旦は毎年映画を見ています。

見に行ったのはスターウォーズです。

May the God be with you, always

「神と共にあらんことを」

という言葉の神をフォースにして作ったセリフ。

May the force be with you, always.

「いつも、フォースと共にあらんことを!」

Star Warsフアンなら誰でも知っているセリフです。

 

子どもの頃みたときは

Forceとは超能力みたいで

ジェダイしか持っていない力なのかなと感じました。

 

今はForceとは誰でも持っている

潜在的な能力や大いなる意志のようなもの。

そういう風に理解しています。

 

でも最後のジェダイで

もっとも心に残ったセリフは

 

The greatest teacher, failure is.

 

最後の方のシーンなので

この言葉が胸に残った方は多いと思います。

「失敗こそ偉大な師である」

と翻訳されていました。

 

スターウォーズのセリフは

こんな風に人生の的を射るような言葉が多く

影響される方は少なくありません。

 

昨年は

「目的は明確に、目標は具体的に」を

全てのセミナーで伝えましたが・・・

 

クワイ ガン・ジンが

Your focus determines your reality.

「フォーカスしているものが現実を作る」

と言ってるセリフがあることに気が付き

苦笑です。

 

あははは。

私は彼の言葉を伝えていたのかな??

 

さらに

ヨダーがルークに

Do. Or do not.

There is no try.

「やるか、さもなければやらないかだけ。

トライなんてない!」

 

ぎょぎょぎょ!

これってまさに私の行動パターン。

 

げげげ!

私の伝えているものって

スターウォーズの映画のセリフがルーツ。

 

そ・・そうかも。(大汗)

 

同じ映画を

何度も見るし

 

かなり思考しながら見ています。

 

ぐわーん。

ありえる話です。(笑)

 

最近の傾向は

 

Your eyes can deceive you. Don’t trust them.

「あなたの目はあなたを欺くことができるのだ。

目に見えるものだけを信じてはいけない」

BY オビワンケノビ

だからNLPを学んだり

潜在意識に興味があり

マインドフルネスにはまっているかな?

 

まっ、いいか。(笑)

 

 

It is only with the heart that one can see rightly, what is essential is invisible to the eye

これは有名な星の王子様の言葉です。

星の王子様も私の原点です。

 

危機管理セミナー風に訳すと

「本質は目に見えない。心の目で見るんだよ。」

と、いうことにしておきます。

 

2018年が

皆様にとって幸多き1年になりますよう

お祈り申しあげます。

 

では、初詣いってきます!!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)