はじめまして。
私は中学2年生と、小学2年生になる
女の子を持つ

ワーキングマザーです。







サニーサイドナーサリー&プレスクール
を立ち上げ、園長に就任してもう5年目。




まさに、東北太平洋沖大地震と

同時にスタートしたのでした。






既存の園から、サニーサイドに代わり、
16名でスタートした園児も今や
35名を超えました。




わが子のように、保育したい
本当はそれ以上ですが(笑)
一人一人の個性を尊重しながら、
暖かく見守り、育てていく。



お仕事をしているお母様に代わり、

サニーサイドナーサリー&プレスクールは
お子様の初めての
社会への第一歩であり、

家庭であり、学ぶ場所
であってほしいと考えています。



しっかりと心が満たされてから、
学ぶことを始めても全然遅くありません。


当園は英語保育にも力を入れています。
バイリンガルを大切には致しますが、
まずはお子様の♡ハートを大切にしたい。




当園の
子供たちは、とても安定しています。





何よりも、子ども達の笑顔をみれば、
この園がどんなに、
「第二の我家家」であるか
分かって頂けると思います。




スタッフからも異色の園長として、
支えてもらいながら、
日々の楽しい積み重ねが
4年目の自信に繋がり始めた今日この頃。




もし、0歳児をお持ちのお母さまで、
今後復職・就職を考えている場合は、
少しずつお子様に家庭外の世界を
自然に慣れさせてあげる経験を
与えてあげてください。



それが、ご両親にとっても、お子様にとっても
(お母様がお仕事を始める)次の段階に
とても大切なステップとなります。



詳しくは、サニーサイドナーサリー&プレスクールまで、
お気軽にお問い合わせください。


sunnyside7117@gmail.com

電話(092)833-7117









  • 02 Jul
    • 歓迎会

      新しい先生の歓迎会です。なんと!総勢17名!まだ欠席の先生がいますから、サニーサイド成長中です(笑) 日本人の先生が1人、オランダとブラジルからの先生が新しく加わり、英語と日本語が居酒屋で飛び交っています😝何より、サニーサイドは、働きやすくて最高!と、現職の先生方がアピってくださいました。サニーサイドは、子どもたちにコミニケーションの大切さを身を持って伝えたい園です。その為には、先生方が信頼の元に意見をぶつけ合いお手本となる人間関係をお手本にならなければ!前置きは長くなりましたが、飲みニケーションなかなか機会取れませんが、大事です👍すみません。サニーサイド、ますます良い園になりそうです😝

      5
      テーマ:
  • 17 Jun
    • サニーサイドママの茶話会2017

      今日はサニーサイドママの茶話会でした。子どもが小さい時期は育児も仕事も本当に大変だけれど、過ぎ去ったその時期を見返すせば何物にも代え難い素敵で甘い甘い💕思い出に。茶話会はそんな大切な思いを見逃さないように残す大切な共有の時間です。悩みを分かち合ったり、成長を喜びあったり、これからの成長に胸が高鳴ったり。小さい園なので、保護者は育児と仕事、保育園の狭間で情報に揺らぎながら模索します。何が自分の子どもにベストかと。そんな時、この茶話会は揺れ動いたママ達の経験の先に見えた「サニーサイドナーサリーを選んで良かった。卒園までこの園で過ごしたい」という声をじかに聞くことが出来る稀少なチャンスであります。ママの笑顔が家庭円満の基本です。とってもいい会になりました。イクメンパパの参加は後期のランチセミナーにてお待ちしています!残念ですが、昨今FBに子どもたちの様子をアップするのはほぼNG。週末と父の日のご褒美にガツンとディナーを。娘とのハッピーディナーの画像でお許し下さい。和牛ステーキのタタキ、溢れるオオバと生ニンニクのスライス長女は、鹿児島に遠征中(寂しい)昨夜の🎁Hapoy Friday by SoftBanks🎁で頂いたガリガリ君が今夜のデザート何度も書きますが、未就学のその時期こそ、忙しくても疲れていても沢山の思い出が出来る時期です。素敵な週末を!

      5
      テーマ:
  • 14 Jun
    • Growing Together

      年長さんが園の代表でお芋の苗を植え、園の秋のおやつであるサツマイモを育てます。油山の麓の家庭菜園にてGrowing Together! 大切に育てます。育てる事で子どもたちも成長します。年長さんになると責任を持って行動することの大切さを学び、身につけて行きます。良い天気でよかった夏場にまた雑草取りと水あげに行きます。おおきくなあれ

      2
      テーマ:
  • 28 Dec
    • ノロウィルスにご注意ください

      今日からサニーサイドナーサリーも冬休みに入りました。今年は全国的にノロウィルスが猛威を振るっています。滅多に風邪をひかないわが家の娘もかかってしまうくらい、今年のノロは強いです。予防の手洗い、うがいはもちろんですが、感染後の対応も今一度ご確認ください。噴水のごとく嘔吐するお子さんに胸を痛めるしかないのですが、なんとか脱水症状にならない様にと少量ずつ水分を摂らせるけれど、また嘔吐。親も泣きそうです。私もそうでした。先日、娘を急患センターに連れて行った際に頂いた「小児の水分の摂りかた」ご参考下さい。保護者の皆様も観戦しないようにお気をつけ下さい。

      1
      テーマ:
  • 13 Dec
    • サンタさんがかくれんぼ

      昨夜から雨です(;_;)今週末はクリスマス発表会サニーサイドの花壇もサンタさんを待ちわびてますサンタさんがかくれんぼ土曜日はお天気になりますように

      テーマ:
  • 11 Dec
    • おはようございます

      日曜日の朝はいいですね。目覚ましが 鳴っても二度寝ができます(笑) 今朝がた見た不思議な夢の話です。  夢の中で、私 は保育園の園長先生。スタッフはお馴染みサニーサイドの先生方。子どもたちも、サニーサイドのかわいい子ども達が登場 ただ、違うのはロケーションです。 西新ではなく、住宅地の中の一軒家それもこんなところです。長崎?みたいな狭い坂の住宅地の一角。(って、シチュエーションでした)(イメージ画像) 子どもたちとお散歩する道もこんな路地裏。もともと地元ではないのに、ここに新しく開園したようで、周囲の方が、興味津々の様子。  皆(何でこんなところで?)と思っているようで、でも小さな一軒家は子どもたちで賑わっていて、楽しそう。その様子はいつものサニーサイドそのものと一緒。 西新とは違って、こんな不便なところだけれど、送迎バスもないのに、ご父兄はわざわざ来てくださる。(イメージ画像・笑) 何故か定員もいっぱいで、それがご近所で不思議がられていた。  ある日、初めてお会いするご近所のおじさんに「こんにちは。」と挨拶をした。 感じの良い方だったけれど、「あんたんとこは、なんでこんなん子どもが来ると?英語があるとか聞いたけど、それでそんなん人が来るんね?」(訳:あなたの園には不便なのに、どうしてこんなところまで子どもが来るのですか?英語で保育してるとか聞いたけど、それが理由ですか?)  私はその質問に、「私の園は心を込めて保育しているだけです。何も特別ではありませんよ」と、答えました。  と、そこで目が覚めました 実際、あんな場所に開園しても、絶対誰も来てはくれないでしょうが夢だからですね(笑)  サニーサイドはバイリンガル保育園として、英語と日本語を取り入れた保育です。毎日英語のレッスンがあったり、リトミックやバレエ、体操のレッスンもカリキュラムにあります。西新の駅からも徒歩2分でロケーションも抜群です。 でも、ビルの中にあるので、園庭はありません。だからこそ、最近のように天気の良い日は毎日必ず近隣の公園に外遊びに行きます。今週末はクリスマス発表会です。子どもたちは英語・バレエ・リトミックで学んだ集大成を保護者の皆さんに見ていただきます。今週に限っては、リハーサルのため、お外遊びが少ないです。 でも、夢の中で、答えた私の「私の園は心を込めて保育している」は本当です。私は先生一人一人が心を込めて保育をしてくれる事が保育園では一番大切だと思っています。ご家庭によって、保育園に求めることは違うでしょうが、子どもたちの笑顔。それが一番ですよね?    

      3
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 本日は和食の日

      今日は和食の日ですサニーサイドではこの日にちなんで園長先生が子どもたちと職員に愛情たっぷり感謝の気持ちも込めて作ります。いつも以上にスペシャルな食材を揃えました大量のダシでなかなか沸騰しません私は白みそより熟成味噌派準主役のかつおぶしは園児のおばあちゃまがかって生産していたからと、毎年プレゼント下さるこのかつおぶし一袋全部贅沢に使わせていただきました。この笑顔が最高おかわり4杯しました(笑)美人になる味噌汁でーすお代わりの時に声をかけると、キラキラした目でたべてくれました。一人ひとりがわたしに感想とお礼を伝えてくれて、涙が出るほど嬉しかったです満足気に箸をおいて、美味しかった〜💕お味噌汁は腸内環境を整え、腸が若返るそうです。是非、1日一度はお味噌汁を食べようね。って話しました。ご家庭でも一緒に作ってみてくださいね。

      4
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 10月はイベントモリモリ!

      10月は本当にイベント続きでした。  毎月恒例のバースデーパーティー今月の主役はこの2人!Congratulations   手作りバースデーケーキでお祝いします。まずは牛乳で乾杯〜〜   0歳の僕達にはピンとこないんだよね〜まだケーキも未確認な味覚だし〜はやくたべたい~!  和かに誕生日の主役を楽しめる余裕が出るのは、やはり2〜3歳くらいになってからですね。ほとんどの1歳児さんは、園全員が自分に微笑みかけながら歌を歌っている姿を怪訝そうにうかがっている表情が恒例です。それはそれでかわいいんですよ。(笑)    楽しかった遠足明けには福岡防災センター見学に行きました。(年中・年長クラスのみ)センターと隣合わせの消防署ではfire‐fighterが、訓練を積んでいました。街を火災から守る為、毎日訓練を積み重ねているそうです。  年中アシスタントも頑張ります!   長年福岡を空から見守ってきたヘリコプター「赤とんぼ」に試乗!!! 沢山のハンドルやボタンを触って体感していました。  今回は震度5を体感したり、風速20mの台風や煙の立ち込めたビル内を非常灯に従い脱出する体験をしました。初めは不安げな子どもたちでしたが、何も知らない事はもっと心配です。体感する事で備えれば必ず何かの機会に役に立つ。それが防災への第一歩です。  頼りになる年長さんですあと五か月で1年生!(こっそりさみしいです)そして、その年長さんが苗から植えて、育てたさつまいも。見てください!一つ500g以上あまりに大きすぎて、到底全部使えず、大粒二玉で蒸しパンを作りました。さつまいもがゴロゴロタップリ入って食べ応えアリアリ! 素朴な味に子どもたちの反応がドキドキ(私) でも、手作りはいいですね。作りながら子どもたちの顔が見えてきました。無農薬のお芋に無添加の材料。安心安全なおやつ、次のメニューは何にしようかな  美味しそうに黙々と食べているMちゃん。食べっぷりも良く、おかわりもしてくれました 目が合うと嬉しそうな表情を見せてくれると、こちらこそ、舞い上がるほど嬉しい(笑)次生まれ変わったら「給食のお姉さん」になっても良いかも👍(ちなみに私が生まれ変わって成りたい第1位は助産婦)  まだまだ年長さんの作ったさつまいもは新商品開発に貢献してます。園長先生は張り切ってます    

      4
      テーマ:
  • 15 Oct
    • 3年ぶりの親子遠足

      昨年も雨天中止だった2年に一度の親子遠足。今年は好天に恵まれました糸島市のかまた農園。ここには只今中3の娘が幼稚園時代に遠足で訪れた地です。みかんの木以外何も無いのですが、自然って、何も無いから良いんで、その時代、私はただの、ママでしたが、楽しい思いでをいただきました。単純に、皆んなと楽しい時間を過ごす。子どもたちの笑い声。交差する家族の会話。いつもは見る事の出来ない、各家庭の色。笑いあって、認め合って知って行く。そして、この抜けた加減のスタッフそのスタッフを愛して止まない私。抜群なコンビネーションです。こんな私たち=サニーサイドナーサリーを愛してくださるご家族の皆様。楽しかったですね!人生を一緒に楽しめる友やパートナーを見つけることが、人生を充実させる大きな鍵であることは、皆さん気づいているはず。サニーサイドナーサリーは心豊かな人生を気づかせてくれた、たいせつな基地。こどもや親だけでなく、人1人の出会いが、人生を時に左右する。だから、楽しく。かつ、真剣に、明日へ進もう。遠足最高!(笑)

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • Growing together 収穫祭!

      サニーサイドは今年五年目を迎え、まだまだ伸びしろのある成長中の園です。今年新しく試みたのは年長クラスによるGrowing Together 一緒に成長しよう!という企画です。サニーサイドは日常からアクティブラーニングを取り入れて保育をしています。こどもたちに単に学ばせるだけでなく、自分達で考えて、行動すること。自分達の行動や言動がいかに効果や影響を及ぼすのかを考えながら進めていく。それは、とても難しいことです。大人でも上手く出来ない人も沢山います。でも、反対をいえば、子ども達は自らのその力を皆もっているにも関わらず知らずにいます。今年初めてスタートした、Growing Together は自分のことだけでなく、同級の友達と足並みを揃え誰かの為に頑張ってみる。じゃあ、その為にはどうすればいい?5歳の子供達はやりたいことがいっぱい。でも。共同作業は助け合わなければ前に進みません。苗を植えるときは収穫を予定しながら、間隔をあけて植えました。苗にとっては十分なスペースこそ実を付けた収穫につながります。自分たちの努力がいかに形となってみをむすぶか。実の成らない時期に雑草を抜くことも、お芋を育てる大切な見えない作業です。そして、何よりハート♥️大きくなってね❤️見えない心の思いは静かに成長するお芋達には何よりの栄養だったんです!見てください!この豊作を✨✨思いは通じる。サニーサイドナーサリーの保育の原点です。このあと、隣のお芋のつたをとりました。次の芋掘りがやりやすいように。今回この家庭菜園の場所を提供して下さったTさん。😆これからも長生きして、沢山の子供達に楽しい経験をさせて下さい。本当にありがとうございました。持ち帰ったお芋は、おやつや各ご家庭にプレゼントする予定です。子供たちがこれからも支え合い、学び合い、助け合える素敵な園を作りたいと思っています

      1
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 私達の給食

      サニーサイドナーサリーでは6月に給食参観を開きました。子どもたちが日常、どのように昼食をとっているのか、また、どんな給食を食べているのか、保護者の皆さんは興味津々です。食は体を作る源です。参観を前に、給食業者へ会社訪問をさせて頂きました。今日は、子ども達の給食を作ってくださっているレモン(株)さんをご紹介します。福岡空港国際線に近い場所で、みんなの給食は作られています。福岡市内、近郊を中心に保育園・幼稚園へ毎日2000~3000食分を作り配達しています。今回訪問したのは平日の10時30分ごろ。すでにほとんどの作業が終わっています。通常は午前2時ごろから仕込みを始めるそうです。ここにずら~っとお弁当が並ぶんですって。この中に、きれいなお弁当の容器が入っています。ドアはこちら側と向こう側にあり、向こうの側のお部屋で洗浄・高熱殺菌をして保管されます。いろいろなスタイルの弁当箱がそれぞれ分かりやすいように配置されています。衛生面を徹底されていますね。こちらのお部屋が調理室です。沢山のフライパンやなべが並んでいます。3000人分が必要ですから、小学校の給食よりはるかに大量ですね。キッチン、調理器具も整理整頓されて、衛生管理をきちんとされていることにとても安心しました。そして食材。食品には大変こだわっていました。大切な子どもたちの体を作る毎日の給食です。普段は園まで配達に来てくださるので、決して食材を見ることができませんが、今回見学することで本当に安心しました。保護者の方にも自信を持ってお給食の説明ができるようになりました。このオイルは通常使われている倍の価格だそうです。給食参観に来られた保護者パパさんは同じく給食業界にお勤めだそうで、このオイルを見て大変感心されていました。三温糖やお米もそして料理酒も私たちが日常飲めるお酒より良いお酒を使っているのだと自慢げに社長さんが話してくださいました。子どもたちの体と味覚を作る大切な給食。食事をさせる私たち園のスタッフも作ってくださる思いをしっかり伝えることができるよう、好きなものも、苦手なものも大切に頂くことがまた生きる力にも繋がると学びました。レモンさんこれからもおいしい給食をよろしくお願いします

      6
      テーマ:
  • 03 Jun
    • See you again

      サニーサイドナーサリーは2年前から海外からのインターンシップ生を受け入れています。初めはスタッフにも戸惑いが見られましたが、随分慣れてきました。子どもたちには、園のネイティヴティチャーだけでなく、誰とでも臆する事なくコミュニケーションする事ができる積極性を身につけて欲しいと考えています。街で道を聞かれると、ママではなく、子どもたちが答えてくれて、とても心強かったそうです話は戻りますが、4月末からインターンシップとしてドイツから来ていたソフィ先生が週末帰国するためお別れに来てくれました。来日前から、9月から大学に行く予定でした。サニーサイドナーサリーでは、1ヶ月間の最短コースでしたが、フレンドリーな彼女はあっという間に仕事にも慣れ、子どもたちとも直ぐ仲良しになれました。お別れ会には年長さんが書をプレゼントしました。あまりにもサニーサイドナーサリーが居心地がよく、楽しかったのか、9月からの大学より、また福岡に戻ってさらに幼児教育について学びたい気持ちが膨らんでいるようでした。自分の目標を体験を通してどんどん進化させる事ができるのが留学の素晴らしい点です。子どもたちや保護者の方々にもそんな柔軟性を参考にして頂きたいです子どもたちが居心地の良い園にする為には、何よりもスタッフが居心地が良く仕事が出来る環境でなければいけません。彼女がいかに充実したインターンシップ期間を過ごせたか笑顔をみてください!きっとまたサニーサイドナーサリーに戻って来てね!私たちも沢山学びましたよありがとうソフィ先生。See you again near in the future

      14
      テーマ:
  • 30 Mar
    • 明日は卒園式

      明日は平成27年度の卒園進級式です。小学生と中学生の娘は春休み。「保育園にはおやすみは無いんだね。」って、娘から言われた。だって、保育園はお仕事をしてくれているお父さんお母さんの為に、代わりになって子どもたちを毎日見てあげる場所。なんだよ。おやすみは無いんだよ(時々あります・笑)「見てあげてる」ってい言ったけれど、こんなに沢山の子どもたちと毎日会えるって、どんなに嬉しい事か。褒めて笑う時もあれば、怒ったり、困ったりするときもある。でも、それはサニーサイドがみんなのお父さんお母さんと一緒にラインダンスを踊ること。合わせるのは難しいけれど、上手く行ったら、すごく嬉しい。皆のダンスを見ていて、そう思った。皆はすごいんだよ。きちんと挨拶をすること。お友達を思いやること。難しい事や苦手な事に挑戦すること。ありがとう、とごめんねが言える事。当たり前の事が出来るって、本当に凄い事なんだよ。英語が話せることは、またこれからもっともっとできるようになる。もっといろいろ楽しい事がある。世界の人とこれから繋がり合える。たまには辛い事もある。だけど、大丈夫。皆にはサニーサイドって味方がいる!ずっと、応援してる。持っているるサニーT-shirtが入らなくなったら、大きいいサイズを用意して待っているよ!みんなの未来が見れる日を楽しみに待っています。卒園おめでとう!園長先生より

      12
      テーマ:
  • 11 Mar
    • サニーサイドナーサリー5周年に向けて

      月極/フレックス・一時保育をご利用の保護者の皆様へ  寒い日も暑い日も、雨の日も雪の日もお子様を毎日サニーサイドへ送迎くださりありがとうございました。平成27年度も残すところあと1か月となりました。この一年で子どもたちは素晴らしく成長いたしました。本当におめでとうございます。 早いもので、サニーサイドナーサリーは4月で5周年を迎えます。当園が発足されたは、2011年4月1日です。そして、サニーサイドを始めるきっかけになったのは、実にこの日から3週間前、2011年3月11日のお昼に届いた1通のメールからでした。それは東京在住で当時この保育園「すみれナーサリールーム」を経営されていた園長先生からでした。体調を壊し、3週間後には保育園をやむなく閉園しなければならない事、そして出来れば園の経営を引き継いでほしいという衝撃的なメールでした。当時の私は、皆さんと同じ園児である3歳の娘の保護者でした。明るい先生たち、楽しそうに過ごしている子ども達、アットホームなこの園が大好きでした。「3週間で閉園・・・・」           仕事をしている保護者にとって、急に子どもたちが行く場所を失うことはまさに致命的で、この時期から新しい保育園を探すのは不可能に近いものです。何よりも、路頭に迷う子どもたちが可哀想です。しかも3週間後に!? 立ちすくむ私に、追い打ちをかけたのが、その日の14時46分におきた「東日本大震災」でした。それは、保育園閉園以上にショッキングなものでした。日本中が悲しみ、何とかして助け合い、自分たちに出来る事を始めなければ! 日本だけでなく、世界中が立ち上がった時でした。もしかしたら、地震が起こっていなければ、サニーサイドナーサリーは存在していなかったかもしれません。悲しみと不安で一杯でしたが、被災地のことを思えば、今自分に出来る事は在職中の先生方と力を合わせ、保護者の皆さんに理解と協力をいただきながら、子どもたちをいつも通りに迎えてあげる場所を確保することでした。 あの時0歳児クラスの子どもたちが、今月末には卒園します。ハイハイやよちよち歩きのあの子たちが本当にすてきな子ども達に成長しました。今、彼らは卒園式の練習をしては、「サニーサイドと別れるの寂しいね」と目を潤ませています。園児16名からスタートしたサニーサイドナーサリーはありがたいことに2年連続で定員35名満席の賑やかな園になりました。これもサニーサイドをお子様の保育園として選んでいただいた保護者の皆様、そして私と共に園を支えてくれたスタッフ一人一人の協力のおかげです。心から感謝でいっぱいです。まだまだ成長過程の園ですが、これからも皆様に愛される保育園として、日々の保育を大切にしてまいります。 毎年、この季節になると、私は自分の初心を思い出します。なぜサニーサイドを始めたか。そして、同じように東日本大震災を受けた東北の方々を。どちらも決して忘れることはありません。ささやかでも私たちが出来る事、被災地の子どもたちも私たちの子どもたちと同様、笑顔で学び成長していけるよう、何か出来ないか?そんな思いから、今回の記念募金を思い立ちました。 園の子どもたちのほとんどが幼く、理解できない出来事でしょうが、思いやる心や支え合う優しさはとても大切です。私たち親が伝えていかなければいけません。明日より1か月間、玄関先に小さな募金箱を設置させていただきます。金額は問いません。ポケットの小銭でも構いません。お子様と一緒に心を合わせて頂ければ一番うれしいです。園長の私も、別の貯金箱を持ち歩き(笑)会う方々にも呼びかけをしようと思っています。 募金先は震災時0歳だった子どもたちが20歳になるまで20年間継続的に支援を行っている【ハタチ基金】と震災で家族を失った子どもたちが暮らす【東北こども村】へ贈らせていただくことを計画中です。    震災に後押しされ、3週間後にはサニーサイドナーサリー&プレスクールを立ち上げました。子どもたちの笑顔が溢れる温かい園にしたい。そんな思いからサニーサイドと名付けました。今では本当に笑顔の溢れる園になりました。サニーサイドで過ごした子どもたちが、大人になっても、温かい気持ちで幼少期を思い出せる保育園を目指します。5年間本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いします。   平成28年3月1日サニーサイドナーサリー&プレスクール園長 浅野寿子

      14
      2
      テーマ:
  • 10 Mar
    • サニーサイドママランチセミナー2016

      サニーサイドでは年に一度、素敵な講師をお招きして「ママとパパのランチ セミナー」を開催します。今年で3回目になります巷ではセミナーブーム。育児や自分磨きの素敵なセミナーが目白押しです。でも、お仕事をしていると、平日のセミナーにはなかなか参加できません。週末は子どもとの時間を大切にしたい。そうですよね。私が育児で一番大切にしているのが「笑顔」です。ママの笑顔が子ども達の栄養素です。ママがハッピーだと、子どもはハッピーなんです。でも幼児期の保護者は誰もが育児初心者で、全てが手さぐりですよね。ちょっとしたことに一喜一憂したり、立ち止まってしまったり。サニーサイドではそんな園児の保護者の方々に、心の栄養になるセミナーをご用意しています。子どもたちはいつもの園で過ごし、ママとパパには心温まる時間と美味しいお食事を。心がほっこりして、参加した保護者同士も会話が弾みます。子どもの成長の中で、小学校に上がるまでの時期はある意味人生の宝物です。サニーサイドは小さな園ですから、滅多に親同士がお会いすることは無くても、子どもたちからお友達の名前が良く出ます。子どもを通して、沢山の経験を共有する事が出来るのもこの時期ならではです。今回お招きしたのは、アメブロでも人気のこうちゃんママこと中山淳子さん サニーサイドを立ち上げた年に淳子さんと巡り合いました。個人的にも何度も淳子さんのお話は体験済みですが、毎回、本当に心が温かくなり、育児に関する思いが私とぴったり!私も淳子さんからサニーサイドに沢山のエールを頂きました。 保護者の皆さんにもこの思いを伝えたくて、今年のセミナーのは1年前から依頼させていただきました 絵本の読み聞かせからスタートしました短い時間の中で、育児にとても大切なポイントを伝授してくださいました。高校生の息子さんを持つ園のスタッフも大感激!「これからでもまだ間に合う大切な事を教えていただきました!」「またお話が聞きたいです!」「もっとお話ししておけばよかった!」と嬉しい感想をたくさんいただきました。淳子さんのこの日のブログはこちら私たちは日々、仕事、育児、家事に目が回る忙しさですが、だからこそ、限られた時間の中で、大切な絆を紡ぐ事が出来るのです。子どもとの絆は決して「時間」ではありません。心と心が繋がる事です。淳子さんがお話の最後に「しゅくだい」を出してくださいました。絆を強くする大切なエッセンスを今回参加された保護者の皆さんは受け取って頂けたと思います。今回は3組のパパさんもご参加くださいました。「我が家のルールを決めることの大切さを知りました。一緒に(セミナーに)参加することで、同時に意見のすり合わせが出来ました」なるほど。いいお話でも、自宅に持ち帰り、ご主人に伝える事って難しいですよね。一緒に参加すれば、ご主人も直接(奥様の口を通さずに)大切なアドバイスを聞けると、次への行動が早いと(笑)来年はもっとたくさんのパパさんの参加をお待ちしてます さて、来年のセミナーがますます楽しみになってきました。すでに講師決定です(笑) 次回をお楽しみに!ママの笑顔が家族のハッピーを作る!サニーサイドはそんなママを応援する保育園です!3月9日に淳子さんが放送されたTVQのBeyond 輝きWomanもご覧になってみてくださいね!

      1
      テーマ:
  • 03 Jan
    • A Happy new year 2016

       新年明けましておめでとうございます。今年もサニーサイドナーサリーを宜しくお願いします毎年、サニーサイドは進化と成長を遂げていますが、昨年は本当に子どもたちも保育士も一緒に成長というか、楽しい時間を共有できたような気がします。もうこれ以上なんて無いかも?いいえ、毎年さらにパワーアップします。(笑)私は保育園は施設設備やカリキュラム以上に人間力が一番大切だと思っています。子どもたちには、何よりも心と心で向かい合い、つながり合う。人間としての基本中の基本です。サニーサイドの一番の力は保育士であるスタッフ一人一人の人間力です。10ヶ月お中で育った赤ちゃんがどうして生まれてから暫くは、ちょっとママが離れただけで泣くか知っていますか?お腹に居る時から、見えない糸で繋がっているんです。月日を重ねるごとにその糸は太く長~くなります。だから離れていてもお互い安心して生きていけるのです。幼児期は人生の基本中の基本を作り上げる大切な時期。ですが一緒にずっと居ればその糸が太く強くなるわけではありません。働くママが心から安心して信頼出来る保育園で子どもたちが健やかに過ごす事は少しかもしれませんが糸にしなやかさと張り(笑)をもたらします。サニーサイドはそのお手伝いをさせていただきます。幼児期の見えない糸の成長に有効なもう一つの栄養素は笑顔です。笑顔はどんな病気にも打ち勝つ力を持っています。幼児期は小学生から始まる競争や戦いの世界に飛び立てるように、沢山の栄養を溜め込む大切な時期なのです。サニーサイドナーサリーは特別な保育園ではありません。ただとってもハッピーな保育園です。さあ、明日から子どもたちの笑顔がまたサニーサイドに集まってきます    

      6
      テーマ:
  • 10 Nov
    • アレルギー研修

      昨日は市の保育所指導主催のアレルギー研修に参加しました。サニーサイドナーサリーには重症なアレルギーを持った園児は居ませんが、どんな時にも対応できる知識は必須です。とくに今回は食物アレルギーについて、エピペンの講習も受けました。以前から詳しく学びたかったためとても行った甲斐がありました。今回講演いただいたのは国立病院機構 福岡病院名誉院長の 西間 三馨先生でした。非常に分かり易く、的確に、そして面白おかしくご講義下さいました。疑問に思っていた点にすべてお答えくださり、いざ!というときにはすぐ行動する知識を学ばせていただきました。身近なものでないけれど、このエピペンを持っているということは危険と隣り合わせの中生活しているということ。時間との闘いの中、いかに的確に判断するかは知っておかなければ、命取りになる。身が引き締まる思いで受けさせて頂きました。保育園とは大切な命を預かり育てる場です。安全に、楽しく。は、もちろんですが、その中でも保育士一人一人が常に五感を働かせながら、後頭部にも目を付けて 日々保育することを心掛けています。そろそろインフルエンザの時期も始まりました。昨年はインフルエンザ0%(小学生を除く)でした 今年も、予防に努め、子どもたちの健康を保護者の皆様と守りたいと思います

      8
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 初めてのJET Test 終了!

      サニーサイドナーサリーでは今年からJET Junior English Testを団体会場に登録し参加することになりました。JETはTOEFLのこども版テストです。サニーサイドナーサリーの子どもたちは早い子は生後5ヶ月から英語と日本語の両方にて保育され、自然とリスニング力が付いています。子ども達の英語のコミニケーション能力を見てみたい。そんな保護者様からの声からJETの採用に踏み切りました。英検は日本人が創り出したのテストです。受験の為の問題集や対策本も多く出ています。級を合格するためのテストです。それと違いJETは日常生活で身に付いたコミニケーション能力を測る為のテストです。その為、対策本自体ほぼ出ていません。子ども達の本当の実力を測る事が出来るテストなのです。通常、小学生から中学生の受験生が多いのです。10級から始まり、1級が最終ゴールとなり、TOEFL Bridge⇨TOEFL へと続きます。左は年長さん、真中は小学三年生右は二年生です。初めての今回、5-6級からのスタート。左の二人はベビーから、右の子も未就園の頃から英語に触れています。模試では3人とも90%以上の正解率です。     こちらは年中と年長さんが9-10級を受けました。問題を解くことが難しいわけではなく、リスニングしながら、問題用紙を見ながら、きちんとマークシートに色を塗る作業はこの年齢にとっては至難の技なんです。真中の子は模試では面食らって泣いて いました。でも、それも経験。私達にも経験がある事ですが、壁にぶち当たれば凹みます。    でも、それを乗り越えた時の清々しさは何者にも変えられません。かわいい、大切な子どもだからこそ   壁にぶつかり、それを乗り越え、さらなる壁に立ち向かう力を養う。成長ってその繰り返しだと思います。そしてそれを影から応援したり、時に手を差し伸べる事が私達、保育者と親の使命だと信じています。サニーサイドは決してお勉強を重視していません。幼児期は心の成長が一番大切です。心を栄養をしっかり取る。その栄養を糧に小学生からは大人に向かって飛躍していきます。前を進む学童クラスの子どもたちの背中を見て子どもたちが、一緒に育つ保育園。それがサニーサイドナーサリーです。あら?何だか真面目な話になってしまいました(笑)和やかにテストは終了しました。子ども達はまた一つ自信を付けたことでしょう。

      4
      テーマ:
  • 29 Oct
    • HALLOWEEN is coming soon

      10月31日土曜日はハロウィンの 日です。サニーサイドでは毎年この日にハロウィンパーティーを保護者同伴で開催します。毎年、子どもたちのコスチュームはユニークに溢れています、それに何よりもカワイイ! 4年前(2011)のハロウィンのアルバムよりWho is it?    このチビちゃんたちも今では年長さんです。 本当にしっかりとしたお兄さんお姉さんになりました。  そして、今年入園した0歳児さん達は初のビックイベントデビュー 今年はどんなモンスターがやってくるかな?楽しみです さて、そんなハロウィンの前日、10月30日(金)福岡の女性起業家を応援する企業であるHanako塾の代表である猪口一世さんよりお誘いを頂き、福岡で活躍する女性がリレーで繋ぐ「ソーシャルメディアによる10時間連続生対談!」に参加させていただくことになりました。スタートから素敵な方々が約45分ずつ、それぞれの思いを語ります。私はもちろん、サニーサイドナーサリー&プレスクールの園長先生としてサニーサイドナーサリー独自の「温かいグローバル保育」について語らせて頂こうと思っています。私の出演は15:00人前で話をするのが大の苦手ではありますが、出演する方の中には大の仲良しもいるし、勇気を出して参加させていただくことに。多分、最初で最後だと思います(笑)どなたでも視聴できます。以下のHP末尾のバナーから簡単な登録でhttp://mackaykiyomi.com/socialmedia/hanako-2/いつでも視聴できます。

      6
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 笑顔が何よりも

      9月に開催したサニーサイドの運動会今年は百道浜小学校体育館で開催されました。カワイイ子どもたちの様子はこちらからかご覧下さい。園児のおじいちゃまから私達の沢山のお写真を頂きました(感謝!)確かに、子どもたちの写真はとっても、私達の写真を撮る人はいないですよね。先生方にそれぞれプリントアウトしていただき、本当に嬉しかったです。あっという間に時間が過ぎ(笑) もうすぐ一か月。今も子ども達の様子を思い浮かべては、スタッフ一同で話します。私達の園は笑顔が何よりの自慢。子どもたちを日々保育するとき、何が大切かって、この笑顔なんです。営業スマイルではなく、心から子どもたちを慈しむ。勿論、悪い子ちゃんは怖い顔で怒ります(笑)いけない事、危険な事、人を傷つけるようなこと。当たり前のことですが、しっかりと教えてあげないと子どもたちにはわかりません。笑顔があるからこそ怖い顔の意味が分かる。子どもたちを思う気持ちは私達も保護者さまも同じです。だから私達は一緒に子どもたちを育て成長する喜びを分かち合えると信じています。 

      4
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。