• 09 Dec
    • 301記事

      301記事がたくさん上がっている。リダ関連の話はやっぱりキュジョン君から出ている。  元記事ここから [現場;ビュー]ダブルエス301、アイドルグループ→アーティストとしての成長の可能性(総合)2016-12-08 18:34 |バクジョンソン記者 [ヘラルド経済スター&カルチャーチーム=バクジョンソン記者]ダブルエス301が10ヶ月ぶりにカムバックした。今回のアルバムは、「エターナル」シリーズの完結本で意味を加えた。 ダブルエス301は、8日午後、ソウル西大門区梨花女子大学サムスンホールで二番目のミニアルバム「エターナル0 エターナル1」ショーケースを開いて収録曲「マイユー」(MY YOU)の舞台とタイトル曲「リムーブ」(REMOVE)ミュージックビデオ・舞台を披露した。 タイトル曲「リムーブ」(FEMOVE)は、メンバーホ・ヨンセンが作詞・作曲した。恋人と別れた後、過去の愛を消そうとする男の話を歌っており、グルーブなリズムと穏やかなメロディが印象的なミディ​​アムテンポのバラード曲である。 まず、マイクを握ったキム・ギュジョンは「とても気を使ったアルバム」と「音楽、写真、舞台など多くのものを見逃さないように準備をたくさんした」と述べた。キム・ヒョンジュンも「二つのバージョンのアルバムだとさらに準備することが多かったようだ。最初のアルバムが「エターナル5」'であり、今回発売した二つのバージョンのアルバムを合わせると501が完成される」との意味を置いた。 シリーズの完結版「501」を指しているという部分でメンバーたちがSS501を考えている特別な気持ちが感じられる。キム・キュジョンは「私たちは、501で生まれたグループであるため、常に完全体が懐かしい。メンバーだったキム・ヒョンジュンの事が解決されると信じる。キム・ヒョンジュンが除隊しておらず厳しい状況であるため、今までは活動の話を共有してはいない」と完全体の活動の慎重な立場を伝えた。 今回のアルバムにはタイトル曲のほか、「ラララ」(LA LA LA)をはじめ、「アミ油」(MY YOU)『ラブ・ウィズ・ユー』(LUV WITH U)『私のユニバース』(UNIVERSE)など全5曲が収録されている。特にメンバーホ・ヨンセンがアルバム収録曲全5曲のうち2曲の作詞・作曲し、全体プロデュースを引き受けて音楽的な力量を遺憾なく発揮した。  ホ・ヨンセンは「これまで私たちがアイドルグループであるため、ダンス曲を中心に多くのお見せした。今回は、メンバーたちのボーカル的な面を多く見せたくて、その部分を生かして作業した」とし、「「タイトル曲『リムーブ』はミディアムテンポの曲でダンスはあるが、ボーカルも引き立つ曲だ。メンバーがみんな歌が上手なのにそれを示すことができる時間がなかった。今回のアルバムを通じて見せた」と自信をのぞかせた。 特に、ホ・ヨンセンは「アイドル」という言葉に慎重を期した。自分たちは「アイドル」ではないと強調している姿にキム・ギュジョンは「アイドルといえば、会社でくれる曲を録音して作成された振り付けをするなど、織り込まれたイメージがある。しかし、今ではみんな、音楽的な欲も出して振り付けにも参加する。昔アイドルのイメージを脱退したい意味」と説明した。 グループは、日本ツアーと南米公演の後に、来年初め国内でのコンサートを開催する予定である。残念な点は、今回のアルバムがキム・ヒョンジュンは軍入隊前の最後の301の活動だということだ。キム・ヒョンジュンは、「来年上半期中に入隊をする予定である。誠実で楽しく軍生活をすること」とし「性格が明るいので何をしてもそれほど心配をしていない。また、他の社会生活だと思う」と淡々と言った。 一方、ダブルエス301の二番目ミニアルバムは来る9日0時各種オンライン音源サイトを通じて公開される。以来、20日名古屋を皮切りに、24日神戸、26日、東京で「ダブルエス301日本ツアー2016-2017 - エターナル501」を開催する。culture@heraldcorp.com 【追記】 他の記事でキュジョン君が語った部分だけを。 元記事ここから 完全体の活動のために熱心にも表わした。キム・ギュジョンは「私たちはSS501として活動してきた、そのグループに生まれたので(5人が一緒に)活動したいという気持ちがある」とし「キム・ヒョンジュンがうまく解決されるといいと思う」と述べた。ただし、「まだキム・ヒョンジュンが軍隊で除隊しておらず、まだ心理的に難しいので活動について話してみてはいない」と付け加えた。 【追記2】 元記事ここから また、SS501の活動に対してキム・ギュジョンは「正直な話私たちはSS501というグループで生まれ活動してきたグループであり、そのためにその活動は常にしたい気持ちがある」と述べた。キム・ヒョンジュンについて「その事はヒョンと大衆の方々の心がよくなればできると信じており、ヒョンジュン兄さんがまだ除隊していないので活動の話は、負担になるだろうから、まだそのような話はしたことがない」と慎重に話した。  【追記3】 元記事ここから キム・ヒョンジュンの入隊とは別にキム・ヒョンジュンとパク・ジョンミンの合流するかどうかも関心事だ。SS501時代最も高い人気を享受したキム・ヒョンジュンはドラマ「花より男子」を通じて演技者に変身後、アジア全域で高い人気を享受した。しかし、元ガールフレンドと暴行と実子確認訴訟で私生活が公開され、画像に致命的な打撃を受けた。メンバーたちは「ヒョンジュンヒョンの事は大衆の視線と時間が解決する問題だと思う」とし「ヒョンの復帰は、軍服務中でもして心理的に難しい状況で負担にもなり、まだ話してみなかった」と口をそろえた。 【追記4】 元記事ここから しかし、先にメンバーキム・ヒョンジュンの元ガールフレンドとのかんばしくない事件に包まれたこと、完全体の活動は不透明な状況。 これに対してキム・キュジョンは「ヒョンジュンヒョンの事は大衆の方々との事」とし、「時間が過ぎれば解決されると、良くなると信じている。まだヒョンが除隊をしておらず、心理的に難しいので、活動の話を別に話したことはない」と明らかにした。   

      NEW!

      38
      テーマ:
  • 08 Dec
    • ヨンシムちゃん動画二つ

      動画が二つ~~ バックはリダのGoodByeだよ↓ここから 7時間前seung_kyoya#サッカー王#ヨンシミ#ドリブル#天才。#bordercollie#dog#dogstagram#doglife#dogs#ボーダーコリー#伴侶犬#犬#モンスターグラム#ヨンシムグリ#寒い#football#dribble#散歩#運動 もう一つは ここから 3時間前seung_kyoya#パン!演技。#俳優志望ヨンシミ。。#伴侶犬#ボーダーコリー#ヨンシミ#ヨンシムグリ#bordercollie#dog#dogstagram#dogs#犬の訓練#犬の訓練#パン訓練#演技#俳優

      NEW!

      64
      テーマ:
    • 新じゃが 【追記】あり

      「新じゃが」が穫れた。 義母が作って、夫が掘り、私が調理する。 ポテトサラダ煮付け~~シチュー肉じゃがと、ここのところ、毎日ジャガイモ料理。 つい先日まで皺皺のジャガイモを少し厚く皮をむいて調理。 それが新じゃがに変わった。 ホクホクと美味しい。 我が家の肉じゃがは他の家とは少し違う。肉はひき肉を使うのだ。玉ねぎを入れない・・・・ジャガイモとひき肉と糸こんにゃくのみ。 でも、美味しい。 子どもたちが帰って来てリクエストする料理に必ず入っている。 特に一番下の息子はこれが一番好きな料理らしい。というのも、このひき肉を使った肉じゃがは彼の提案。それまでは、牛こま肉でつくっていたのだけれど、ひき肉を使ったらと・・作ったら、ジャガイモに絡まって美味しい。表面が少し煮くずれたぐらいがいい。 みんなに好評・・・ ということで、うちの肉じゃがはよそでは食べられない味。 ジャガイモは冷めると固くなるので、出来て温かいうちに食べる。 【追記】 肉じゃがのレシピというリクエストがあったので追記を。でも、いつもいい加減に作っているので一番肝心な量がよくわからない。こんな風につくってるというぐらいで読んでね。 今は3人家族なので、20cmの小さな鍋で作るぐらいの分量。 ジャガイモを小4個ぐらいかな。皮をむいて4等分ぐらいに切る。ひき肉は合びきを100gぐらいかな?普通に入っているパックの半分ぐらい。ひき肉を鍋で炒めて火が通ったら、ジャガイモと糸こんにゃくを入れて被るぐらいの水を入れて煮る。糸こんにゃくは袋の半分ぐらい。最近は結び糸こんにゃくを常備しているのでそれを使うことが多い。ジャガイモに7割くらい火が通ったら砂糖を入れる。好みだけれど大匙2杯くらい。すりきりではなく、適当に盛って・・・全部に火が通ったら醤油を入れる。この醤油は濃い口の方が美味しい。要するに甘辛く煮るので、この味はお好みで。水は火の大きさで変わるけれど、無くなれば適当に足して。最後はほとんど汁気が無くなるまで煮る。このあたりで味を見て、味を調える。甘さが少し足りないようなら、私はみりんを足す。 汁気がなくなる少し前に一度火を止めて味をしみさせるといいかな?そして、食べる直前にもう一度火を入れて汁気を飛ばす・・・・ これで、出来るかな?できるといいけれど。ジャガイモの表面が少し潰れてひき肉と混じり合うぐらいが美味しい。 料理をしている人は当たり前のことだけど、最初から全部の調味料を入れてしまうと味が上手くジャガイモにしみないし、砂糖を先に入れてから醤油を入れる。ジャガイモに火が通る前に醤油を入れるとジャガイモが固くなる・・・・ 料理の専門家じゃないから・・でも、調味料を入れるタイミングで味が変わるような気がする・・・でしょう????      

      NEW!

      76
      3
      テーマ:
    • 2016 Double S 301カムバックショーケースETERNAL 01

      今日、301のショーケースがある。こんな501関連のソウルイベントに参加できている方が羨ましくも思うが・・・リダに出来るだけたくさん会いたいから、我慢、我慢・・・・・ 久しぶりに韓国記事から 元記事ここから   ホ・ヨンセン"キム・ギュジョン・キム・ヒョンジュン、歌上手なのにボーカルの実力よく見せられなかった"   [マイデイリー=電源記者]男性グループ トブレス301ホ・ヨンセンがボーカル実力に対する自負心を表わした。 8日午後ソウル、西大門区(ソデムング)、テヒョンドン、梨花(イファ)女子大学高サムスンホールで‘2016 Double S 301カムバックショーケースETERNAL 01’が開かれた。  ホ・ヨンセンは“私たちはアイドル グループだ。 それでダンス パフォーマンスをたくさん披露したが、今度はボーカルを見せることができるアルバムを作ろうとした”と強調した。 ホ・ヨンセンはタイトル曲‘REMOVE’も直接作った。 これと関連してホ・ヨンセンは“メンバーが皆歌が上手なのにそれをよく見せられなかった。 ダンスだけ踊るグループでないということをお見せしたかった”と話した。  一方来る9日公開される今回のミニアルバムのタイトル曲‘REMOVE’はクルブハン リズムと穏やかなメロディが魅力的なミディウム テンポのバラード曲で、別れた恋人に対する感情を簡単に消して出すことはできない心を率直に描き出していて聞く人に多くの共感を得ると予想される。  今日のショーケースは20時から↓で見られる・・・はず!! ここから  

      NEW!

      63
      テーマ:
    • 昨日のウォーキング

      昨日のウォーキング。 最後の15分ほどで予期せぬ雨に降られた。 今日は雨が降りそうという予測は天気予報が大好きな夫から聞く。 なので、たいていは出る時から今日はどうかな・・・ポツポツ来たら止めたり途中で引き返したり。 昨日は曇ってはいたけれど、予想外の雨・・・・一番、遠くで降り出したので、途中で止めることもできずに、ポツポツからだんだん普通になっていく雨の中を帰らざるをえなかった。たった、15分ぐらいのことだけれど・・・ まあ、初雨体験もいいか!!! 今日は晴れらしいので、予定通りにお部屋のワックスがけを手伝う。 そう、ワックスがけはずっと夫の仕事で、私は、ほんの少し手伝う程度だが、今日は、半分ぐらい手伝おうかな?    

      79
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 今日のリダボイス

      「そろそろお迎えの時間です早く支度くしてください」 しなくっちゃ~~~ 今日はD-66

      114
      テーマ:
    • 今、リダについて思う事 3

      今回はリダと彼女のことについて思いっきり想像と妄想が展開して、考えの違う方がたくさん出そうなので、お読みになる方は十分に注意と警戒を。事実でもない話がお厭な方は引き返してね。もう、彼女との関係など思い出したくもない方も。 リダファンの引っ掛かりはリダとチェさんの関係。とにかくそのことについては、彼女側の主張があまりにも信用ができなくて、それでも、その中に真実があるかもしれない・・何処をどう考えればいいのだろうと、最初に情報が出た段階から、もう、妄想しまくりの状態だった。 彼女が語った2年前からのお付き合い。事務所の紹介で、演技の先生として出会い、リダから猛アタックでお付き合い始まった。というお話・・・・何処を信じればいいのか。 リダも2年前からの知り合いだったと言っているから、そうなのだろうな・・と思う。 サッカー場にも出没し、リダのお友達関係の場にも出没しているらしいから、きっと、何らかのお付き合いがあったのだと思う。 リダが出廷した裁判のなかで、長い間、出てこなかったことで分かったことがある。彼女のことを想像できるキーワードがあった。それは「代行運転」。そこからの推察、彼女の職業は芸能人相手の特殊なお仕事かなと思ってしまう。最初からそうなのではという疑いはあったけれどそうかもしれないと一層思わせるキーワードだ。リダと彼女の関係の始まりが演技指導の相手というよりはそうかなと思わせる。 あのサッカー場での彼女の態度はリダに取って苦々しいものでしかないのではないか。たとえ、少し好意があった関係だったとしても、あのような態度をとる女性とは早く別れたいと思ったとリダの気持ちを推測する。そして、リダの事を考える彼女であったならば、絶対にあのような態度は取らないはず。 それを、リダは制止もできず、付き合いを続けなけらばならないこと自体に彼女がリダの弱みを握っていたとしか思えない。 リダが彼女にいいように振り回されるのは、「妊娠して流産した」という言葉ではないか。そう思わせたのは彼女側から出してきた最初の妊娠と自然流産の話だ。 どうも、その頃からリダは彼女に高額のプレゼントをしているようだし、本当に妊娠したかどうかは別にして、リダに取っては脅迫になる言葉だ。それが、彼女の気ままを許さざるを得ない状況を作ったのではないだろうか。 リダが彼女のことを「彼女」と思っていなかったと私が思う理由の一つは、最初から不思議だったツーショット写真だ。もし、恋人関係であったならば、ツーショット写真があってもいいではないか。ところが、彼女は二人が恋人関係であったというツーショット写真を一枚も出していない。正確には最後に痣写真として出したどうみてもリダとはおもえない合成写真だけだ。二人で撮っていても、そこの場は二人だけでなくグループでいて、しかも、二人の写真を撮ったのは第三者だ。もし、彼女がリダの「彼女」だったなら、ツーショット写真ぐらいあるだろうし、あるならば、二人のお付き合いの証拠としてその写真を出すはずだ。だから、彼女はリダとのツーショット写真を一枚ももっていない・・・としか私には思えない。 あるとすれば、リダの許可なく、つまりはリダが寝ている間に撮ったツーショットか寝ているリダの写真しかないのではないか。リダの寝ている時の状況はリダファンならみんな知っているよね。これは、彼女がリダを脅迫するのに使っているので、彼女は寝ているリダの写真を間違いなく撮って持っている。 では、二人の間に交わされたメールは?このメールはリダのお父さんが言っていた。編集されている・・・・ひょっとすると、創作が入っているかもしれない。 私はメール内容をすべて知っているわけではないが、ちょっと分かっただけでも不思議なことがある。公開されたメールは、リダの方がたくさん送っていて彼女のメールの方が少ない。しかも、相づち程度のものが多いように思える。普通、余程まめな男でない限り、女性のメールの方が多いのではないか。 そうすると、やっぱり、変だ。 もし、リダの携帯からが正しいとしても、それが、リダが書いたものという保証はどこにもないのだ。 たとえば、リダの携帯を使って、彼女自身がやり取りをする事だってできる。やり取りをした後で、リダの携帯からは履歴を消して、自分の携帯に残しておくという事も可能だ。 ひょっとすると、リダではない別人が彼女とやり取りをしたってこともあり得る。 そんな事を想像すると、たとえ、彼女の携帯から復元されたメールでもそれが、リダが書いたと断定できるものではないかもしれないのだ。 長々と書いてきたが、リダと彼女の関係。「彼女」だったと主張しているのは彼女だけであって、リダはあえて否定していないだけ。 だって、一連の事件の中で、恋人関係であった彼女とのトラブルの方が「代行運転」につながるお仕事の彼女とのトラブルというよりは世間的にはましな印象の様に思える。 もっとも、ファンにすれば、私のように、彼女がリダの「彼女」だったことはなかったという方が救われるのではないか。            

      133
      6
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 今、リダについて思う事 2

      リダの2度目のベストアルバムが出るときに、ファンの間では、全部持っているのに、またなの?なんて、意見が飛び交い、入隊中のリダは係っていないんじゃない?という噂も飛び交った。 でも、まずは、直筆の手紙かと思わせてくれる、リダからの手紙が入っていたこと。 そして、アルバム出た時にはちゃんとチェックしている方がおられて、そこに書かれている監修者の名前に Produsers:Kim Hyun Joog Kim Cjang Rock リダがかかわったアルバムだ!!! これで、一層テンションがUPした。 リダが作詞作曲をするわけではないので、どれ程、曲そのものにリダの気持ちが入っているのかがわからなかった。 でも、どの曲もリダが選曲したというだけでなく、細部にわたるまでリダの要望が入っているという事だ。 間接に聞いたことだが、歌詞も大切にしていて、日本語歌詞を韓国人が歌いやすいように言葉を選ぶ場合もあるが、リダの場合は、発音がむずかしくても意味がきちんと伝わることを大事にしているそうだ。 「TIMING」が出た時のはちょうど事件が起る直前。その歌詞にチェさんへの想いが入っていたらいやだ・・・ 日本語版よりもむしろ・・韓国で発売されたアルバムが、モヤモヤして聞けなかった時期があった。 チェさんが恋人だったことはない。そうあって欲しいという願望系ではなく、間違いなくない・・・そう確信できるから、歌詞をもう一度確認しながら、じっくりと聞いてみたいと思う。 このアルバム活動がなかったことは、どうしてだろう?とちょっと不思議だ。リダ自身が歌番組での順位にこだわらないという意思表示なのか、それとも、チェさん側からの不穏な動きを察知していたのだろうか。それは、考えすぎかもしれない。 SS501が活動を休止したときに、私は、はっきりと言ってショックだった。それでも、しばらくするとすぐにSS501で活動をしてくれるという甘い期待も抱いていた。 リダが「できることはすべてやった」という言葉を聞いてもやはり、SS501は永遠に一つであって欲しかった。 リダは他のメンバーより遅れて、ソロアルバムを出した。 BreakDownのショーケースに、私が思ったことをもう一度書いておきたい。このためにリダはソロになった。多くの他メンバーファンから非難されても弁解一つしなかった・・このステージを見ればその意味が分かる。 その時の私の感想、お読みになりたい方はどうぞ。ちなみに動画は既に削除になっている。1 2 3 4  このアルバムがリダの意見がたくさん入ったアルバムだという事は知っていた。そして、このショーケースの時に言っている。 初めてプロデューサーに挑戦した”これが僕だ”と言えるものを見せたかった伝えたい僕の全てを詰め込んだアルバムです  この後のアルバムもぜ~~んぶがリダ!!誰かに言われて作ったアルバムじゃない。リダの歌いたい歌が、したいことが全て詰まっている。 分かっていたようで分かっていなかった。   

      178
      4
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 今、リダについて思う事

      私は音楽にも演技の世界にも全く詳しくない。 だから、それらについて解説する力なんて全くない。 でも、感じるものはあるから、いいものはいい、好きなものは好き!! リダの魅力をずっと語り続けてきたように思うけれど、そんなことも含めて、リダと事件のことや、リダと彼女のことや、私の勝手な想いを、今の段階で、書いてみたい。 きちんとまとまらないかもしれないけれど、私の妄想かもしれないという前提で、読みたい方だけ読んでね。 情報や事実だけを知りたい人はスルーを。リダについてあれこれ想像して欲しくない人もスルーを。 私にとって都合にいい解釈をしてるかもしれないけれど、どこからもあったことがちゃんと語られることはないだろうから、ならば、気持ちよく応援できた方がいい。 私は私なりの解釈でストンと落ちてる。でも、それがそうとは思えないものが心の中で残るという人は結局は、それを抱えていくしかない。 結構、まとめるのに時間がかかりそうなので、ゆっくりと時間をかけて書くつもり。 リダの女性関係のことについて、本来ならファンは知らなくてもいい事をこんな状況が状況だから、あれこれと想像してしまった。はっきりと言って最悪の状況まで想像して、チェさんの言う通りにチェさんとは恋人関係であったと・・それでも、リダを好きでいられるか。最初の頃は情報が限られていたので、そんな事もあり得るか・・と想像した。特に、彼女と交わしたメールを彼女側から出された時に内容はさて置き、そんなに頻繁にメールを交わす関係なら、お付き合いはあったとしか思えないと。でも、リダがよりを戻す気持ちが無いのであれば、どうであろうと、リダを好きでファンでいつづけられる、そんな覚悟ができた。もちろん、そうではないことを願ってはいたけれど。これからも、新しい事実が出て、私の想像した内容がひっくり返ったとしても、その気持ちは変わらない。 今の私の心境。リダは彼女と身体の関係はあっただろうけれど、恋人関係ではなかったと思う。もちろん、私が思うだけ。でも、疑いじゃなくて、私はそう信じるってこと。なんども日本語に訳すと「元カノ」本人もそう名乗ってる「元カノ」。でも、「彼女」だった時期はなかったと思う。だから、彼女は「元カノ」でもない。 何故、そんなことにこだわるかというと、リダの曲を聴いたり、宇宙ガールを見た時に、そこに歌われているのが彼女だったら・・・と思うと、何か、心から気持ち良くなれないものが残るから。 それが、彼女じゃない・・・って、はっきりと思うことができれば、心のひっかかりがなくなる。 きっと、そんなリダファンを多いのじゃないかな。私もずっとその辺りの引っ掛かりを抱えていた。それがなくなると、どの曲を聴いても心の奥がざわつくことがない。 取りあえずはそういうこと。      

      175
      11
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 今朝のわたし

      今朝は晴れ。 昨日、落ち込むことがあったけど、それを朝も引きずっていたけれど、それが、ピカッと晴れた。 実は、昨晩、その不愉快事を聞かされていた夫から、言葉にはしないけれど、もう、いい加減にしな・・というニュアンスを感じて、その事が、また私の神経に触れてしまった。で、怒りをぶつける先が夫になったが、そうなっている自分を自覚しながら、少しの時間ぐらい私の愚痴を愚痴として聞いてよ!と訴えた。 夫のいいところは、そこで、私のいう事をしばらく聞いてくれたこと。 そうそう、それで、私の気持ちは慰められるんだ。そんな人がいるだけで未熟な私もなんとか頑張れる。 でも、ダウンした気持ちは今朝も引きずっていた。 それを、↑に変えたのは、なんと、リダ・・・ これも変なんだけど、リダって素敵だなと思うことがあって、これから、今以上に前向きにリダを応援したくなった。 そんな些細なことが、自分を元気にさせる。 さあ、元気に年末に向かうぞ!! 私を落ち込ませた張本人に、今日は会いに行くけれど、少しは優しい気持ちになって行けそうだ。 負からは負の感情しか生み出さないから、私は明るく会いに行こう。     

      138
      6
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 叱られ中

      すご~~~く不快なことがあって、夫にも八つ当たりして・・ で、ヨンシムちゃんに癒されようと思ったら、ヨンシムちゃんは叱られてた・・・・  seung_kyoya布団におしっこもらして叱られ中...#ヨンシミ#ヨンシムグリ#ボーダーコリー#お漏らしをした子#bordercollie#dog#dogstagram#モンスターグラム#doglife#伴侶犬#犬#叱られ中   

      111
      テーマ:
    • 休養日

      私のブログをずっとお読みの方はお家の床の張替え工事をしていたという事はご存知と思う。 これが、私のソウル旅行から帰った翌日に始まり、東京行の前日にすべて終了という・・・私の行動日程に合わせたように始まり終了した。 工事中は毎日人が出入りするので落ち着かないが、基本的にはその前後の片付けの方が大変。 東京から帰った昨日に最後に残った本をある程度本箱に入れて、一応、表面上は終了。実は、自分の部屋の衣料類の整理は使い勝手にいいようにやり直さなくてはと思っている。が、今日は・・・一日、ほとんど何もせずにだらだら過ごした。やはり、歳を取ると休養日が必要なようだ。 以前は、本の置き場から、夫の物置になっていた書斎部屋が綺麗に整理されて夫の書斎になった。 すると、壁には自分の好きな山の絵や写真を飾り、棚には、自分のお気に入りのものを並べている。 自分の部屋・・を持つと飾る楽しみも出てくるようだ。 一応、そこに私がパーソナルチェアをプレゼントする予定だが、工事が終わってから一緒に見に行くことにしているので、部屋の真ん中はがらんとした空間だ。 さあ、私はどの部屋を自分仕様に飾ろうか?それには、まだまだ時間がかかりそうだ。 とにかく、今日は私の休養日。     

      90
      テーマ:
    • 301記事

      久しぶりの長いインタビュー記事 元記事ここからDouble S 301「Sechs Kiesのように再結成したい」 デビューと同時に第2世代ボーイズグループの華やかな全盛期を導いたSS501。7年という空白期間をすごし、数々の紆余曲折を経てさらに強くなって戻ってきた。もう目を見るだけでお互いの気持ちが分かるというDouble S 301。だからこそ、もっと信頼して見守りたいDouble S 301にインタビューした。 お久しぶりです。これまでどのように過ごしていましたか?ホ・ヨンセン:キュジョンと僕は兵役に就いていました。また、ソロ活動もしました。キム・キュジョン:一生懸命遊びました。ハハ。ミュージカルもしましたし。日本と韓国で同時放送されるドラマにも出演して、中国のドラマにも出演しました。僕たちは空白期間が長かったので、休んでいたと思われるかもしれませんが、皆少しずつ個人活動をしていました。色々なことをしていると、時間がすぐに経ってしまいますね(笑)キム・ヒョンジュン(末っ子):休んではいませんでした(笑) グループ活動を休止している状態で、ソロ活動をすぐに始めました。日本で個人活動をたくさんしました。ソロアルバムも発売して、コンサートもして、韓国ではドラマを4本ほど撮影しました。若い年齢で毎日ドラマや週末ドラマに出演して、たくさんの良い経験をさせていただきました。様々な活動をして、グループ活動にすごく役立ちました。  ―キム・ヒョンジュンさんのティーカップ犬はネットで大きな話題となりました。すくすく育っていますか?キム・ヒョンジュン:すごく良く育っています。今年で7歳、人間の年で50歳です。ハハ。体重が増えて13kgほどになりました。実はティーカッププードル詐欺に遭ったわけではありません。トイプードルはそれぐらいまで成長すると聞いたんですが、違いますか? うちのチョコはスタンダードにもならないみたいです(笑) あの方は本当に温かい心でくださったのですが、誤解されてしまって店を閉めたと記憶しています。申し訳ないと伝えたいです。―キム・キュジョンさんは公益勤務をしました。故郷で服務をしたので、多くの方々が歓迎してくれたんじゃないですか?キム・キュジョン:たくさんの人に気づいていただけて、嬉しかったです。でも、全州(チョンジュ) 出身の有名な芸能人は本当に多いんです。INFINITEのソンギュは僕の高校時代の後輩です。全州の人だと喜んでくれて、本当に嬉しかったですね。レストランに行くとサービスもしてくださりました。ハハ。公益勤務をして1年ほど経った頃、友だちと遊びに行くと、まだ終わってないのか、仕事しなきゃいけないのに、と心配してくれる方々もたくさんいました。  ―ホ・ヨンセンさんはMBC「覆面歌王」に出演しましたが、ためらいはありませんでしたか?ホ・ヨンセン:ためらう部分はありませんでした。声だけで評価されるものなので、本当に出てみたいと思っていたんです。果たして人々が僕の声をどれほど知っているかも気になりましたし。―メンバーが2人減りました。不在感が大きいのでは?キム・ヒョンジュン:2008~2009年頃、初めて3人でやりました。「U R Man」という曲でした。5人いる状態から3人になって、あの時はプロジェクト(グループ)だと思って、特に不在感はありませんでした。でも今は、僕たちは501だったのに、301になったんだと思います。301という名前は少し慣れないんですが、一緒にやってきて12年を超えていますし、目を見ただけでどんな状態か分かるので、不在感というよりは面白いです。グループ活動する感じで、楽しくて良いです。―Double S 301に名前を変えた理由はありますか?ホ・ヨンセン:以前「U R Man」で活動した時、僕ら3人でしばらくユニット活動をしていたんですが、あの時は特にユニット名を決めずにSS501として活動していました。あの時、多くの方が紛らわしく思って、スタッフの間で僕たちは301と呼ばれていました。だから今回は501が良いか、別の名前が良いか、すごく悩みました。僕たち同士で話し合って、501は5人で活動する時に使おうと決めました。  ―新しい気持ちで戻ってきたと思いますが、1番心配していた部分と期待していた部分は何ですか?ホ・ヨンセン:僕の場合、軍服務を終えた時、時代の流れについていくことが1番不安でした。実際本当に久しぶりの活動なので、ファンの方々に対する不安もすごくありました。負担というと、格好良く映らなければならない、良い音楽を持って出てこなければならない、という考えが大きかったんです。しかし、いざアルバムを出してみると、成功するかどうかが重要なわけではなく、僕らで最初のアルバムを出したことが重要だったのです。僕らが団結してもう1度一緒に活動することです。特に、ファンの方々からSS501が解散したという話がたくさん出たのですが、解散ではなく、一緒に活動できるという予告編を見せたのだと思います。キム・キュジョン:久しぶりに一緒にやるというトキメキが大きかったと思います。活動は一緒にしていなくても、飲み会で面白そうだと話していたことが実際に進んだので、トキメキもありました(笑) 不安なのは誰でもそうだと思いますが、これまでのブランク、それを僕たちがどのように乗り切るかについてたくさん話し合いました。楽しもうとお互いに話しました。キム・ヒョンジュン:多くの時間が経ちました。僕たちはそのままなのに愛してくださる方々が離れていったんじゃないかと不安でした。3rdアルバムですが、今は多くの方々が褒めてくださいますし、後輩の皆さんも格好良いと言ってくれます。期待していたのも、僕たちを忘れていないはずだということ? 正直、愛されるはずだと期待していました。ハハ。100%ではなくても、それでも70%ほどは愛されていると思うので、集まって良かったと思っています。  ―修学能力試験(日本のセンター試験に相当) 禁止曲である「U R Man」が多くの人気を得ました。また、活動する予定はありますか?キム・ヒョンジュン:実は「Pain」というアルバムが「U R Man」の後続曲として出した楽曲でした。作曲家も同じです。今、全体的にSS501らしい曲について考えています。大きく外れない音楽をです。だから「Pain」という音楽を出したのです。映画のように続編が上手くいかない場合はないと思います。ハハ。オリジナルが良いでしょう。そしていつも「U R Man」という曲に感謝しています。若い子たちが検索もしてくれて、僕たちを知るきっかけになりましたから(笑)―初めて見る後輩アイドルたちが多いと思いますが、注目している後輩はいますか?ホ・ヨンセン:最近は本当に皆上手ですね。歌手なので音楽番組をよく見るんですけど、全部に目が止まります。テレビ局で僕たちと一緒に活動していた人たちが放送に出ると嬉しいです。SHINeeのテミンくんも時期が重なって一緒に活動したんですけど、本当に嬉しかったです。キム・キュジョン:以前は他のグループはどのようにしているかチェックしていましたが、Double S 301で活動する時は楽しく見入っていました。そのようにできる情熱が可愛いと思いました。冗談で、ヨンセン兄さんがあのようにしたら数ヶ月で膝がいかれるだろうなあと心配もしました。ハハ。何も分からず一生懸命やっている姿が本当に可愛く見えます。キム・ヒョンジュン:僕はEXOです。格好良いです。音楽スタイルが良いと思います。ガールズグループはI.O.Iです。リアリティ番組を見たんですけど、努力する姿が良かったです。自分の練習生時代も思い出しました。番組を見ながらドリームチームみたいだと思いました。期待感もありましたし(笑)  ―30代をどのように過ごしたいですか?ホ・ヨンセン:20代はアイドル活動をしながら過ごしましたが、これからはより成熟したイメージに合う活動をしたいです。また、忙しくてできなかったこと、何も分からなかった時は事務所から言われたことだけをしていたようでしたが、今は何でも楽しくやりたいです。たくさんの思い出を残したいし、頭の中に写真を1枚1枚残すように、記憶に残ることをしたいです。キム・キュジョン:ヨンセン兄さんの言葉に共感しています。これからは一つ一つ全部記憶に残したいです。後で話し合うことができるように。20代をはっきりと覚えていないのが残念です。キム・ヒョンジュン:20代は本当に頑張って突っ走ってきたと思います。趣味をしてみたいです。最近はゴルフを隔週でしています。それから家族と一緒にたくさん過ごしたいです。良い人たちと旅行に行きたいし、余裕を持ちたいです。―結婚の話は欠かせません。結婚の計画は?ホ・ヨンセン:結婚願望は以前からありませんでした。独身主義なので(笑) 親戚たちが皆僕と同じ年頃で、1人2人結婚しているので、歌を歌いによく行っています。お婆さんや親戚の方々から「もうヨンセンの番なのに」と言われるたびに、ただただ笑っています。でも仕事柄、余り行けていません。最近は結婚をしないのも親不孝かもしれないと思っています。両親の友だちは皆、孫を見たので、見たがる年になったと思います。でも、状況が整って、愛する人ができた時にしたいです。キム・キュジョン:早くしたいです。しかし、結婚している周りの方々に止められています。ハハ。結婚する相手に会うと、この人だという感じがあるそうです。いつかは来るんじゃないでしょうか。今すぐにはないですね(笑)キム・ヒョンジュン:40歳になるまでにはやります。30代のうちにね。ハハ。  ―“第2のSechs Kies”として有名でしたが、最近Sechs Kiesがメンバー揃って精力的に活動しています。どんな心境ですか? 再結成する可能性もありますか?ホ・ヨンセン:もちろんしますよ。どうしても男性たちは軍服務の時期が違うので容易ではないと思います。今は他の2人も兵役中なので、上手く調整できれば、皆仲が良いし、後日再結成することになるんじゃないでしょうか? 3人が集まったのも、5人が集まるための事前作業みたいなものなので(笑)キム・キュジョン:やらなきゃ。Sechs Kies兄さんたちのように集まりたいです。キム・ヒョンジュン:僕たちには偶像みたいな人たちです。再び活動しているのを見て、僕たちもああしなきゃと思いました。先日MBC「デュエット歌謡祭」のパネルとして出演しました。Sechs Kiesのカン・ソンフン兄さんが出演された時です。近くで見られて本当に良かったし、ロングランする歌手が成功するものだなあと、一生懸命生きようと誓うようになりました(笑)―今回発売されるDouble S 301の音楽はどんな音楽か紹介してください。ホ・ヨンセン:久しぶりに発売されるアルバムですが、僕がプロデュースしたので本当に期待しています。それから今回は僕が作詞・作曲を2曲手がけました。今回のアルバムで1番大きなポイントになる部分は、アイドル的な色を抜いた点です。ダンスグループであるため、これまでパフォーマンスをたくさん披露しましたが、実はすごく悩みました。準備しながらメンバーたちが1番得意なことを今までお見せできなかったと思いました。それぞれが持つ綺麗な声、良いカラーを表現できる音楽を盛り込んだ楽曲、アルバムだと思います。(インタビュー:イム・アヒョン、グラビア進行:キム・ドゥリ、スタイリング:イ・ジオン、フォトグラファー:イ・ギョンジン)元記事配信日時 : 2016年11月22日09時00分 記者 : イム・アヒョン  

      77
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 私の考え

      この件について書くときはいつも、緊張するし、果たして書いていい事なのかな?ファン同士の争いにならないかな?と不安になったりもする。 判断は受け取った方がそれぞれしてくれたらいい事であって、リダへの応援の仕方も、どれが正しいという事もなく、自分の好きな方法でいいと思う。 ただ、リダの迷惑にならない限りは!! 特に行動を起こす時はよく考えないと・・・・ リダの除隊が近づいている。もう、その事だけで気持ちが上昇だけれど、その除隊後の活動についての事だ。 私はずっと自分のブログで自分のスタンスを書いてきている。つまり、事務所に対する自分の考え方だ。それが、韓国ファン(全員かどうかは分からない)の考え方と大きく違っている。そして、韓国ファンと一緒に活動されている方との考え方と大きく違っている。 基本はリダについて行くだけ・・・ でも、リダの考えを直接に聞いたファンはいるのだろうか?私はいないのではないかと思っている。もし、聞いたとしても誰かから間接的にのように思う。その、間に入っている人物が果たして信用のおける人物なのか。日本で韓国ファンと行動を共にされている方はそこまで確かめての行動・・・なのだろうかと思う。 私は、これまで見てきた流れやリダの性格から、今の事務所を離れて活動をすることはないのではないかとみている。何度も言うが私の考えだ。 韓国ファンは今の事務所を離れてどういう形でリダが活動することが望ましいと考えているのだろうか。自分たちファンだけで、こじんまりとした会場でライブ活動をする。それで、十分なのだろうか。日本での大きな会場でのツアーなどはできないだろう。ドラマ出演はどうだろうか。今の事務所にいてこそ、オファーが来そうに思う。 私は以前はファンが主催するファンミが実現したらうれしいなと思っていた。ファンサイトもファンが運営すればもっと愛情あふれるものになるのに・・ でも、この事件を通じて、いろいろ考えることが増え、少し、客観的にも見ることができるようになった。 スターはファンと直接結びついてはいけない。だからこそ、嫌がられても、そこに事務所が間に入る必要があるのだ。 一見、ファンが主導というのは聞こえがいい。だが、誰が主導するのか?最初は共にかもしれないが、やがて、主導権争いになりかねない。スターが特定のファンだけと結びついて仲良くする。では、それ以外のファンは心穏やかにいられるのか。 ファンはできるだけ平等に扱って欲しいとは思っていないか。 韓国はファンカフェ文化がアイドル文化を育ててきたのであろうけれど、それがトラブルの要因になったりもしているようだ。リダの事務所はそのような韓国流のやり方から脱却したいと考えているらしい。他の事も含めて、きちんとした契約をして、責任をもって契約を履行するという方針。それが、他の事務所の猛烈な反感を買っているということが、キーやJoonに対する言いがかりとしか思えない様な事件につながっている。 他の方のブログでも読んだことがあるが、日本の業界でのキーの評価は高いらしい。むしろ、韓国芸能事務所で、まともな契約をして履行してくれるのはキーぐらいとか。 その辺りの事を認められない人たちがリダを事務所から引き離したがっているとしか思えない・・というのが私の考え。 リダの除隊後の活動をすぐに開始してもらうためには事務所のバックアップは必要。 リダは「芸能人」。業界事情をよく知っていると思うし、自分がJoonや事務所からどれ程大切にされてきたかを知っているし、リダは人一倍義理堅い・・とすれば、除隊後の活動は今の事務所でと考えているとしか思えない私がいる。 韓国ファンはその事務所を対応が悪く、リダを大切にしない事務所ときめつけているわけだから、その韓国ファンと一緒に行動するという事はリダを事務所から引き離すことに協力するということだと自覚すべきだと思う。 リダは韓国人。だから、リダが韓国ファンを大切にするのは当たり前。でも、その韓国ファンは果たしてリダのためにと行動しているのだろうか。ひょっとすると、外国、特に日本での活動が中心になってしまったことが嫌で、なんとか韓国に引き戻したいということが全てに優先する考えになってしまっていないだろうかと私などは思ってしまう。 一度、確認して見て。リダがソロになってからの軌跡。リダはしたいことをしたいようにさせてもらってはいないか。事務所にお金をかけてもらっていないか。他に事務所に行った方が成果があったと言わせるほど不満足なものか。 私が、最初はなって欲しくないと思った「韓流スター」としてのリダの成功はもちろん、リダ自身のもつスター性と努力があるに違いないが、今の事務所に移って、そしてJoonのバックアップがあったからこそできたと思う。 そして、リダの事務所。リダがいなくなって困る事務所だろうか。リダが重要な看板スターであったことは間違いないが、いなくなったからといって困る弱小事務所ではない。 リダが事務所をないがしろにした行動を望むわけも、できるわけも、するわけもないと思う。 こんな意見のリダファンブロガーは少数派かも知れない。だからこそ、一意見として書いてみた。 どう考えるかは、一人ひとりの判断。           

      184
      18
      テーマ:
    • リダへの過去のインタビュー記事

      調べ事をしていて、 リダの過去インタビュー記事に出会った。   以前にもUPしているはずだけれど、 再度、じっくりと読んでみた。   このインタビューの時期は感激時代が終了してすぐ。 多分、リダ自身は「演技」という一つの大きな仕事を終えて、 次の「歌」に向けて、取り組んでいる時期だろう。   そして、今の彼女との事件が起る直前。   私の妄想の中では、 いろいろ事があった時の本命彼女とのお付き合いの真っ最中。   これに関して、いろいろな感想をお持ちの方がおられると思うが、 裁判の中で、名前こそ出さなかったけれど、 チェ弁の言葉はある人物を特定していると私には思える。   そして、リダが浮気男でいろいろな女性と付き合ったように見せかけるために 違ったイニシャルを出してきているけれど、 それは、一人の女性ではないかと思う。   私たちがどう思うかは別として、 私にはリダ好みと思えたし、 撮影開始当初から仲がよさそうで、 これは、付き合っても不思議じゃないなと私は思った。   もちろん、あくまでも私の推測だけれど、 いろいろな流れのなかでは・・・ 当たっているのじゃないかな?   これが正しければ、私的にも充実している時期。   これから起こることについても予測できなかった時期。 最後の言葉が・・・・・   また、大衆芸術をしている人として多様な魅力を披露すると同時に社会的な問題を起こさないよう気をつけたい   その後、普通の問題どころか、 大スキャンダル!になってしまった。   再読して、 ここはと思うところは赤の字にした。   ただ、一か所。 この訳で合っているの?   それに「携帯メールもないから、誤解を招くこともないだろうな」と思った   正しければ、携帯メールがあることが誤解を招くってことかな?     元記事 ここから   キム・ヒョンジュン、入隊を延期していた理由は…?「人々の記憶から消えたくなかった」 2014年04月07日18時37分   本当に正直だ。自分が考えていることも隠さずに話してくれた。しばらく考えた後、低い声を吐き出した言葉には自分の人生に対する確信から生まれた自信までを感じるほどだ。次回作の計画を聞く質問に「正統派メロドラマに挑戦してみたいです」と話すキム・ヒョンジュン、彼はいつの間にか男性の香りを漂わせる本物の俳優になっていた。 最近、SS501のリーダーキム・ヒョンジュンはKBS 2TV「感激時代:闘神の誕生」(以下「感激時代」)のシン・ジョンテ役で人々の前に立った。“150億ウォン(約14億円)が投入された大作”というタイトルよりも感心を集めた部分は、まさに彼の演技変身だった。企画当時は彼が演じる役がアクションと感情演技を演じなければならなかったため、心配の声も上がったが、キム・ヒョンジュンは危機をチャンスに変えることに成功した。むしろ心配と不安が漂っていた「感激時代」の唯一の成果が、“キム・ヒョンジュンの再発見”だったと評価された理由だ。 今年で29歳、俳優であり男として重要な岐路に立ったキム・ヒョンジュンは、考えることが増えた。俳優として最初のターニングポイントを迎えた彼は、謙遜さを失わなかった。「大衆芸術をする人として悩まなければならないことが増えた」と打ち明けた彼の真剣な表情から、演技に対する渇望と目標を伺うことができた。今日よりも明日が期待される、そして彼を見守る人々にも期待感を抱かせる俳優キム・ヒョンジュンは、そのように更なる進化のためにターニングポイントを準備していた。   ―簡単ではない過程だったと思う。3ヶ月間共にした「感激時代」を終えた感想はどうか。 キム・ヒョンジュン:1年のように感じた3ヶ月だった(笑) 「感激時代」は昨年の6月から準備した。ここ10ヶ月間“シン・ジョンテ”という人物をどう表現したらいいのかたくさん悩んだ。辛い時もあったが、最後まで作品を愛してくれた視聴者の方々のおかげで最後まで無事に終えることができた。 ―ドラマが放送される間、ずっとキャラクターに没頭している姿が印象的だった。どんな心構えで作品に臨んだのか。 キム・ヒョンジュン:すべてのシーンを100%全力を尽くして撮影した。すべての瞬間に最善を尽くして集中しようと努力した。今回の作品で認められなかったら、自分は演技に素質がないということを受け入れる覚悟をしていた。   ―単独主演俳優であるだけに心配の視線も多かったが、ドラマの前半で嗚咽する演技で、そのような心配を払拭した。 キム・ヒョンジュン:嗚咽も嗚咽だが、演技をそのような観点でばかり見ているようで残念だ。怒る演技、笑う演技、悲しい演技、毎瞬間の演技をする全ての感情が嗚咽以上に難しい。スプーンを持つ姿も悩んだ末に表現できた演技だ。常に台本から出ること以上の何かを想像するために努めた。父の写真を見ながら彼の人生と行動を想像し、妹を見ながら細かな習慣や言葉遣いまで想像してみようと努力した。毎日のようにそのことだけを考えていたので、夢も「感激時代」の夢を見た。寝たとしても1日2~3時間しか眠れなかったけど、その時も夢でシンイチ(チョ・ドンヒョク)とワン・ベクサン(ジョン・ホビン)が僕を追ってきた(笑) そんな時は、この作品に本当に没頭しているんだなと思った。 ―「感激時代」を通じてあなたが得た最も大きな成果は、KBS 2TV「花より男子~Boys Over Flowers~」の中で礼儀正しいイメージを消したことだと思うが。 キム・ヒョンジュン:あえて「花より男子~Boys Over Flowers~」のイメージを消そうとしたことはない。イメージを選択するのは大衆がすることだから。ただし、そのようなロマンチックコメディジャンルで見せられる演技にも限界があると思った。男の強さを強調する時代劇を選択したことも、自ら演技を通じてターニングポイントを作ってみたかった。地道に準備をしただけにそのような感情を表現する方法は、僕に似合うキャラクターを見つけることしかないと思った。 ―演技力で得た好評にはアクションシーンに対する評価も含まれていた。初めて挑戦するアクションは簡単ではなかったと思うが。 キム・ヒョンジュン:アクションスクールに何日か通ったが、たくさん練習をしたわけではない。アクション演技を学びながら一番記憶に残る話は、「アクションシーンは相手役と息を合わせることではなく、感情を表現すること」だった。何も知らない人同士で喧嘩することと、恋人同士で喧嘩するのとはまったく違う。後者のアクションがより難しくて、感情も複合的だ。「感激時代」を通じてアクション演技に対する考え方が大きく変わった。 ―今回の作品に対する個人的な満足度はどうなのか。満足できる成果を収められたのか。 キム・ヒョンジュン:思った以上に評価が良かった。たけど、今後もより成長しなければならないと思う。ここで安住したり、もう一度“シン・ジョンテ”のような演技を見せるのは意味がない。今の成果を越える何かを見せなければならない。芸術は終わりがないから、これからも続けて新たな演技に挑戦したい。 ―作家交代から制作費をめぐる論争に至るまで、「感激時代」は放送中、色んな問題に悩まされた。演技に影響を受けなかったのか。 キム・ヒョンジュン:複雑な気分だったが、不満はなかった。とにかく主演俳優として撮影を続けなければならなかったから。台本を覚える時間が5分しかないといっても、そのような状況で最大限に演技を引き出せるように準備した。作家が交代したこともそれほど影響は大きくなかった。すでに僕はほとんど“シン・ジョンテ”になっていたので、どんな状況でもキャラクターに合わせて演じることができた。それだけではなく、俳優同士の息がぴったりだった。大変な状況に置かれたにもかかわらず、これほど素晴らしい作品に作り上げられたのは、俳優たちの役割が大きかった。撮影する間は、そのシーン以外のことは何も考えないくらい、みんなの集中度が高かった。   ―作品が終わった後だから話すことだが、「150億ウォン(約14億円)が投入された大作にしては視聴率が低い」という評価も多少あった。それだけ、最初から「感激時代」は作品以外のことで関心を集めた作品である。その負担感をなくすことが、もう一つの課題だったと思う。 キム・ヒョンジュン:こんなこと言ったらどう受け止めるか分からないが、実は、プレッシャーはまったく感じなかった。“キム・ヒョンジュン”だったら当たり前に緊張して、負担になっただろう。だけど僕は「感激時代」の中では、“キム・ヒョンジュン”ではなく“シン・ジョンテ”だった。ジョン・ジェファ(キム・ソンオ)と一緒にパンサムトンの人たちが僕にひざまずいた時、自然に涙が流れたこともそのような理由だからだ。作品への期待に対する負担より、共にした同僚を守れなかった申し訳ない気持ちが大きかった。配役としても、作品以外のことに対しても。 ―長くない演技経歴の中で現代劇に続き、時代劇まで経験した。二つの中で自分に似合う分野はどっちだと思うのか。 キム・ヒョンジュン:時代劇の方が難しい(笑) 台詞のトーンやジェスチャーなどを節制しなければならない。限定された範囲内で感情を表現することが難しかった。一方、時代劇の強みと言えば、演技を通じて“過去を生きる”ことだ。“タイムマシーン”が実際に存在したら、それが時代劇だと思う。時代的な感性、文化、事件をこんなにリアルに感じることができるのは、時代劇しかないと思う。僕も「感激時代」を撮影しながら多くのことを感じた。「1930年代はこんなに寂しい時代だったんだな」「家族を守りたくても拳しかないんだな」、それに「携帯メールもないから、誤解を招くこともないだろうな」と思った(笑) ―歌手として活動する際の、海外の堅固なファンダム(特定のファンの集い)が、俳優活動を並行したことで今後一層堅固なものになりそうだ。俳優として海外に進出する計画はないのか。 キム・ヒョンジュン:正直よく分からない。いくらダビングをして字幕を付けても、単純に人気を得るために意味も分からない言語で演技をするのは問題があると思う。もともと“本物”ではないものはできない性格だ。外国語を学びたいとは思うけど、それが日本語や中国語ではない。おそらく学ぶなら、英語になるだろう。英語の方がたくさん使われる言語だから。僕が多様な言語を学ぶレベルではないけど(笑) ―そのような点で“俳優イ・ビョンホン”を見たらどんなことを感じるのか。韓国俳優の中で正式にハリウッド市場に進出した数少ない俳優の一人だ。 キム・ヒョンジュン:本当に尊敬している。先輩が演技している姿を見ていると、本当に外国の人が母国語で演じているようだ。正確に言語を駆使し、その言語に盛り込まれた感情を認知して演じる演技。僕もどうせやるなら、先輩のようになりたいと思った。 ―“歌手”と“俳優”で代わる代わる大衆に会っている。特に最近はその中でも“俳優”に重点をおいた。自分では自身のアイデンティティをどう決めているのか。 キム・ヒョンジュン:歌手の血も流れており、演技者の血も流れている。2つとも優秀ではないけど(笑) いずれか一つを選ぶより2つを並行し、その方法はもう少し悩む必要がある。「歌手出身俳優はどうして認められないのだろう?」と考えてみたら、イメージが消費された後なので、彼らの演技が気にならないからだという結論を出した。どっちでも大衆がイメージを忘れる時間を与えなえればならない。だから当分の間、歌手活動はツアー中心になりそうだ。   ―「感激時代」で最初のターニングポイントを迎えた。俳優としても重要な一年になった。今後どんな計画を立てているのか。 キム・ヒョンジュン:俳優としては美しいメロドラマに挑戦してみたい。ラブコメディは「白い布と風さえあればどこにでも行ける」(キム・ヒョンジュンは「花より男子~Boys Over Flowers~」の台詞を引用し、「それは凧を説明する言葉で、そのような名台詞は今後100年間出ないだろう」とし、笑いを誘った)のように、正直言葉にならない台詞が多い。メロドラマは日常にあるタイトルなので、その部分をより深く探求してみたい。 ―男としてはどうなのか。今年で29歳だ。以前より考えることが増えたのでは。 キム・ヒョンジュン:男としては来年軍隊に行く計画だ。(―人々から忘れられることに対する不安はないのか)正直に言って、今まで大衆の記憶から消えたくなかったので入隊を延期していた。別の言い方をすれば、これまで、入隊前までにやれること全てをやり尽くしたと言えるだろう。後悔がないので不安もない(笑) 軍隊に行って、忘れられるという心配より、自分を振り返る時間を持ちたい。行って来た後は、より成熟した演技をお見せして、音楽はファンの愛に報いることができるように自分の音楽的カラーが盛り込まれたバンド音楽に挑戦するだろう。また、大衆芸術をしている人として多様な魅力を披露すると同時に社会的な問題を起こさないよう気をつけたい(笑)     【追記】   ついでにあの頃、 プライベートの追っかけを止めて欲しいと キーイーストからのお願いが出た。   これが2014年4月14日のこと。 私の推測だが、 リダはお付き合いのある彼女を守ろうとしたのではないだろうか。 それが、みんなが分かる芸能人だから。 なんとなく、その時もそんな気がしていたが、 今はそれが間違いないという気がする。   その時の私の過去ログ ここから   リダは、 執拗な追っかけファンを嫌っているようだ。 嫌いなファンの顔もちゃんとチェックしていそうだ。 そんな悪印象を持たれるファンにはなりたくないものだ。   この時にプライベートなリダを追っかけていた方々は 私的なスケジュールも知ることができたようだが、 今はどうしているのかな?            

      100
      テーマ:
  • 01 Dec
    • ヨンシムちゃん

      ハウス訓練の様子・・・ ここから seung_kyoyaケンネルをとっくに買って与えるべきだったが遅れた〓〓。それでもハウス訓練は、20分でできた。賢いヨンシム。  

      78
      テーマ:
    • [Double S 301(더블에스301)] - REMOVE (TEASER)

      301新アルバムのティーザー公開。 [Double S 301(더블에스301)] - REMOVE (TEASER) 作成者:CI ENT  

      48
      テーマ:
    • 帰途へ

      今回は、キュジョン君ファンミとお友達との逢瀬で予定を終了。羽田へ向かう電車の中、帰路についている。キュジョン君のファンミで東京にやって来たが、その間を縫って、お友達とのおしゃべり。お泊まりをしてのおしゃべり。会う人もおしゃべりの内容もそれぞれ。みんなリダ関連で繋がっているけれど、出会いも、お付き合いの長さも違っている。今回初めましての方とは、本当にお会いしたくて、お話できて、中身の濃い時間だった。都合をつけて会ってくださってありがとう。そして、私にしては珍しく、せっかくある美術展にも行かずにお家に帰る。片付けが待っているけれど今日は、もう何もしないかなあ。

      98
      テーマ:
  • 30 Nov
    • キュジョン君 フォトタイム

      最初は舞台が明るすぎて、顔が飛んでる。だから、やり直して、少し顔が見える。【追記2】二部のフォトタイム。しきりにピンクのスーツを気にして照れていたけれど、似合っていた!!

      132
      4
      テーマ:
    • 東京へ

      半月ほど前に来た空港。前回は国際線で、今回は国内便。スムーズに保安検査を通ることができた。今回の東京行きは純粋にキュジョン君ファンミのみ。昨日、いろいろ忙しくて、実は今日の予習ができていない。でも、まあいいか!!今日、ご一緒してくださるみなさま!どうぞ、よろしく。今回は空の旅を楽しもうと久しぶりに窓側席を取った。いつもは、楽なので通路側を取るのだけれど。わ〜い!!これって、小豆島だよね。逆光だけれど。【追記】美味しいランチを食べて、来たのは勿論 、ここ!2時間のファンミとハイタッチは終了。

      122
      テーマ:

プロフィール

SS5469

性別:
女性
血液型:
A型
自己紹介:
2010年1月!ユン・ジフに出会ったことから、リダとSS501の存在を知り、今では毎日がリダと501...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 168

読者になる

お気に入りブログ

ランキング

総合ランキング
871 位
総合月間
1140 位
自己満ブログ
13 位
韓流・K-POP
48 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。