無実を訴えながら1987年に95歳で獄中死した「帝銀事件」の平沢貞通元死刑囚が制作した金屏風(びょうぶ)「狩勝大観」を、養子の平沢武彦さん(51)が東京都内で見つけた。逮捕前の画家時代の作品で、元々は北海道小樽市内にあったが、約60年前から所在が分からなくなっていた。武彦さんは「平沢の代表作の一つ。本人が一度も帰れなかった故郷の小樽で展示したい」と話す。

【帝銀事件とは】昭和のニュース 帝銀事件

 平沢元死刑囚は少年時代から画才を発揮し、上京して横山大観に師事。二科展や帝展で入選するなど、中央画壇でも認められた。

 「狩勝大観」は25年、小樽市内の料亭の依頼で制作した六曲一双の金屏風。右隻と左隻が各縦174センチ、横349センチの大作で、北海道中部の狩勝峠から一望したパノラマを躍動的な構図で描いている。平沢元死刑囚が48年に逮捕されたあと、料亭が手放し、所有者は転々としたらしい。

 武彦さんは89年から各地の美術館や古美術商を訪ね、これまでに60点を入手。「狩勝大観」については、「入手した」という東京都内の画廊から知らせを受け、購入を決めた。武彦さんは「平沢の画家としての力量を正当に評価してほしい」と話している。【網谷隆司郎】

【関連ニュース】
帝銀事件:故・平沢元死刑囚の獄中画展、きょうまで--石巻 /宮城
ことば:帝銀事件
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
おかえり!カーネル 道頓堀での発見から甲子園店定住まで

飼い主の“愛”が伝わる猫砂選び(Business Media 誠)
高校無償化の国交付金、愛媛では1億円足りず(読売新聞)
建築資材会社社長を逮捕=6億円所得隠し―東京地検(時事通信)
交通事故死者4914人…10年前の45%減(読売新聞)
首相動静(6月11日)(時事通信)
AD