九州新幹線つばめの新800系車両が2日未明、鹿児島県薩摩川内市の川内港から約22キロ離れた川内車両基地へ陸送された。全線開業を来年3月に控え、陸送は今回が最後。途中、軒先すれすれを通った住宅街では、多くの市民や鉄道ファンが撮影した。3日未明も残り3両が運ばれる。

 2日搬送されたのは山口県下松市で製造、船で川内港に送られた2編成目・6両のうちの3両。長さ25メートルの車両はトレーラーに載せられ、前後に誘導車がつき物々しい雰囲気。国道の交通信号で何度も停車し、約2時間かけて慎重に車両基地へ運ばれた。狭い路地で作業を見ていた男性(65)は「住宅の壁をこするのじゃないかと、ハラハラした」と話した。【馬場茂】

【関連ニュース】
九州新幹線:新鳥栖駅をPR サガンのホーム戦などで /佐賀
筑後市:10年度予算案、新幹線整備費で13%増 /福岡
九州新幹線:開業に期待 山口・下関の観光PR、宣伝隊が訪問 /鹿児島
山口・日銀副総裁:新幹線開業、地元にプラス 経済界代表らと意見交換 /鹿児島
新幹線さが未来づくり協議会:設立総会 会長に指山氏選出 /佐賀

<エンデバー>米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
【社会部オンデマンド】外国人参政権、海外では?(産経新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
<タミフル販売>輸入代行業者ら薬事法違反容疑で再逮捕(毎日新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)
AD