宮崎県は30日未明、えびの市で口蹄(こうてい)疫の疑いが発生した農場を中心とした半径3キロ圏内の農家162戸で家畜の血液採取と目視で検査を行った結果、異常は見られなかったと発表した。農林水産省によると同圏内にある鹿児島県の14戸でも異常はなかった。今後は10キロ圏内を対象に目視検査を続けるが、順調にいけば6月4日にもえびの市圏域での家畜の移動・搬出制限が解除される見込み。
また、6月4日まで検査を続けることになっている特別移動された優良種牛5頭についても28日採取の検体では異常はなかった。

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
処分家畜の補償額決定へ=30日にも評価基準
宮崎県の対応に抗議=優良種牛5頭の殺処分も要求
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察

<YS11>最後の観閲式 今年度中に海保を引退(毎日新聞)
同人誌即売会でもiPad――スライドショーを集客に活用(Business Media 誠)
宅配便の再配達もインターネット時代へ
手足口病、近年最多ペース=重い合併症に注意―感染研(時事通信)
亀井氏は首相の続投を支持 長妻氏も「職務貫徹を」(産経新聞)
AD