連合の古賀伸明会長は21日、都内で講演し、鳩山由紀夫首相の政権運営について「何が足りなかったか、どういうところを補強すべきなのかを自己点検すべきではないか」と述べ、苦言を呈した。
 首相や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題が尾を引いていることに関して「もやもや感があることは事実だ。どこかで説明を強化していくことは非常に重要なことだ」と、さらに説明責任を果たすよう求めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕―府警(時事通信)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
AD