みなさん

テーマ:
あけましておめでとうございます。

年末よりすっかり更新をさぼっていました。

忙しさと体調不良で

あっ と言う間にお正月です。

今年はまめに更新しようと思いますので

見捨てないでください。。
AD

今朝のニュースで

テーマ:
政府・与党は2日、少子化対策の一環として、病院に分娩(ぶんべん)費用を直接支払わずに、公的負担で出産できる制度を来年度から導入する方針を固めた。

若い夫婦などが費用を心配せず、出産しやすい環境を整えるのが目的だ。

また、出産費用を病院に支払わない親が増えていることから、医療機関の未収金対策としての狙いもある。政府は来年の通常国会に関連法案を提出する方針で、来年夏以降の実施を目指す。

出産に関する現行制度は、親がいったん医療機関に費用を支払い、出産後に健康保険組合など公的医療保険から出産育児一時金(現在は35万円)が親に支給される仕組みとなっている。新制度では、健康保険組合などが出産育児一時金を直接、医療機関に支払うように改める。

さらに、出産費用が比較的高額になっている東京都などの都市部では、出産育児一時金と実際の費用との差額負担が生じているため、都道府県ごとに標準的な金額を定めて差額分を公費で上乗せ支給する。

ホテル並みの豪華な食事などを提供する病院もあるが、そうした費用は分娩費用として計算しない。政府は各都道府県の標準的な分娩費用を調査したうえで、一時金に上乗せする額を今後、詰める方針だ。上乗せ分など、来年度予算案に約500億円を計上する方向で調整している。

政府・与党がまとめた追加景気対策では、妊婦や胎児の健康状態をチェックする「妊婦健診」の無料化方針も明記された。妊婦健診は現在、5回分が無料となっているが、出産までに必要な14回分を無料化する方針。

政府・与党は、こうした施策で若い夫婦の金銭的な負担が軽減されるほか、医療機関の未収金が減るなどの効果があると見ている。

と、ありました。

でも、問題はむしろ出産したあとですよね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
AD

調査

テーマ:
みなさん。

更新さぼってすいませんでした。

結局。労働調査は5件のクライアントに入りました。

労働保険の適正調査でしたね。

こちらでは、冬季間、季節雇用の労働者は

奨励金をもらうわけですが、その適正調査が主でした。

それはそうと。

先日、麻生総理大臣の発言。

いわゆる景気対策ですが。。。。

消費税アップの明言化しちゃっていいのでしょうか?

今はそういう時期ではないような気がします。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
AD