小ネタですみません <(_ _)> 先月ソンクランに一時帰国した時に、空港に着いてすぐコンビニに行ったのですが、どこかで見掛けたことがあるパンを見つけました。デイプラスの「天然酵母パン」151円(税込)。空港だからでしょうか。結構なお値段です。

 

 

 

でもって、こちらがイオン・シラチャで売っている天然酵母パン。日本よりもバリエーションはだいぶ少ないようですが、一つ24฿(約75円)ほどと日本の約半額です。1年くらい前から発売しているかな。皆様も1度は食べたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

ふんわりとソフトな食感で60日と長持ちなのが特徴のこのパン。最初は日本製かと思っていたのですが、デイプラスがタイで設立したDAY PLUS (THAILAND) CO., LTD.がアユタヤの工場で作っているようです。

 

 

日本のパンの製造技術は世界でも屈指と言われていますが、そんな日本の技術とおいしさをこのタイに持ち込んだわけです。60日も長持ちするパンって、食品保存料が入っているのかと思ってましたが違うんですね。日本のHP見て初めて知りました!(@_@)

 

<賞味期限が長い理由>


天然酵母のはたらき
デイプラスのパンには、天然酵母(発芽玄米酵母種)を使用しております。
発芽玄米酵母種には、乳酸菌が含まれており、その乳酸菌の働きにより、カビ等の繁殖しにくい生地環境になっていると考えられています。
(乳酸菌の生成する乳酸は、食品のpHを酸性にすることにより、有害な菌の生育を阻害することが一般的に知られています。もちろん、乳酸菌はオーブンで焼いている間に死滅してしまうので、パンの中には残っておりません。)

水分活性値が低い
水分活性値(0.9以下)が低く、微生物の繁殖しにくい環境になるように、商品設計を行なっております。
(水分活性値は微生物が利用できる自由水の割合を示しており、水の水分活性は1で、1に近い程微生物が増えやすくなります。一般的に、水分活性0.9以下が微生物の繁殖しにくい、保存性の良い食品とされています。ちなみに一般的に流通している(日配)の食パンの水分活性値は、0.95くらいあります。)

アルコール製剤のはたらき
個包装に入っているアルコール製剤からアルコール蒸気が包装内に拡散し、カビを殺菌あるいは抑制するしくみになっております。
(アルコール製剤は、バージンパルプにエタノール主体の鮮度保持液を含浸。鮮度保持液は全て安全な食品添加物で調合されており、エタノールの量も微量ですので、人体に影響はございません。)

包装フィルム
通常日配製品に使用される包装フィルムより、厚みを持ったものを使用しています。
外気を通しにくくし、アルコール製剤の効果を高めています。

http://www.day-plus.co.jp/feature/ より引用

 

ただ、クリーム好きの私はつい「北海道クリーム」を買っちゃうのですが、残念ながらクリームは入ってないんですよね。十勝産生乳を使用したクリームが生地に練り込まれているだけ。ホントのクリームだったら60日も持つ訳がありません (;'∀')

 

 

皆さんの応援クリックが励みです!

宜しければ、こちらをポチッ!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

ついでに、こちらもポチッ!

↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング

 

もひとつオマケにポチッ!

↓↓↓↓↓

AD