さてさて、久しぶりのブログ更新です。ソンクランは日本に一時帰国していて昨夜帰って来ました。私と同様に一時帰国されたり、海外旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか? そんな時、いつも悩むのは日本や現地で使うSIMカードですね。

 

 

でもって今回準備したのはAISの「SIM2FLY」。お値段は399฿。8日間4GBのデータ通信が可能です。私がシラチャのロビンソンにあるAISで先週入手したのは3GBの記載。しかし、アクティベート後のSMSにはちゃんと4GBと書かれていました。

 

 

こちらのSIMカードはタイの電話番号が付いていて、チャージをすればタイ国内ではもちろん日本を含むアジア各国で発信・受信できます。ただ、普段使っていないSIMに電話が掛かってくることはないので、データ通信だけで十分ですね。

 

今どきはLINE電話やFacebookのメッセンジャーの電話機能、日本のO50の電話番号が持てるIP電話など色々ありますので、わざわざタイの電話番号をローミングして使う必要はありません。AISとしては使ってほしいんでしょうけどね (;^ω^)

 

データ通信だけならチャージや追加のオプションに加入することなく、日本を含むマレーシア・ラオス・韓国・シンガポール・香港・インド・台湾・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・オーストラリア・ネパールの14か国で使えます。

 

 

このSIMの便利なところは、miniSIM(標準SIM)・micro SIM(マイクロSIM)・nano SIM(ナノSIM)のすべてに対応しているところ。アダプターの必要はありません。また、事前にプロファイルの設定を行う必要もありません。つまりSIMを刺すだけ♪

 

強いて言うなら一つだけやることがあります。このSIMはタイのSIMをローミングするので、ローミングの設定をONにする必要があります。iPhoneの場合だと「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」ですね。

 

 

ここの設定で「データローミング」をONにします。普段使っているタイのSIMを海外で「データローミング」して使うとあっと言う間にパケ死してしまいますが、このSIMなら安心です。設定はたったこれだけ。しばらくするとSMSが大量に着信します。

 

 

 

 

私はスワナプーム空港で飛行機に乗る直前にSIMを入れ替えたのですが、タイ語から始まり10通ほどのSMSが一気に届いてビックリしました。チャージを催促するSMSが何通も来てちょっとウザいですが、まあ全無視しましょう (;'∀')

 

もちろん、日本や他のアジア諸国に着いてからSIMカードを入れてもOKです。8日間の有効期限を最大限に使いたい方はそうした方が良いですね。タイでアクティベートしてもチャージしないと使えないのであまり意味がありません。

 

 

さて、日本での使い心地はと言うと電波の掴みがやや弱いでしょうか。特に移動中は頻繁に接続が切れてしまいます。スピードもイマイチですね。ダウンロードで6.8Mくらい。アップロード1Mちょっととショボイです。PINGもメチャ遅い。。。(-_-;)

 

 

そもそも「4G」とパッケージに書かれているくせに、ソフトバンクの「3G」の電波しか掴みません。そりゃ遅いですよね。ただ、ちょっとしたネット検索やGoogleマップ、FacebookやLINEならまあ何とかなります。正直、それほど困りませんでした。

 

結論として、AISの激安SIMカード「SIM2FLY」は使える? 使えない? で言うと、「まあまあ使える」と言った評価でしょうか。しかし、設定が簡単なことやAISショップならどこでも買えること、そして何より399฿と安いことを考えると、まあOKでしょう。

 

以前ご紹介したFREETELのSIMは700฿~。SUGOI SIMは699฿~。スペックは若干違いますが、AISの300฿UPです。それほどスピードを重視しない方で、台湾とかホンコン経由などで日本に一時帰国する方などには特にお勧め出来ます。

 

また、日本への一時帰国でなくとも近隣のマレーシアやカンボジア・ミャンマー、ちょっと遠くのシンガポールや台湾などアジア各国へ、出張はもちろん旅行に行く時も気軽に使えますね。使い方次第では意外に便利なSIMかも知れません (^^♪

 

 

皆さんの応援クリックが励みです!

宜しければ、こちらをポチッ!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

ついでに、こちらもポチッ!

↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング

 

もひとつオマケにポチッ!

↓↓↓↓↓

AD