もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

生産性を上げて長時間労働を減らすには何が必要か?

http://ascii.jp/elem/000/001/410/1410591/

ASCII.jp

 

日本経済が停滞しているのは、もっぱら少子化やデフレのせいだと思われているが、じつはそれ以外の要因も大きいことを、労働経済白書は指摘しているとアスキーの記事に書かれています。

 

 日本は、少子化で就業者が減りつつある。少ない頭数で同じ仕事をこなせば生産性は上がったことになる。少ない人数で同じ仕事をこなす過酷な条件で、日本は形ばかりの生産性を維持しているわけだ。 労働経済白書は、製造業はデフレ要因、飲食サービス業は労働投入の減少によって生産性が上昇していると、きわめて皮肉な結果を淡々と記述している。

 情報通信白書を取りあげたときに、日本の労働者は、アメリカと比べて、テレワークも人工知能の導入も遅れていて、人工知能に対する期待度も低いという調査結果を紹介した。情報通信白書は、アメリカ人だけでなく、多くの国と比較した調査結果も載せている。

 経済成長しないのは、少子高齢化とかデフレだけでなくて、技術力の導入が遅れているからでもある。よく言われるように工場などの機械化は進んでいるものの、ホワイトカラーの生産性が低い。長時間労働をしているのはそのためもある。

 そうしたことは、労働経済白書のデータでも示されている。日本は、情報化資産と人的資産の上昇率が低い。

 生産性を上げるためには、仕事を離れた能力開発(OFF-JT)をする必要があることもデータから確かめられる。スウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国のOFF-JT実施率は6割から7割だが、日本は4割。英国やスペイン、イタリアよりはましだが、かなり低い。

 

これら白書をみても日本の生産性の低さ、長時間労働の原因がわかります。国は能力開発をすすめるために、雇用保険の制度でキャリアアップ助成金やキャリア形成助成金など教育訓練費用の助成制度を設けています。私もこれらの申請実務を行っておりますが、一部の教育機関が大幅に受講料をアップし、能力開発をしようとする企業ではなく、教育機関へ国の支援金が流れている現状がうかがえ残念に思います。

もちろん、適正に助成金を受給し、社員の能力開発に取り組む企業さんも多くいらっしゃいますので、引き続きサポートいたします!

もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。