もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

うつ病や自律神経失調症を理由とする精神障害の労災認定が激増している。厚生労働省によれば、2013年度の精神障害労災認定の請求件数は1409件と過去最多を記録。そのうち自殺者は177件の請求があり、63件が労災と認められている。精神障害による労災請求は、1998年頃までは2桁で推移していたものが、99年に100件を突破するとその後は右肩上がりに急増し、深刻な社会問題となっている。

(エコノミックニュース)


このような背景から今年6月に改正労働安全衛生法が可決され、ストレスチェック制度が創設されます。


労働者数が50人以上の事業者に対しては、「医師、保健師等による労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)」の実施を義務づけるということ。(50人未満の事業者は努力義務。)ストレスチェック項目などについての専門検討会を経て、平成27年12月までの施行予定とされています。


このストレスチェックですが、検査を行うのは医師が保健師で結果は直接労働者へ通知されます。本人の同意なく事業者に結果を提供することは禁止となっています。本人から申し出があった場合に面接指導を実施し、その結果に応じて就業場所変更、作業転換、労働時間短縮、深夜業務の回数減少といった就業上の措置を講じなければならないということになります。


ストレスチェックの結果を事業者に通知することが自分にとって不利益になるのではないかと感じてしまう労働者がいると思いますが、会社は通知された結果に応じた就業上の措置を講じなければなりません。高ストレス状態にもかかわらず、深夜業務を繰り返させたり、長時間労働を強いることは安全配慮義務に反するということです。


来年の年末までに施行する予定ということで、ストレスチェックが行われるのは少し先ですが、自分が高ストレスとうい結果であれば是非、事業者へ申し出て面接指導を実施してもらいましょう!

もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。