もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

安倍晋三首相は4月22日、政府の経済財政諮問会議と産業競争力会議との合同会議で「時間ではなく成果で評価される働き方にふさわしい、新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」と労働時間規制の緩和を検討するよう指示した。

 

民間議員は同日、一定の要件を満たす労働者については、残業代や深夜、休日労働への割増賃金の支払いなどの労働時間規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を提言。首相の指示はこうした制度を念頭に置いたものとみられる。合同会議は労働法制を所管する厚生労働省と今後調整を本格化し、六月に改定する成長戦略への反映を目指す。

(東京新聞)


ホワイトカラーエグゼンプションは第1次安倍政権でも提言されていましたが、今回も当然反発があり、導入は難しいでしょう。


経済財政諮問会議で挙げられたのは次の2つの方式です。


①国が年間労働時間の上限を示し、従業員の健康への配慮措置を設けた上で労使合意により対象職種を決める方式


②年収が一千万円以上で高度な職業能力を持つなど「高収入・ハイパフォーマー型」の労働者を対象とする方式


どちらも労働時間の規制をなくして、時間ではなく成果で評価するということですが、結局残業代ゼロ法案です。①に労使合意により決めるとありますが、中小企業などは使用者側のパワーが圧倒的に強いです。会社が好きなように対象労働者の範囲を決め、残業代ゼロで長時間労働させることが予想されます。ブラック企業が大変喜ぶ内容です。


私自身は時間ではななく成果で評価をすることが望ましいと思っています。しかし、ホワイトカラーエグゼンプションは長時間労働を際限なくさせることができ、メンタルヘルス不調者の増加、若者の使い潰し、労働人口の減少など日本の未来が心配な結果となることが次々想定されます。


スキルの高いAさんと低いBさんがいて、短時間で仕事を終わらせてくれるAさんより時間がかかってしまうBさんに残業代を多く払わなければならないのは賃金を払う側からすると損した気分になってしまいます。ですから会社はBさんが一定のスキルに達するまで徹底的に教育をしないとダメなんです。そして残業代も払い、スキルが一定レベルまで達したら成果も評価する賃金体系を作ればよいのです。


安倍政権の3本目の矢、成長戦略がぱっとしないため、またまたホワイトカラーエグゼンプションが登場したのでしょう。しかし、成長どころか退化する戦略。残念ですね。


もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。