もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

厚生労働省は雇用期間に限りのあるパート労働者も、正社員と同じ仕事をしている場合は、賃金などの待遇面を正社員と同等にするよう法改正する。これまでは無期雇用のパート労働者のみが正社員と同待遇だったが、対象者を広げる。企業がパート労働者へのボーナスを増やしたり、福利厚生を充実させたりするのを促すのが狙い。

(日経新聞)


現在のパートタイム労働法では「正社員に限りなく近い働き方のパートタイマーをやたらと安い賃金で使うなど正社員との待遇に格差があってはダメ!」という内容になっています。


この、「正社員に限りなく近いパート」の要件は以下の通りです。

①正社員と仕事内容や責任が同じ

②人事異動がある

③契約期間が無期


今回③の要件がなくなるということです。


労働契約法の改正により有期雇用者も通算5年を超えて更新されたら無期雇用になりますが、待遇については有期であっても正社員同様ということですね。正社員にボーナスが支給されていれば正社員に限りなく近い有期雇用のパートさんにもボーナスを支給しないと待遇を差別していると言われる可能性が出てきます。


もちろん、正社員と仕事の内容や責任が同様であり、人事異動などもあるパートさんに限られますので、今後ますます労働条件通知書などで仕事の内容や人事異動の有無についてはしっかり明示しておく必要があります。


日本も加盟する国際労働機関(ILO)は性別や雇用形態で賃金などの待遇に差をつけない「同一労働・同一賃金」を実現するため、加盟各国に法整備を求めていますので、安倍政権はパートの7割を占める女性の活用、待遇の向上に力を入れていく方針です。


正社員並みの仕事をするパートに賃金アップやボーナス支給は大変すばらしいことですが、パート女性の多くは夫の扶養の範囲で働くことにこだわっています。時給をアップしたりボーナスを支給することでパート自身が働く時間を制限する可能性もあります。年収103万円、130万円の壁が働く女性の意欲を下げるのです。男性は外で働き女性は家を守ることが望ましいとされた考えの元に作られた税金の扶養控除、健康保険の扶養、国民年金第3号被保険者の制度ですが、これらも合わせて見直さないことにはILOの求める法整備だけで終わってしまいます。働く女性の意欲が向上するように扶養の制度についても見直しをしてほしいですね。


もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。