2010-04-05

実習型雇用支援事業が開始されています

テーマ:助成金
みなさん、こんにちはニコニコ

千代田区の社労士 岩戸事務所
スマイル社労士の岩戸左紀ですface4

雨で週明けを迎えていますが、

週末は、満開の桜を見て、生産的な休息ができましたさくら

今週も頑張って行きたいと思いますビックリマーク

------------------------------------------------------

さて、今日はこの4月から厚生労働省が

「緊急人材育成・就職支援基金」によって開始した


実習型雇用支援事業についてご紹介します。

------------------------------------------------------

実習型雇用によって
人材を育成し、雇入れる会社に対して

宝石ブルー助成金が支給されます宝石ブルー


(1)実習型雇用期間(6か月)    →  1人あたり月額10万円

(2)実習型雇用終了後の正規雇入れ  →  1人あたり100万円

(3)正規雇入れ後の教育訓練     →  1人あたり上限50万円


具体的な方法は・・・

ハローワークに求人票を出すときに

実習型雇用で」と意思表示をします


現在、求人を出している会社さまで

意思表示をしてない、という場合は、

すぐにハローワークへ申し出ましょう
ビックリマーク

事後に申請しても、助成金の対象となりません


------------------------------------------------------

< 流れ >

1.ハローワークに実習型雇用の求人登録をして

 実習計画書の策定をし、(財)産業雇用アンテイセンターに

 提出をします。

2.ハローワークによる求職者とのマッチング

3.会社と求職者が有期雇用契約(原則6か月間)を結びます。

4.ハローワークと(財)産業雇用安定センターの確認を受けた

 実習計画書に基づいて、

 技能及び経験を有する指導者のもとで
 
 実習・座学を実施します。

5.実習が終わります。 → 実習型雇用助成金

6.正規に雇用します。 → 正規雇用奨励金

7.正規雇用後に教育訓練を実施する場合 → 教育訓練助成金
 (→ 別途訓練計画の策定と提出が必要です。)


------------------------------------------------------

採用活動と入社者が一人前になるまでの教育期間は

時間も、お金も、手間もかかりますよね
DASH!

「使いものにならない人を雇ってしまった」と

嘆きたくない社長さま。

あらかじめ、実習や教育の計画を立ててから

雇入れる方法はいかがですか?


こちらの助成金は、企業規模や業種などの要件はないようです!

御社の雇入れにぜひご活用くださいニコニコ

------------------------------------------------------

高層ビル「建設業にほほえみを」千代田区建設関係行政書士 岩戸事務所

face4千代田区の女性社労士 岩戸事務所 スマイル社労士 岩戸左紀
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

社労士 岩戸 左紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。