緋色の部屋  ~ A Space in Scarlet ~

趣味の模型を中心に投稿していこうと思います。
よろしくお願いします。

NEW !
テーマ:
今回は、
玄関にあった木箱を思い出します。
 
アリイ 1/32
昭和の歳時記 牛乳屋 です。
“ MEMORIAL SHOWA ”
 

 
甘いお菓子などがあまりなかった
昭和30年代、
子供たちにとって牛乳は
おやつ代わりの飲み物でもあり、
大事な栄養源でもありました。
 
荷台いっぱいの牛乳ビンを
ガチャガチャと音をたてながら
自転車でやってくる風景は、
とても懐かしいです。
 
キットは、
量販店などでも、
一時期大量に置いてありましたので、
ご記憶の方も多いと思います。
 
中味は、
メインの自転車に、
井戸、竹垣、犬小屋、電柱、
おじぞうさん、人形などをセットにした、
お手軽情景セットです。
 

 
箱を開けると、
ごちゃごちゃしてる感じですが、
シリーズの中で、
使いまわしているパーツも
多く見られます。
 
懐かしい情景を簡単に楽しめますが、
若い方には、
自転車でやってくる牛乳屋さんよりも、
ヤクルトのおばさん、
いや、お姉さんの方が身近でしょうか。
 

続く。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

フジミ 1/76

Sdkfz250/10 Alt. 3.7cmPAK36搭載型  です。

“ HANOMAG Sd.Kfz.250/10 ”

 

 

こちらも、

組み立てに入ります。

 

 

まずは、

運転席と戦闘室。

 

モノ凄い造形です。

 

ハンドルは無くて、

シフトレバーが2本付きます。

 

実車とは、

随分違うレイアウトですが、

ほとんど見えなくなります。

 

 

次は足回りです。

 

このキットの最大の間違いは、

転輪類です。

 

直径が小さく、

全体に雑な造形です。

 

サスペンションも違うのですが、

今回は、

少しだけ車高を

下げてみたいと思います。

 

 

画像はインストからですが、

ピンクで塗り潰した箇所を切断し、

車体に取り付けます。

 

車体側の凹部は、

プラ板で塞ぎます。

 

ズラして接着している方も、

いらっしゃると思いますが、

ただでさえ転輪の幅が合わないので、

今回はこの方法をとりました。

 

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、

チームです。

 

ズベズダ 1/72

イギリス 迫撃砲チームセット 1939~1945 です。

“ BRITISH 3INCH MORTAR w/CREW 1939-1945 ”

 

 

迫撃砲は、

軽便な歩兵支援用火砲として

各国の軍隊で広く使用されました。

 

迫撃砲は第1次大戦に登場、

第2次大戦では60mmクラスが軽迫撃砲、

80mmクラスが中迫撃砲、

120mmクラスが重迫撃砲、

にクラス分けされており、

各口径を活かして運用されています。

 

イギリス軍では、

この中迫撃砲のクラスとして

3インチ迫撃砲を採用、

この口径は約76mmであり、

他国と比べると少し小型となりました。

 

この3インチ迫撃砲は、

ドイツ軍の81mm迫撃砲と比べて

射程で劣っていたために、

砲撃戦では苦戦してしまいます。

 

しかし、

このクラスの迫撃砲は使い易いことから

広く運用されており、

3インチ迫撃砲は通常の使用だけではなく

ユニバーサルキャリアーなどに搭載され、

自走砲型としても使用されました。

 

 

ズベズダ社が展開する
第2次大戦のボードゲーム
「ART OF TACTIC」の駒(ユニット)
としても使用することが考慮されており、
専用の展示台などが付属しています。

 

フィギュアは4体入りで、

服装は、

野戦服を着用し短靴とレギンスを履き、

ヘルメットを被っています。
 

ミニスケールで、

イギリス軍の迫撃砲が、

インジェクションでキット化されるのは、

恐らく「初」だと思います。

 
こちらも、
情景のイメージが膨らみますね。


 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、

久しぶりの再販です。

 

フジミ 1/76

Sdkfz250/10 Alt. 3.7cmPAK36搭載型  です。

“ HANOMAG Sd.Kfz.250/10 ”

 

 

Sdkfz250軽兵員輸送車は、

小型軽量かつその高速性が高く評価され、

本来の目的である兵員輸送に加え

様々な用途に用いるため

数多くの派生型が開発され、

各戦線に投入されました。

 

その派生型の一つが、

3.7cmPak36を備えるSdkfz250/1です。

 

Sdkfz250を装備する偵察部隊

小隊長車用の火力支援型として

作られた車輌です。


当初は3.7cmPak.36を、

ほぼそのまま搭載していましたが

後に防楯を背の低い2重防楯としました。


車内には、

216発の砲弾を搭載しています。

 

 

キットは、

旧ニットーのモノです。

 

かなりハズレ的な造形ですが、

約40年前の中学生の頃、

このキットを元に、

バリエーションを作っていました。

 

当時は、

エッシーのが入手難でしたから、

致し方ありません (-_-;)

 

デカールには、

ナゾの「GREIF」がありますが、

これは同社が1/35で

Sdkfz250/3をリリースしていた為

と思われます。

 

しかし、

コレでグライフも作りましたね~

 

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、
仏像です。

カバヤ
密教曼陀羅 孔雀明王 です。
“ MIKKYO MANDARA KUJAKUMYOUOU “

 

 

カバヤの「密教曼陀羅」は、
それに先行する
「世界の神話第二集・仏教神話編」
の続編として発売されました。

シリーズに倣い、
仏教で用いられ拝まれている仏像を
フィギュア化したものです。

造形を担当したのは、
仏教神話編と同じボークス・造形村。

ラインナップは、
・大日如来
・愛染明王
・孔雀明王
・阿修羅像
・韋駄天像
の5種類+シークレットで、
それぞれに、
ノーマル版と豪華彩色版がありました。

因みに、
シークレットは千手観音です。

 

 

個人的には、

世間的な評価が気になる

仏像シリーズです。

 

この孔雀明王は、

塗装も鮮やかですが、

モールドも素晴らしいです。

 

造形的にも、

もっと評価されても良いと思うのですが…

 

でも、

自分の住んでいる地域は

田舎だからか、

目にする機会が少ないです。

 

流通にも問題があるかな?

 

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。