緋色の部屋  ~ A Space in Scarlet ~

趣味の模型を中心に投稿していこうと思います。
よろしくお願いします。

NEW !
テーマ:

今回は、

水陸両用です。

 

ドラゴン 1/72

特二式内火艇カミ 後期型フロート付 です。

“ TYPE2 Ka-Mi 

 w/Floating Pontoon Late Production ”

 

 

特二式内火艇カミは、
日本海軍(海軍陸戦隊)の
水陸両用戦車です。

九五式軽戦車をベースに、
開発されました。

潜水艦による輸送を考慮したため、
全面的に溶接構造を採用し、
ハッチ部分にはゴムシールを装備するなど、
車体の水密化を図っていました。

主砲には、
九八式三十七粍戦車砲が装備されました。

本車の最大の特徴として、
水上走行を可能とするため、
車体前後に着脱式のフロートを取り付け、
上陸後に着脱し戦闘に備えました。

水上走行時は、
車体後部に付けられた、
2基のプロペラスクリューによって、
時速9.5km/hで航行できました。

海軍で本車は、
艦船名簿にも記載されており、
“隻”で数えられていました。

内火艇は「うちびてい」と
読むのが正しいようです。

 

 

キットは、

少し前のモノですが、

同社では1/35もリリースしています。

 

それまでにリリースされていた、

特二式内火艇に、

後期型フロートを付けたものですで、

一般的に知られる、

前期型もリリースされていました。

 

特二式内火艇自体は、

モールドやパーツも繊細で、

シルエットも良いキットです。

 

 

しかし、

この「後期型フロート」ですが、

フロート前部を左右分割式としたものを、

後期型としているようです。

 

クビンカ戦車博物館に現存するものが、

このタイプになりますが、

特二式内火艇は、

僅か184輌しか生産されておらず、

これを後期型とするのはどうか、と。

 

海軍も水陸両用車輌を、

色々試作していたようですし、

他にも形式があるかもしれませんね。

 

しかし、

日本の戦車としては、

魅力的なアイテムです。

 

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

今回は、

バラ売りです。

 

バンダイ 
メカコレウルトラマンシリーズ
ウルトラ警備隊 ウルトラホーク1号α号 です。
“ ULTRA HAWK 001-1 ”

 

 

バンダイが、
ウルトラシリーズを
メカコレで新展開してきました。

手のひらサイズ&お手頃価格による
コレクション性の高さと、
優れた機体再現性を持ち合わせた
プラモデルならではのシリーズです。
 

ウルトラホーク1号は、

ウルトラ警備隊で万能の活躍をする

主力戦闘機です。


地球防衛軍のメカニックの中でも、

合体分離の構造を持ち合わせる超兵器です。

 

中央胴体部を成すα号 (UH001-1) 、

ダブルデルタ翼前部のβ号 (UH001-2) 、

同じくダブルデルタ翼前部のγ号 (UH001-3) 、

の各3機に空中で分離・合体し、

フォーメーション攻撃も可能です。

 

戦闘だけではなく、

爆撃・偵察・哨戒にも対応可能な多目的機で、

劇中でも大いに活躍したのでした。

 

 

α号は、

合体時にメインコクピットとなり、

劇中でも一番多く映っていました。

 

しかし、

単体での飛行に不安を覚えるのは、

自分だけ?

 

にしても、

既にウルトラホーク1号が出ているのに、

3つバラバラで発売するのは、

何か意図があってのことでしょうか。

 

他のメーカーを意識して?

やっぱり合体のギミックが欲しい?

 

バラバラの分、

塗り分けやデカール貼りの負担も、

少なくなっているかもしれません。

 

付属のスタンドは、

合体分離のプロップを、

巧く再現しています。

 

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、

新製品です。

 

トランペッター 1/72

フランス製M4 ルヴァロリゼ です。

“ FRENCH M4 Revalorise ”

 

 

ルヴァロリゼは、

タンクゲーム「WOT」に登場する、

架空戦車です。

 

キットは、

アメリカ軍のM4シャーマン戦車に、

イスラエルとフランスが共同開発した

105mm砲を搭載したイスラエル国防軍の戦車、

M51スーパーシャーマンの

試作一号車にあたります。

第2次世界大戦後、

1948年に建国されたイスラエルの国防軍には

戦車が無かったので、

スクラップ廃棄用として売り出されていた

M4シャーマン戦車を、

世界中から大量にかき集め、

再生し配備していました。


当初は75mm砲や105mm榴弾砲、

76mm砲を使用して、

アラブ諸国のT-34/85やSU-100に

対抗していました。


更に強化として、

フランスAMX-13軽戦車の75mm砲を搭載し

M50スーパーシャーマンとして完成、

1958年に配備されました。

 


しかし、その後アラブ諸国には

ソ連製のT-54やT-55、

IS-3が配備されつつあった為、

より強化なフランスAMX-30戦車の

105mm砲の搭載を目標としました。


そのままでは

シャーマンの砲塔内に収まらないので、

射撃の反動を抑える目的で砲弾の装薬を減らし、

砲身を切り詰め大型の砲口制退機を搭載した

M51スーパーシャーマンとして完成し。


弾速(砲口初速)は落ちたものの、

フランスの105mm砲は対戦車用として

HEAT弾を使用しており

貫通力に影響は生じませんでした。


1962年に完成し配備され、

1967年の第三次中東戦争、

1973年の第四次中東戦争において

アラブ諸国の戦車に対して戦果を挙げました。

 

 

トランペッターは、

WOTシリーズとして、

いくつか「ありそうでないモノ」を、

リリースしています。

 

シリーズには、

ゲーム中を意識したベースも付属しており、

今時凝った演出です。

 

このキットの購入目的は、

M51スーパーシャーマンを作れないか、

と思ったからでした (^^ゞ

 

既に同社では、

HVSS車体のM4も出ていますので、

可能かな、と。

 

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

再び、

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』です。
“ STAR WARS THE FORCE AWAKENS ”
 

 

そう云えば、

ブルーレイを買っていました。

 

改めて観ておきたいと思い、

引っ張り出してきました。

 

 

スター・ウォーズ関連のプラモデルも、

思ったよりも、

速いペースでリリースされており、

作るのが追いつかない程です。

 

勿論、コレを観るのは、

明日から公開の、

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

の為ですね。

 

オジさんは忘れっぽいので、

少し復習しておかないと。

 

 

しかし年末は、

仕事もプライベートも忙しいので、

いつ観に行けることやら。

 

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タミヤ 1/35
M41ウォーカー・ブルドッグ です。
“ M41 WALKER BULLDOG ”

 

 

工作も一段落し、
次は塗装です。

塗り方は、
いつもと同じです。

フラットブラックで塗り潰し、
ハルレッドを、
陰影を意識して吹き付けます。



下地塗装を終えた後は、
車体基本色(オリーブドラブ)、OVMなどですが、
細かい指示などは、
インストに従っています。

防盾周りの防水シートも、
塗ってしまえば、
感じよく仕上がったと思います。



心配していたマフラーも、
画像のようになりました。

苦労した改造ですが、
今では、
AFVクラブの自衛隊仕様があり、
改造の必要はないですね。

塗装は、
全体的にもう少し汚しても、
よかったかもしれません。



最終的に、
年賀状の画像に使いました。

毎年、
干支に因んだモデルを使おうと、
心掛けています。

このM41は、
2006年用で撮影、
載っている犬は、
チョコエッグのフレンチブルドッグです。

この後、
画像を加工したり、
文字を追加したりします。


【 M41ウォーカー・ブルドッグ 】篇 完

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。