自転車乗りは完全に親バカです。

例えば自転車を買ったら、SNSのヘッダーはマイ自転車になっちゃいます。

さらに
こんな写真や

{FC84CE6C-618C-4FF9-A79F-3F29F011B40F}

こんな写真

{C13B50F2-761D-46A1-91A4-FD01E207B923}

さらにこんな写真まで撮っちゃいます

{8E49C97A-A79A-4415-ADAD-8B2B5BD20E17}


完全に親バカです。

で、レース会場やイベントにいくと、みんながみんな

「どう!?俺のチャリかなりかっこいいでしょ!」

というドヤ顔をしてロードバイクをスタンドにかけています。


さらにそんな人たちを見て

「みんな自分の自転車が1番かっこいいと思ってるんだろうなぁー、かわいそうだなぁ、俺のが1番かっこいいのに」

と完全におかしな思考回路になってきます。


完全に僕です。

↑お前か!



さらに

{FABF62C6-975B-4BBE-BF9E-78ECA5AD6A84}

こんなのとか

{725B54A0-04BD-4007-B768-D0518D13BB86}

こんなのまで撮っちゃったりします。


完全に病気です!

ロードバイク病です。

処方箋はありません


さらに男性の場合は、彼女や奥さんに嘘を平気でつきます!

「この自転車10万円だったけど大切にするから許して!」

こんな場合はだいたい30万円くらいします。


「これどうしても俺の夢だ!30万円もしちゃったけどもうお金はかけない!」

こんな場合はだいたい100万円くらいして、さらにこれからもさらにパーツがこっそり変わっていきます。


さらにサイクルジャージ。

ロードバイクを乗ってる人は、サイクルジャージを見るともうメチャかっこいい!と思うことが多いですが、普通の人にはもっこりして全身タイツ風の単なる変態です!


ロードバイクに乗ってると専用シューズを履いてピチピチでコンビニなんかも普通に行っちゃいます。

それをどう?かっこいいだろ?

的な感じでドヤっています。

でもまったく興味のない人には、もう完全にわいせつ物陳列罪で通報レベルです。


そんなかわいいサイクリスト達が僕は大好きです。


やたらと自転車柄の小物を買ってしまったり、

ググッて調べた知識を、さも自分の知識のように自転車を語ったり。

スネ毛を剃るのに「これは空気抵抗のためだ」なんて訳のわからない理由つけをしたり。


そんな愛すべきサイクリスト達の日常がとても大好きです。

これからもずっと。


さらにオタクになるとこんな痛チャリも作っちゃいます。

{CC2FFBA7-201E-4582-BD2C-CD92CFFBB0B9}



もうすぐ桜の季節。

自転車と桜の写真がついつい増えてしまう素敵な季節の到来です♪


楽しいサイクルライフをぜひ!

AD

サイクルロードレースは春のクラシックシーズンの到来を告げる

"ラ・プリマヴェーラ"こと「ミラノ~サンレモ」が今日開催されます。

 

日本からは内間選手、中根選手が出場します。

 

なんつっても距離が長い!!

 

全長291キロ!!

今度僕が参加する糸魚川ファストランとほぼ同じ距離!

ひぃぃぃ!

 

さすがの化け物揃いのロードレース、恐ろしい距離をレーススピードで駆け抜けます。

 

レイアウトはこんな感じ

 

 

このバンピーなコースはまさに「登れるスプリンター」の出番!

 

ラスト20キロのアップダウンでピュアスプリンター達の足を削り、アタッカーはチャンスをうかがい、一瞬の抜け出しで勝負を決するか、それとも下り基調のラストに数名のスプリント争いが繰り広げられるか?

 

ビックタイトルを目指して全てのレーサーが金星を狙ってギラギラしてます。

 

 

今日の優勝候補筆頭と言えばもちろんペーター・サガン。

 

 

まさに怪童の名をほしいままにするこの男が初のミラノサンレモ制覇に向けて本気モードです。

 

歴代のクラシックハンターと肩を並べるにはまずはここは取りこぼしが許されないレース。

 

 

 

 

 

僕の優勝予想は、コロンビアの超新星フェルナンド・ガヴィリアです。

 

 

チームにキッテルというスーパースプリンターがいるので、使い分けが難しいですが、

このガヴィリアはクラシックやバンピーなスプリントでも爆発的な力を発揮できます。

 

この男がいよいよ世界のトップに躍り出る時がきました!

 

コースレイアウトが似ているティレーノ&アドリアティコの第6ステージではサガンを封じ込めました。

 

さぁ時は来た!


優勝候補にはぶん殴りのスプリンター、ブアニも怖い存在です。

 

 

元ボクサーなのでどつきまくります!←反則

 

まっすぐ走れずに斜行しまくりなのであんまり好きになれませんが強いことは間違いない。

今年は不調でしたが、全走の勝ちっぷりから間違いなくコンディションは上がってきています。

 

 

デゲンコルブも大怪我から立ち直って、こういうレイアウトではめちゃくちゃ強さを発揮してくるタイプです。

 

 

目が離せないミラノ~サンレモ。

 

距離は長いですが、ラスト20キロ、ドラマはそこに待っています。

 

 

 

AD
サントリーニ島(ティラ島)の大きな街といえばフィラとイアと紹介してきましたが、今回は島の先端の街イア、そのイアの少し手前のイアヴィレッジと呼ばれる高級リゾートホテル街にあるサントリーニ島を代表するラグジュアリーホテル「ペリヴォラス」を紹介します。

真っ白な洞窟ホテルの中にビビットな色合いのインテリアがまさにおとぎの国の雰囲気を演出します

{478F2CF5-27DD-45CC-87F0-E2D7438BB3B4}

ホテル内の通路も「洞窟ホテル」の魅力を美しく造り出しています


{D05B5AB5-1976-41D9-81A4-8EBCBEEC6F39}


洞窟を出るともちろん目の前はエーゲ海。

右手にはイアの街並みが広がります。


{7260961E-5E1F-4033-8B9D-8C6152FE9D48}


プライベートプールがある部屋もあります

{0EA02252-3C53-4EF3-B72C-18508D471E7A}


よくパンフレットや観光ガイドで見るこんな写真も実際に撮れちゃいます。

美しいエーゲ海を独り占めした気分を味わえる夢の叶う場所。
それがペリヴォラス。

{9193FF67-76DA-405E-8061-77D782F03B83}



話は変わりますが、ギリシャのホテルは子供に優しいんです。

前々回紹介したホテル「フィナリビラス」は、何も言わなかったんですが子供用のベビーマットを用意してくれてました♪

{F683BFB8-23DD-486F-A137-C896313889B1}

赤ちゃんがいても安心の心遣い。


前に書いた記事

でも触れましたがギリシャは育児という面では日本より遥かに先をいっています。

{16407AA0-BC49-4964-A975-3C3C4B9E2131}


そこにいるだけで楽しい場所、美しい景色、魅惑のエーゲ海。

そんなサントリーニ島にはまだまだ素晴らしいホテルがたくさんあります。

ぜひ旅の参考にしていただけたら嬉しいです。


{0703A6CD-5989-45A6-B45E-A15706869389}

AD