マーケットは読みづらい..あるプロトレーダーの方の話です。特に為替市場がつかみきれないといっておられました。

 

トランプリスクは確かにあります。すでに政権が機能していない状況で、政策もどうなるかわからないようで、まさに先行き不透明という言葉を絵に書いたような状況で、このことが、マーケットを読みづらくしているのでしょう。

 

FRBが利上げをしても、米長期金利は上がってきません。不思議でな状態となっています。

 

原油価格はWTIで1バレル44ドル台で、こちらも上昇の兆しは見えません。

 

米経済は調子が良いとは言われてはいますが本当ところどうでしょう。個人消費に住宅関連指標は決してよくはありません。

 

日本経済においても、デフレから脱却しているのでしょうか。日米ともに賃金の上昇は鈍化しているといわざるを得ないでしょう。

 

マーケットのコンピューター画面上の数字だけが一人歩きしているような感じです。

 

アベノミクスはその賞味期限は切れている...そういう論調も出始めてきました。

 

実体経済はよくならず、あくまでも円安なり株価が上がった、それだけのことのようです。

 

トランポノミクスにアベノミクス、どちらも裂く雪は厳しそうです...

 

 

AD