今マーケットで何が起こっているのか...!?

世の中何が起きているのかを、なるべくわかりやすく語る広場です。単なる時事解説や用語解説ではなく、知っておいた方がいいという内容を、身近な話題に置き換えて語っています。
ファンダメンタルズ分析の参考になれば幸いです...


テーマ:

20日の米株式相場は3日ぶりに上昇しました。企業決算が好感されたほか、ムニューシン財務長官の発言を受けてトランプ政権が早期に減税を実施するとの見方が強まったことによると報じられています。

 

ムニューシン長官発言は、財務省が近く大型の税制改革を提示するということでした。やはりマーケットは、トランプ大統領の掲げている減税、インフラ投資の行くへで決まるようです。

 

金融株が株式市場を押し上げたようです。

 

S&P500は前日比0.8%高の2355.84。NYダウは174.22ドル(0.9%)上げて20578.71ドル。ナスダック総合指数は0.9%高の5916.78と過去最高値となりました。

 

ムニューシン長官の発言を受け、トランプ大統領の財政政策アジェンダが頓挫しつつあるとの懸念が和らいだ、このムードがマーケットには大事のようです。マーケットには雰囲気の「気」が大事ですからね。

 

また、ダラス連銀のカプラン総裁が今年3回の利上げはなお適切との認識をあらためて示したことを受けて、市場が織り込む6月利上げの確率は60%に向けて上昇しました。

 

フランス大統領選第1回投票は、主要4候補の支持率が拮抗(きっこう)して大混戦となっているなか、EU離脱主張の極右のルペン国民戦線(FN)ルペン党首と、EU蒸着再交渉を訴える極左の左翼党メランション氏が決選投票に残ることを、マーケットは非常に懸念しています。

 

フランスがEU離脱となれば、もはやEU存続は不可能と言われています。

 

マーケットが大きく波乱に陥らないシナリオは、決戦投票にマクロン氏が残り、大統領に選ばれることです。

 

その第一回目投票で、マクロン氏が上位2位以内には入れるかどうかが注目されます。

 

今後の各候補者の支持率公表で、マーケットは振らされることになるのでしょう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

rapportさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。