1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-11-02 19:01:38

対話は次回持ち越し

テーマ:ART
$S.L.B-12_setabi

1年以上のリニューアルを終えて再開した世田谷美術館へ。所蔵する現代アートを中心に企画された「対話する時間」展で、近年は予算削減の影響か面白い企画展もなく、持ちネタで何とかしのいでいる様子であるが、対話という曖昧なテーマだからこそつじつま合わせで何でも展示できるようで、世田美が所蔵する作品が余裕の空間に展示されていて見応えのある美術展だった。これだけの作品が一同に観れるのに、来館する人もまばらで、スタッフも眠そうな感じ。見た目も内装も代わり映えのないリニューアルだが、理想の立地環境と空間なので頑張ってほしい美術館である。移り行く季節を少し冷たい北風と暖かな日差の中で感じながら、帰りは実家で対話をしようと思ったが、不在のため次回持ち越しへ。
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-11-01 21:15:29

現代アートの現在

テーマ:ART
$S.L.B-11_triennale

終了間近の横浜トリエンナーレ2011へ。メイン会場の横浜美術館には平日の午前中からチケット売り場に50人近くの列が出来ていてビックリ!!?凄い作品から意味不明な不思議な作品、個人的趣向の強い作品などなど、なんでもありの美術の祭典で、だからこそ近寄り易く、親しみ易く、子供から大人、老若男女が会場には集っていた。自由度が高いはずの現代アートなのに、至る所にいるスタッフの親切で余計な案内がわずらわしく、横浜美術館という固定建築物のため、前回と比べると圧倒的な存在感のある作品や会場や空間を含めた作品世界に浸れることもなく、ちょっとがっかりなトリエンナーレだった。現代アートというちょっと近寄りがたく小難しい印象だったが、ここ数年で誰もが楽しめる気軽なアートに様変わりしたようで、これは良い事なのだろうか…悪い事なのだろうか…?
AD
 |  リブログ(0)
2011-04-14 17:40:58

タイポグラフィ変幻自在

テーマ:ART
$S.L.B-11_04ggg

「TDC展2011」を観に行く。言語を伝える道具のひとつであるタイポが、表現方法にプラスαすることで、ビジュアルを兼ねてしまう変幻自在のカメレオン力を持つ事が感じられる展覧会だった。世界中の言語の分だけタイポがあり、さらに細かく多くのデザインが存在するため、表現の幅も広く深く、創意工夫ができるのが面白い。現実に多いのは正しく伝える使い方ではあるが、たまにはタイポを使い自由に世界を創りだす機会を楽しんでみたいものだ。
AD
 |  リブログ(0)
2010-10-21 19:39:17

心のリラックス

テーマ:ART
$S.L.B-10_sensing-nature

森美術館へ「ネイチャー・センス展」を観に行く。解説を読むとなんだか難しそうに思えたが、人工的に創られた雪や光、水面の波紋や生き物の視点などの作品を実際に目にすると、自分の中にある自然美を感じ取る部分が心地よく反応し、しばし不思議の空間で心をリラックスする事ができた。会場を出ると外には雨が降っていて、雫や雨音がさらに余韻を楽しませてくれた。この展覧会は太陽晴れの日よりも雨雨の日の方が、心地よいかもしれない。
 |  リブログ(0)
2010-10-01 12:05:47

写真というアート

テーマ:ART
$S.L.B-10_phasedance

押田カメラカメラマンさんの写真展「Phase dance」を観に行く。5年の歳月で撮り続けて来た写真には、美しいジゼルクラシックバレエの作品や、針山愛美さんというバレリーナに魅せられ、もはやバレエではない足身体の美しさへの探求と、撮影する場という環境との融合から産まれた作品など、押田カメラマンにしか表現出来ない独自の写真アートの世界が広がっていた。作品の話を聞きながら久しぶりにアートの世界に浸る事が出来、少し冷たい雨が心地よく思えたのは、心を豊かにしてくれるアートのおかげかもしれない。
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。