2017-10-07 16:14:25

10/22㈰ 13:30~ 落語の寄席(朝カル寄席)を開催します

テーマ:講座・イベントのご紹介

どうもです。

娘が美容院デビューした岩尾です。

生まれて2回目の散髪です。

ちなみに、ほとんど切るところはありません(笑)

もう一つちなみに、1回目は僕がしましたけど、2回目は頑なにカミさんに拒否られました・・・

いい出来だったんですけどね~(笑)

 

さて、落語の発表会のご案内です。

粗忽家 勘楽師匠のもとで腕を磨いている仲間たちの発表会です。

 

僕も出ますし、もちろん、粗忽家 勘楽師匠も高座に上がります!

 

10/22(日)13:30~ 開場13:00

JR博多駅前の朝日ビル8F

木戸銭:100円(当日受付で払ってください)

 

今回は6席の予定です。

 

演目予定(順番は未定です)

・粗忽家 こみつ 「お見立て」

・粗忽家 俊かん 「金明竹」

・粗忽家 王かん 「真田小僧」

・粗忽家 じゅり奴 「みょうが宿」

・笑風亭 喜らく 「粗忽長屋」

・粗忽家 勘楽 お楽しみ!

 

事前のお申し込みの必要はありませんので、当日ご予定空いてましたら、ぜひぜひお気軽にお越しください!

お待ちしてます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-30 12:16:17

定時で帰らなきゃいけないの?

テーマ:働きがいと働きやすさ

どうもです。

娘が無事3歳を迎えてくれて良かったなあとしみじみ思っている岩尾です。

 

さて、最近、働き方改革という言葉をよく聞くと思います。

内容としては、長時間労働をなくそう、休日をしっかり取ろうといったものが主なものです。

 

つまりこれは、「働きやすさ」の部分ですね。

 

これに関連して、ふと、以前関わった企業さんの社員の方に言われたことを思い出しました。

「会社は、定時で帰れと言うけど、それでは仕事が終わらないこともあるし、
何より、私はもっと仕事がしたいんです。それでも帰らないといけないんですか?」

 

仕事がしたいならやっていいんです。

ただし、会社が残業代を押さえたいと思っているなら、そこは会社側と話して、双方納得のいくやり方を模索しなければいけません。

 

そして、残業しなければ仕事が終わらない状況は、良い状況とは言えません。

もっとも、立ち上げ時や、繁忙期などは致し方ない場合もありますが、ここは会社側とも話しながら改善するべきです。

 

独身で、仕事が好きなら、どれだけでも仕事にのめり込みたいと思うこともあるでしょう。

そして、そんな人でも、結婚して子どもができたら、いかに定時で仕事を切り上げて帰るかが最重要課題になってくることもあります。

 

これは別に、仕事なんかどうでもいいから早く帰りたくなるというわけではなく、子どもを保育園に預けるなら、18時がリミットなので(延長もありますが)、定時で上がらざるを得ない。

その中でいかに仕事の質を追求するかということが課題となるわけです。

 

つまり、人それぞれ、ライフステージによっても、どのように仕事に取り組みたいかは違いますし、個人で考えるべきことは、

「どのように仕事に取り組めば、よりよく過ごせるか?」

ということです。

 

そして、会社の方針もあるので、そこと交わる点を見つけることです。

 

会社が早く帰れと言うから帰るではなく、

早く帰れと言うけど、嫌だから帰らないでもなく、

なぜ早く帰らなければいけないのか?

会社は何のためにそう言っているのか?

ここをしっかり聞いてみると、お互い納得のいくやり方が見つかるかもしれません。

 

いや、本当は必ず見つかるはずなんですが、会社側が、

「いや、働き方改革でやらなきゃいけないんだよ」

という答えしかなかったら、お互い納得のいくやり方は見出せませんね。

 

あなたにパワーがあれば、会社にちゃんと目的を考えてもらうよう働きかけていくこともできますし、そんな会社は見切りをつけて次を探すこともできますし、泣き寝入りすることもできます。

 

ちなみに、泣き寝入りだって、立派な選択です。

何も考えず、言われたことをやっているより、よっぽど意味があります。

 

本当はこうしたいけど、現実的にできる状況じゃないから泣き寝入りするしかない。

こういう時だってあります。

 

だけど、時期が来たら動くことはできるし、そういう意識をもっているからこそ、動けるタイミングが見えてくるわけです。

 

言われたことを鵜呑みにせず、

自分で考えて、選択肢を挙げて、選んでみましょう。

Lightly♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-09-22 14:26:55

面白いと思える”要素”を見る

テーマ:働いている人へのヒント

どうもです。

窓際の観葉植物をひっくり返してしまった岩尾です。

今回2回目・・・

学習能力がない・・・

 

さて、選んだ仕事をハマらせる要素をもう一つ。

 

それは、「満足感」です。

 

満足感とは、面白いなと思えることですが、「コト」ではなく、「要素」が重要です。

 

例えば、「パンを綺麗に作る」ということを面白いと感じているとき、それは「コト」です。

パンを作れなくなったら満足感は得られません。

 

パンを綺麗に作ることの何が面白いのか?

その要素を掘り下げていきます。

 

すると、

・正確に事を進める

・綺麗さを追求する

といった要素が出てくるかもしれません。

 

この要素が重要です。

 

正確に事を進めることが面白いなら、パン作りではなくても活かせます。

もちろん、パン作りが一番面白いとしても、他のものでも楽しめるはずです。

 

仕事は、先輩や上司に教わったものをそのままやっていることが多いものです。

それが自分にとって面白いことでなくても。

 

でも、ちょっと考えれば、仕事はいくらでも面白くすることはできます。

 

あまりにも自分の希望と違うジャンルの仕事ではなかなかできないかもしれませんが、ある程度方向性が合っている仕事なら、自分が大切にしたい満足感を満たせる要素を仕事の中で使えるはずです。

 

ちょっと考えてみてもいいかもしれませんよ。

Lightly♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ランキング集計結果

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。