2012-10-01 19:09:35

プロフィール⑤ 【検査員時代】

テーマ:プロフィール

【検査員時代】


実家に戻って仕事を探します。

整備士も受けましたが、落ちました。


一体、何の仕事をすればいいのか?

とにかく、面白いと思えるものをとしか判断基準がなく、就職情報誌、特に当時のB-ingってのを穴があくほど読み漁ってました。


その中で、「非破壊検査」という仕事が少し気にかかりました。


で、受けました。

同時に、HONDAの研究所にも応募していました。


その非破壊検査会社から、返事が来るのが遅かったので連絡をしてみると、何だか電話の向こうでゴチャゴチャやってて、それから合格みたいな流れになりました。

忘れとったんかいなとは思ったけど、まあよしとします。


その後、HONDAの研究所から一次通過の連絡が届いたけど、辞退しました。

今考えると、挑戦してみたかったなあとちょっと残念に思ってます。


検査の仕事も初めてなので、一生懸命に頑張りました。

それなりに実力もついてきて、仕事もこなせるようにはなってきました。


ちょうど3年ほど経った時、実は社長とケンカをしてしまいました。

20人ぐらいの小さな会社です。

社長とケンカしたらもうアウトですよね(笑)


しょうもないことだったんですけど、僕もついキレてしまいまして・・・


もう辞めてやると思ったけど、ある人に落ち着かせてもらい、どう考えても自分は悪くないと思いましたが、社長に謝りました。


それからしばらくして、その落ち着かせてくれた人が会社を新しく立ち上げるから、お前一緒にどうや?と誘ってくれて、その人と一緒にやることにしました。


当時、メンバーは他にもいて、5人でやることになりました。

この社長はぶっとんだ人で、人間もできてないところは多分にあるんだけど(笑)、本当に器の大きい人で、何より、僕のことをずっと信じてくれた人でした。


この検査の仕事でフィリピンにも行きました


若手が元気に働くための想像力の使い方

この会社、僕以外の4人は検査のベテランで、自分で仕事を取ってこれるんです。

でも僕は仕事が取れない。

お荷物だと自分自身思ってました。


そんな中、新たに樹脂補修業も広げたいということになりました。

新機事業を拡げられたら、僕は初めて会社に貢献できると思い、補修業の責任者になりました。


ところが僕はこの頃すでに自分のお荷物を解消することのみしか見えてなく、メンバーとの関係もうまくいってませんでした。


分かってはいたけど、まずは自分が仕事を取れる人間にならないと始まらないと思い、そっちに打ち込みました。


ところが、ある日、「俺はこの樹脂補修業をこのまま一生続けていくのか?」と思うと、とても耐えられないという気持ちになるようになりました。

かといって、検査の仕事もやる気になれない。


検査の仕事自体、あまり楽しいとも思わなかったし、今さら仕事の取れない検査に戻るなんて考えられなかったし。


そうこうしてると、ちょっと仕事で協力者の方を怒らせてしまいました。

誤解ではあるんですけど、僕の打ち込めない気持ちが起こしたことだと思います。


その人は、僕が担当ならもう取引をしないと言ってきました。


ここで不謹慎にもホッとした自分がいました。

そしてこの仕事も辞めることにします。


社長は最後まで引きとめてくれました。

また、メンバーとは最後まですれ違いでしたけど、1人とは、正直な気持ちを話せて、わだかまりは取れました。


また、新しい仕事を探すことになります。


【誕生~高校時代】

【大学時代】

【メーカー時代】

【整備士時代】

【理系職から文系職へ】

【人財開発営業時代】

【独立~3年】


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仕事を面白くしていく滑走路づくり:岩尾至和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ランキング集計結果

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。