2012-10-01 18:32:10

プロフィール④ 【整備士時代】

テーマ:プロフィール

【整備士時代】


最初の会社を辞め、地元に戻り、まず職業訓練校に通いました。

そこで自動車整備士3級を取るために1年間勉強しました。

まあ、3級だけでは就職には弱いと言われてましたけど、0からのスタートですから、まずは一歩ずつです。


結構幅広い年齢層が集まって、僕は3番目に年長ぐらいでしたね。

高卒の子とかが多く、また面白かったですね。


職業訓練校では、車好きが集まってて、自分の車に手を加えて、レースコースに行って車を走らせたりしてました。


若手が元気に働くための想像力の使い方

当時の僕の愛車。

今のところ生涯でも最高のパートナーマシンだったCR-X(EF-8)。


そして、塗装の仕事をしてた子もいて、その子に全塗してもらいました!

それがこれ・・・↓


若手が元気に働くための想像力の使い方

カッコイイ!(笑)

A谷、当時はありがとう!


そんなこんなで楽しみながら、自動車雑誌で、フォーミュラニッポンの整備士の求人を見つけました。


当時大分にいたんだけど、場所は大阪。

受けてみると、これがアッサリ通って、フォーミュラニッポンの整備士の道を行くことになりました。


フォーミュラニッポンってのは、F1の日本版。

フォーミュラーカーの整備をするわけですね。


正直僕はフォーミュラニッポンには全く興味がなかったんだけど、車の整備がしたい、できればチューニングとかと思ってて、あまり求人がなかったし、最高峰のレース車の整備なら、それもいいじゃないかと決心したんですね。


ところが、ここが仕事歴の2大ドン底期で、人生で初めて大きな精神的打撃を受けることになります。


僕は、このとき、日本最高峰のレース車の整備ってことで、ちょっとビビったのもあると思います。

ものすごく謙虚に振舞いました。

その方がいいと思ったんです。

「何にも知らないので教えてください」的に振舞いました。

ところが、これが災いしました。


実際知らないことも多いので、いろいろ質問はしてました。

でも、あるとき、この世界では常識のことを聞いてしまい、呆れられます。

結局答えも教えてもらえず、いつしか、「あいつは使えない」というレッテルを貼られました。


それでも謙虚に振舞ってたのがさらに悪かった。


周りからのダメ出しは加速し、それが重なると、「自分はだめだなあ」と、自分でも思うようになっちゃったんです。

で、会社の車を二度こすってしまいました。


車に関わる人間が、車をこするなんて、当時の自分ではどうしょうもなくみっともなく、さらに自己嫌悪が増しました。

会社からは岩尾には運転させるなともなり・・・


でも、この仕事、日本各地のレース場をl車で遠征するんです。

当然下っ端が運転するんですけど、一番下っ端の僕が運転を禁止されている。

当然、上の人たちはイライラする。

するとまた僕が責められる。


このとき、僕は声が出なくなりました。


後で分かったんですけど、他の症状とも併せると多分、鬱でした。


で、ある日、チーフエンジニアがスタッフを叱りつけたことがあって、そのときに、「岩尾、お前はもう辞めろ」って言われたんですね。


もうこのとき、僕はものすごくホッとして、「良かった辞めれる」と思いました。

自分で辞めようと思えないほど弱ってたんですね。


社長には有無を言わさず辞めることを無視されたんですけど、本当、死ぬ思いで工場に行ったら、その日休みで、もうこれは辞めるしかないんよと思い、総務の人に再度辞めると告げて辞めました。


このぐらいのとき、たまたま大学時代の友達が近くに来てて、なぜ連絡が取れたのか覚えてないけど、その友達と飲んで、やっと元気が回復してきたことを覚えています。


友達には感謝です。


しばらく大阪で転職活動をしますけど、ことごとく落ちます。

ついに、家賃が払えないところまで来て、再び実家に帰ることを余儀なくされます。


この会社には3月末から5月半ばぐらいまで。

僕の中で最も少ない就職期間です。


【誕生~高校時代】

【大学時代】

【メーカー時代】

【検査員時代】

【理系職から文系職へ】

【人財開発営業時代】

【独立~3年】


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仕事を面白くしていく滑走路づくり:岩尾至和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ランキング集計結果

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。